新赤色砂岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新赤色砂岩(しんせきしょくさがん、新赤砂岩[1]: New Red Sandstone)は、グレートブリテン島イングランド中央部に分布する、ペルム紀から三畳紀初期の地層である。旧赤色砂岩と区別される。上部は泥岩で、その他大部分は砂岩岩塩石膏といった蒸発岩を挟む。砂岩はよく円磨されたサイズ最大2mmの石英粒から成り、粒間を赤鉄鉱が埋めるため赤く見える。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地学団体研究会地学事典編集委員会 『地学事典』 平凡社1981年、増補改訂版。ISBN 4-582-11501-2

関連項目[編集]