ソビエト社会主義共和国連邦憲法 (1936年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソビエト社会主義共和国連邦憲法 (1936年)は、1936年に制定された、2番目のソビエト連邦憲法スターリン憲法1936年憲法などとも呼ばれている。

概要[編集]

1936年憲法は1936年12月5日にソビエト連邦政府によって制定された。1936年憲法は、従来の1924年憲法で保証されていた権利に追加して、制限選挙の撤廃、普通直接選挙の採用、労働権などを追加した。

直接選挙は全ての政府機関に適用された。また労働権の他には、休息、余暇、医療保障、高齢者と病人の看護、居住、教育、文化的援助などを含む、集団的な社会的および経済的な権利が明記された。

この憲法はヨシフ・スターリンを議長とする31名の特別委員によって執筆された。参加者にはアンドレイ・ヴィシンスキーアンドレイ・ジダーノフマクシム・リトヴィノフクリメント・ヴォロシーロフヴャチェスラフ・モロトフラーザリ・カガノーヴィチニコライ・ブハーリンカール・ラデックなどがいた[1]

ソビエト連邦の4憲法のうち、1936年憲法が最も長く続き、1944年に改定され、1977年憲法で置き換えられた。

体制変更[編集]

1936年憲法は、従来のソビエト連邦ソビエト協議会(ロシア語: Съезд Советов СССР)を、ソビエト連邦最高会議最高幹部会議で置き換えた。最高会議は連邦会議(連邦院)と民族会議(民族院)の二院制であった。

共産党の指導的役割[編集]

当憲法で、共産党の役割が初めて明確に定義された。第126条でソビエト連邦共産党は以下のように規定された。

社会主義体制を強化し発展させる闘争における労働者の前衛党であり、労働者の全ての組織や、社会と国家の両方の、指導的中核である。

ソビエト社会主義共和国連邦憲法 (1936年) 第126条

この条項は、ソビエト連邦の組織における全ての他政党禁止(一党制)の正当化に使用された。

信教の自由[編集]

憲法第124条は信教の自由を保証したが、その内容は共産党の大多数にとっては反対であった。この条項により、ロシア正教会の教徒は閉鎖された教会の再会の嘆願を行い、閉ざされていた宗教家としての職に近づき、1937年の選挙では宗教系の候補者を出す試みが行われた[2]

軍と各共和国の再編成[編集]

1936年憲法の1944年改定で、連邦内の各社会主義共和国に赤軍の支部がそれぞれ設立された。それらは外交や国防のための共和国レベルの兵站部でもあり、国際法上はデ・ジュリ(法令上)の独立国家として認識される余地を残した。この影響でウクライナ・ソビエト社会主義共和国白ロシア・ソビエト社会主義共和国は、1945年に国際連合総会に創立メンバーとして参加し、ソビエト連邦とは別の1票を得た[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ "State and Society Under Stalin: Constitutions and Elections in the 1930s," article by J. Arch Getty in Slavic Review, Vol. 50, No. 1 (Spring, 1991). p. 19, 22.
  2. ^ Fitzpatrick, Sheila. 1999. Everyday Stalinism: Ordinary Life in Extraordinary Times: Soviet Russia in the 1930s. New York: Oxford University Press, 179.
  3. ^ "Walter Duranty Explains Changes In Soviet Constitution," Miami News, Feb. 6 1944
  4. ^ League of Nations Timeline - Chronology 1944
  5. ^ United Nations - Founding Members

関連項目[編集]

外部リンク[編集]