ウギア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウギア
أوقية
Ouguiya
ISO 4217コード MRO
使用国・地域 モーリタニアの旗 モーリタニア
インフレ率 6%
情報源 The World Factbook(2010年推計)
補助単位
1/5 コウム
通貨記号 UM
硬貨
広く流通 UM5, UM10, UM20[1]
流通は稀 UM1/5, UM1
紙幣 UM100, UM200, UM500, UM1000, UM2000[2]
中央銀行 モーリタニア中央銀行
ウェブサイト www.bcm.mr
紙幣製造 ギーゼッケ アンド デブリエント
ウェブサイト www.gi-de.com

ウギアアラビア語: أوقية‎、ラテン文字転写:Ouguiya)は、モーリタニア通貨単位。ISOコードはMRO。補助通貨はコウム(خمس)で、1ウギア=5コウムである。

歴史[編集]

モーリタニアは1960年フランスから独立したが、西アフリカ地域では関税同盟と共通通貨CFAフランを軸とする経済協力関係が敷かれることになった。モーリタニアも独立当初は他の旧フランス領西アフリカの国々と共にCFAフランを使用していた。

しかしこうした従来の関係が、欧州経済共同体(EEC)をモデルとした新たなものに改革されたことに反発し、1973年4月にCFAフラン圏から離脱。新たに独自通貨ウギアを導入した[3]

硬貨[編集]

1973年のウギア導入と同時に、1/5、1、5、10、20の各ウギア硬貨が発行された。このうち1/5ウギア硬貨をコウムと呼ぶが、同硬貨は1974年以降、発行されていない。

紙幣[編集]

1973年に100、200、1000ウギア紙幣が発行されたが、翌1974年に紙幣のデザインが一新された。1979年には新たに500ウギア紙幣が導入されている。

2004年に再び紙幣デザインの変更が行われ、通貨偽造防止対策が強化された。また同時に、2000ウギア紙幣の発行も始まっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Piéces, Banque Centrale de Mauritanie
  2. ^ Billets, Banque Centrale de Mauritanie
  3. ^ 西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)における経済通貨統合 岡田昭男、外務省調査月報、2001/No.3。