レニングラード事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レニングラード事件Ленинградское дело, The Leningrad Affair)は、1940年代末から50年代初め、レニングラード党支部の外に反ソビエト組織を創る「意図」を持ち、「反逆」を行ったとして、ソ連共産党の有名なメンバーの多くを告発するために偽造された、連続「犯罪」事件である。

その結果、1950年、国家計画委員会議長ニコライ・ヴォズネセンスキーロシア共和国閣僚会議議長ミハイル・ロディオノフ党書記アレクセイ・クズネツォフピョートル・ポプコフ市長、Ya.F.カプーシチン、P.G.ラズーチンが死刑判決を受けた。「共犯者」の残りは、それぞれ異なる刑期を言い渡された。

同時に、ソ連当局はレニングラードの党及び政府の指導部を刷新した。約2千人が指導部を追われ、2百人以上がその親類縁者共に弾圧された。

告発された全員が、後に(多くはその死後に)名誉を回復された。