中ソ友好同盟条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中ソ友好同盟条約(ちゅうソゆうこうどうめいじょうやく、ロシア語: Договор о дружбе и союзе между Китайской Республикой и Союзом Советских Социалистических Республик中国語: 中華民國蘇維埃社會主義共和國聯邦友好同盟條約)は中華民国ソビエト連邦の間に締結された条約。1945年民国34年)8月14日締結、8月24日発効。

概要[編集]

条約締結時の交換公文により、ソ連は中華民国の中央政府たる国民政府に対してのみ軍需物資等の援助を行なし、満州が軍事行動地帯でなくなれば直ちに中華民国国民政府により行政権が完全に回復されるものと規定された。この条約によりソ連は中国共産党軍に全面的な支援を与えることが制限され、中国共産党は正当な組織と見做さない根拠とされた。

この条約により中国共産党軍は満州地区での中国共産党軍もしくは八路軍の呼称が使用できず、林彪総司令率いる中国共産党軍は東北人民自治軍東満人民自衛軍の名称を使用し、後に東北民主連軍と称して反中華民国政府活動を行った。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]