ナジェージダ・アリルーエワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナジェージダ・アリルーエワ
ナジェージダ・アリルーエワ
生誕 1901年9月22日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国バクー
死没 1932年11月9日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
配偶者 ヨシフ・スターリン
テンプレートを表示

ナジェージダ・セルゲーヴナ・アリルーエワロシア語:Надежда Сергеевна Аллилуева英語:Nadezhda Sergeyevna Alliluyeva1901年9月22日 - 1932年11月9日)は、ソビエト連邦の政治家ヨシフ・スターリンの2番目の妻であり、ワシーリー・スターリンスヴェトラーナ・アリルーエワの母親である。

生涯[編集]

夫・スターリンとともに
Novodevichy Cemeteryにあるナジェージダ・アリルーエワの墓。保護されるように覆われている

革命家セルゲイ・アリルーエフと、ドイツ人とグルジア人の血を引くオルガとのあいだに生まれる。ナジェージダが子供の頃の1911年シベリアに追放されるも逃亡し、父のセルゲイが匿ったヨシフ・スターリンと出会う[1]

ナジェージダは親の影響を受けたことで、熱心な共産主義者となる。ロシア革命のあと、ナジェージダはウラジーミル・レーニンのもとで事務員として働く。彼女は化粧、凝った服装、ボリシェビキにふさわしくないと感じた装飾品を避けた。1919年、19歳のナジェージダは父の友人であったスターリンと結婚する。ナジェージダと結婚した時のスターリンは、最初の妻・エカテリーナ・スワニーゼチフスで早くに亡くし、ヤーコフ・ジュガシヴィリという長男がいる男やもめであった。2人は1921年に次男のワシーリー・スターリン1926年に娘のスヴェトラーナ・アリルーエワを儲けた。ナジェージダは、モスクワに移住して特権階級の生活を送りながら子供を出産したが、夫との仲は険悪になっていった。スターリンが絶対的な権力者になっていた1929年には工業大学で学んでいたが、このころになって粛清と大飢饉の実態を知り、夫に激しく抗議するようになる。しかし、何ひとつ効果はなかった。

1932年11月9日、ナジェージダは友人の祝宴の場で夫と口論になったあと、自分の寝室にて遺体で発見された。遺体のそばにはリボルバーが残されていた[2]

それにもかかわらず、ナジェージダは公式の発表では虫垂炎で死んだことになっている。彼女の死の原因が間違った結論になっている証明書へのサインを拒否した2人の医師は、のちにTrial of the Twenty-Oneによって有罪宣告を受けて処刑された。「彼女が遺体で発見されたとき、銃は彼女の手のそばにあったが使った形跡は無い」「自殺は明らかに捏造」という主張・指摘があり、ロシアでは多くの人々が、スターリンが彼女を殺したと断言している[3] [4]

同時代の人々の記述とスターリンの手紙から、彼自身が大きく不安であったことを示している[5] [6]

一方、冷戦終結後に初めて公開されたフルシチョフの回想録では、全く異なる話が書かれている[7]。フルシチョフは、アリルーエワが自殺する前日の宴会に一緒に出ており、そこでアリルーエワに会っている。スターリンとアリルーエワが喧嘩したという事実をフルシチョフは目撃しておらず、宴会が終わった後に、スターリンは、美人で有名だった「グーセフの妻」という人物[8]と一緒にダーチャに向う姿を目撃されている。アリルーエワは、スターリンを方々に探し回ってあげく、ダーチャに電話して当直士官からスターリンが若い女性と一緒にいる事実を知らされた。明け方にスターリンが家に戻ったときにはアリルーエワは帰らぬ人になっていたという。

現在、Novodevichy Cemeteryにある彼女の墓は花で覆われ、ときおり破壊されることがある。それにもかかわらず、彼女は一部のロシア人からとても愛されている。彼女の娘であるスヴェトラーナは、のちにソ連を脱出してアメリカへ移住し、自分の両親との関係・思い出を含めた内容の自叙伝を出版した。

脚注[編集]

  1. ^ He married seventeen-year-old Nadezhda Allilueva in 1919,... She was the daughter of a veteran Marxist railroad worker, Sergei Alliluev, who, though Russian, found work and a second home in the Caucasus. Her mother was Olga Sergei. Later, during Stalin's years of exile, the Alliluev family was a source of constant support and refuge. Nadezhda's mother, who was part Georgian and spoke Russian with a strong accent, ran a Caucasian household. In 1917, Stalin lived from time to time in their apartment and appeared to regain some of the high spirits of his youth.1 For him, they had already become a family before he married young Nadezhda.
    1. S. Ia. Alliluev, "Moi vospominaniia," Krasnaia letopis' 5 (1923); Alliluev, "Vstrechi s tovarishchem Stalinom," Proletarskaia revoliutsiia 8 (1937); Alliluev, Proidennyi put' (Moscow, 1946); the memoirs of Sergei Alliluev's daughter and Nadezhda's sister, Anna Sergeevna Allilueva, were published in two editions, both in the same year, 1946, as Iz vospominanii, published by Pravda and Vospominaniia, published by Sovietskii pisatel'. Stalin was angered by revelations of his personal life and ordered both editions withdrawn from circulation shortly after they appeared. Svetlana Allilueva, Dvadtsat' pisem k drugu (New York, 1967), 56–57.
    2. Figure 2: From the Alliluev family album. Stalin's mother-in-law, Ol'ga Evgen'eva Allilueva (1905), and his father-in-law, Sergei Iakovlevich Alliluev (1914), who first met Stalin in Tbilisi in 1904. RGASPI, f.558, op.11, d.1651, nos. 16 and 15.
    3. Figure 3: From the family album of the Alliluevs. Stalin in 1915 during his Siberian exile and his future wife, Nadezhda Allilueva, taken in 1912, about a year after he met her. RGASPI, f.558, op.11, d.1651, nos. 18 and 22.
    RIEBER, ALFRED J. (2001-12). “Stalin, Man of the Borderlands”. The American Historical Review 106 (5). オリジナルの2012-08-01時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ROdy 2007年3月26日閲覧。. 
  2. ^ Some time during the evening, over a table of vodka, Georgian wines and Russian cuisine, Stalin and Nadya became angry with each other. Irritated, she started dancing with her louche Georgian godfather, “Uncle Abel” Yenukidze, the official in charge of the Kremlin, who had shocked the party with his affairs with teenage ballerinas. Stalin was flirting with Galya Yegorova, the beautiful wife of a Red Army commander. Galya, 34, was a brash film actress well known for her affairs and risqué dresses. Certainly Nadya suspected him of having affairs, most recently with a female hairdresser in the Kremlin, and some historians report her discontent heard from her students about the starvation occurring in the Ukraine. Some accounts claim that, sitting opposite Nadya at the table, Stalin upbraided her for not raising her glass in a toast. “Why aren’t you drinking?” he called, tossing an orange peel at her. Other anecdotes report that he flicked cigarettes at her from across the dinner table. “Hey you! Have a drink!” “My name isn’t ‘hey’!” she retorted, and she stormed out screaming: “Shut up! Shut up!” Molotov’s wife Polina followed her out and calmed her down. When they said good night she seemed “perfectly calm."
    1. Extracted from Stalin: The Court Of The Red Tsar by Simon Sebag Montefiore(サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ)
    “Stalin's women”. Sunday Times (UK): pp. cover story. (2003年6月29日). http://www.cdi.org/russia/johnson/7244-12.cfm 2007年3月26日閲覧。 
  3. ^ Joseph Stalin Biography 1 of 2 - YouTube
  4. ^ V. Topolyansky. Blow from the past. (Russian: В. Торолянский. Сквозняк из прошлого.) Novaya Gazeta/InaPress. Moscow. 2006. ISBN 5-87135-183-2. The false report was signed by Kremlin's doctors Obrosov and Pogosyants. Obrosov was executed by a firing squad in 1937.
  5. ^ He mourned the loss of Nadezhda but also blamed her in bursts of self-pity: "The children will forget her in a few days, but me she has crippled for life."1 2 The death of his wife deprived him of a real and symbolic center to his kinship group. He virtually abandoned Zubalovo and became a wanderer again, shifting his residence from place to place
    1. "Dnevnik . . . Svanidze," 177. Characteristically, Stalin's reaction was to rage at the world exactly as he had done when his first wife died. Iremaschwili, Stalin, 40–41. His ritualistic mourning of Nadezhda was filled with emotional ambivalence. Allilueva, Dvadtsat' pisem, 99–109.
    2. Allilueva, Dvadtsat' pisem, 23, 45.
    RIEBER, ALFRED J. (2001-12). “Stalin, Man of the Borderlands”. The American Historical Review 106 (5). オリジナルの2012-08-01時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ROdy 2007年3月26日閲覧。. 
  6. ^ AMONG the first relatives to arrive were Zhenya and her husband Pavel, who was Nadya’s brother. They were shocked not only by the death of a sister but by the sight of Stalin himself, who had never seemed so vulnerable. He threatened suicide and asked Zhenya: “What’s missing in me?” She temporarily moved in to watch over him. One night she heard screeching and found him lying on a sofa in the half-light, spitting at the wall, which was dripping with trails of saliva
    1. Extracted from Stalin: The Court Of The Red Tsar by Simon Sebag Montefiore(サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ)
    “Stalin's women”. Sunday Times (UK): pp. cover story. (2003年6月29日). http://www.cdi.org/russia/johnson/7244-12.cfm 2007年3月26日閲覧。 
  7. ^ ニキータ・フルシチョフ フルシチョフ封印されていた証言 草思社 1991年
  8. ^ フルシチョフは「グーセフ」が軍人であったこと以外は回想記に記していない。当時の軍幹部には少なくとも3人のグーセフがおり、どのグーセフのことを指すかは特定されていない。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]