ロシア連邦憲法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Российская Федерация
ロシア連邦

Coat of Arms of the Russian Federation.svg

ロシアの政治

[編集]

ロシア連邦憲法(ロシアれんぽうけんぽう、ロシア語: Конституция Российской Федерации; ラテン文字転写の例: Konstitusiya Rossiyskoy Federatsii)は、ロシア連邦憲法である。

概要[編集]

ロシア立憲主義の出発点は1905年のロシア第一革命である。1917年の2月革命10月革命を経て、1918年にロシア共和国憲法制定、1922年にソビエト連邦が成立し、以後1925年、1937年、1978年、ロシア共和国憲法は変容した。現行の憲法は、1978年制定の憲法に次いで、1993年、体制転換に伴い制定された新憲法である。

1990年6月、第1回ロシア人民代議員大会は、憲法委員会を設置し、草案の作成作業が始まる。同月、国家主義宣言。同月、共産党の「指導的役割」条項の削除。12月、私的所有が容認される。

1991年5月、大統領制が採用される。7月、憲法裁判所を設置。8月、ソビエト連邦指導部保守派によるクーデター(ソ連8月クーデター)が失敗、新憲法の脱ソビエト化と脱社会主義化が加速。11月、人権宣言を採択。

1992年3月、ロシア連邦条約締結。同月、各級地方行政府および行政長制度を採用。4月、ロシア連邦条約と人権宣言を憲法に編入。人権と基本的自由については原則国際人権規約に忠実に自由権社会権が保障され、その第17条は国際法の規範に従い、世界的に承認された人権と自由の保障を明記し、第55条は連邦憲法の人権に関する規定が、世界的に承認された人権と自由を拒否或いは逸脱することを禁じている。同月、権力分立制を採用。

1993年5月、大統領令により憲法協議会が設置される。

1993年7月、憲法協議会は憲法草案を公表。

1993年9月21日の大統領令を発端とした10月4日の議会鎮圧(モスクワ騒乱事件)により、新憲法制定作業の主導権が、議会から大統領に移る。

1993年11月10日、憲法協議会は最終草案を公表。

1993年12月12日、国民投票実施(投票率54.8%、賛成58.4%、反対41.6%)、ロシア連邦憲法が制定された。

1993年の制定以後、連邦構成主体、大統領任期等の憲法改正がなされた[1][2]

構成[編集]

前文[編集]

われら、ロシア連邦の多民族の人民は、運命を共にわれらが大地で、人間の権利と自由を確立し、市民の平和と調和を確立し、歴史上確立された国家の結束を維持、人民の平等と自決の普遍的原理より進み、祖国への敬愛をわれらに伝え、善と正義の信念をわれらに伝えた祖先の思いを尊敬し、ロシアの国家の地位を復興し、確固としたその民主主義の原則を主張し、ロシアの安寧と繁栄を確実にもたらす努力、現在と未来の世代より前のわれらの祖国への責務より進み、世界共同体に存在するをわれら自ら認識し、ロシア連邦憲法を制定する。

第1編[編集]

2008-05-07
  • 第1章. 立憲制の原則 (第1条-第16条)
  • 第2章. 人と市民の権利と自由 (第17条-第64条)
  • 第3章. 連邦体制 (第65条-第79条)
  • 第4章. ロシア連邦大統領 (第80条-第93条)
  • 第5章. 連邦議会 (第94条-第109条)
  • 第6章. 連邦政府 (第110条-第117条)
  • 第7章. 司法権 (第118条-第129)
  • 第8章. 地方自治 (第130条-第133条)
  • 第9章. 憲法の修正と改正 (第134条-第137条)

第2編[編集]

  • 雑則と経過規定 (全9項)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]