ロシア解放軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア解放軍

ロシア解放軍(ロシアかいほうぐん、英語:Russian Liberation Army、ロシア語:Русская освободительная армия、略称РОА)は、独ソ戦の最中に結成されたソ連人捕虜による反共産党の対独協力者の軍事組織。総司令官はアンドレイ・ウラソフ

概要[編集]

背景[編集]

独ソ戦では、スターリン打倒を目指す「東方部隊英語版」(ドイツ側についたソ連人の捕虜の部隊)なる集団は存在していたが、これらはドイツ軍の指揮下にあり、その上「祖国の解放」をめざす東部戦線ではなく、ドイツ占領下の西ヨーロッパ諸国で対レジスタンス闘争に従事させられていた。ウラソフは、ともすれば士気が低下しがちである西ヨーロッパ各地に散在する「東方部隊」の兵士に、自分たちはロシア人総司令官の指揮下でスターリン体制打倒という共通の大義をもって闘っているのだという感情を与える、宣伝上のシンボルにすぎなかった。

1944年[編集]

ヨーゼフ・ゲッベルス(右端)と会談するウラソフ(左端)

しかし、1944年に入ると公式の「東方政策」を放棄せざるをえないほど戦局は悪化していたため、親衛隊長官ヒムラーが支援を申し出て9月にヒムラーとウラソフとの間で会談が持たれ、ロシア解放のための政治組織と独自の軍隊の創設が合意された。

政治組織としては、「ロシア諸民族解放委員会」が創設された。ヒムラーは、ドイツ軍が大半のソ連領を回復した場合には、この委員会がロシア臨時政府となることを約束していた。

さらに1945年1月に「東方部隊」の指揮権を正式にドイツ国防軍から譲りうけて、二つの師団をふくむ50,000名ほどの兵力を保持するようになった。

しかし、戦局は絶望的であり有効的な戦闘ができないままだったが、ここで劇的なエピソードが発生した。第一師団約20,000名は、1945年3月に東部戦線に出動するようにとの命を受けたが、すでにドイツ軍ではなくウラソフ総司令官の指揮下にある点を盾にとって命令遂行を渋り、4月にはチェコスロバキアに入っていた。このころ、連合軍とソ連軍が首都プラハに向けて進撃しており、チェコ・レジスタンスは6年間にわたるドイツ占領者に対する蜂起を準備していた。連合軍・ソ連軍がすぐ近くにまで接近していることを知らなかったレジスタンスの指導者は、プラハから30マイルほど離れた地点に駐屯していた師団に支援を要請したのである。

ここで師団は、レジスタンス側に加勢することを決し、ドイツ親衛隊と闘った。5月7日、連合国の到着前に師団の手でプラハは解放された。

ナチス・ドイツは5月9日に降服。それとともに、ロシア解放軍も連合軍に投降。彼らは西側への政治的亡命を望んでいたが、大半はソ連軍に逮捕されるか、あるいは同盟国の意向を慮った連合軍からソ連軍に引きわたされ、その結果多くが処刑された。

関連作品[編集]

  • ユルゲン・トールヴァルト(著)、松谷健二(訳)、『幻影(イルジオン);ヒトラーの側で戦った赤軍兵たちの物語』、フジ出版社、1979年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]