ヴィクトル・チェルノムイルジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ヴィクトル・チェルノムイルジン
Ви́ктор Степа́нович Черномы́рдин
Viktor Chernomyrdin-1.jpg
ヴィクトル・チェルノムイルジン(2006年7月撮影)
生年月日 1938年4月9日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
オレンブルク州
没年月日 2010年11月3日(満72歳没)
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
出身校 クイビシェフ工科大学
全連邦通信制工業大学経済学部
前職 ガスプロム社長
現職 ロシア連邦・駐ウクライナ大使
所属政党 我が家ロシア

内閣 チェルノムイルジン内閣
任期 1992年12月14日 - 1993年12月25日
連邦大統領 ボリス・エリツィン

内閣 チェルノムイルジン内閣
任期 1993年12月25日 - 1998年3月23日
連邦大統領 ボリス・エリツィン

ロシアの旗 ロシア連邦首相代行
任期 1998年8月23日 - 1998年9月11日
連邦大統領 ボリス・エリツィン

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ガス工業大臣
内閣 ニコライ・ルイシコフ内閣
任期 1985年 - 1989年
テンプレートを表示

ヴィクトル・ステパノヴィチ・チェルノムイルジンロシア語: Виктор Степанович Черномырдин、ラテン文字転写の例:Victor Stepanovich Chernomyrdin1938年4月9日 - 2010年11月3日)は、ロシア政治家ボリス・エリツィン時代のロシアの首相(在任1992年 - 1998年)。ガスプロムの初代社長。

経歴[編集]

1938年4月9日、ソビエト連邦時代のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国オレンブルク州に生まれる。1966年、クイビシェフ工科大学を卒業。1972年全連邦通信制工業大学経済学部を卒業した。1961年ソ連共産党に入党。一貫して天然ガスなどのエネルギー関係を渡る。1973年にはオレンブルク・ガス精製工場支配人となる。1978年に共産党中央委員会重工業部に移り、1982年、ソ連石油ガス工業省次官に任命される。1983年から全連邦工業合同「グラヴチュメンガスプロム」(ガスプロムの前身)支配人を兼務する。1985年、首相のニコライ・ルイシコフのもと、ソ連ガス工業大臣に就任する。グリゴリー・ヤブリンスキーが中心になって立案した「500日計画」には反対した。1989年、ガス工業省内に国営コンツェルンガスプロムを創設する。ガスプロムは、天然ガス企業として世界最大規模を誇り、チェルノムイルジンは同年8月に社長に選出された。1990年3月、ロシア共和国人民代議員選挙に立候補するが、ドミトリー・ウォルコゴノフ将軍に敗れる。

1991年ソ連8月クーデターが失敗に終わり、ソ連共産党の解党が決定的になると、チェルノムイルジンは共産党を離党する。1992年5月、ロシア連邦政府の燃料エネルギー担当の副首相に任命される。エリツィンは、エゴール・ガイダルアナトリー・チュバイスを起用して急進的な市場経済導入を推進したが、そのためのショック療法により、ロシア経済はハイパーインフレーションに見舞われ、エリツィン政権に対する国民、とくに低所得者層や年金生活者など社会的弱者の支持は急降下していった。エリツィンは、新たなる支持基盤として民営化によって生まれた新興財閥に注目し、その代表とも言うべきガスプロムの代表であり、急進的な経済改革ではなく穏健な経済改革を主張していたチェルノムイルジンを登用することになる。こうしてチェルノムイルジンは、1992年12月、第7回人民代議員大会で首相となる。

首相となったチェルノムイルジンは、エリツィンに対して忠誠を誓い、副大統領のアレクサンドル・ルツコイ最高会議ロシア語版議長のルスラン・ハズブラートフがエリツィンに対して離反した際には、1993年9月のロシア議会(人民代議員大会と最高会議)解散に関する大統領令を支持し、最高会議ビルに立てこもったルツコイ、ハズブラートフらを武力で鎮圧した。1995年5月には、大統領与党として設立された選挙ブロック「我が家ロシア」評議会議長に就任。自身も同年12月下院国家会議選挙で、「我が家ロシア」で比例区から当選したが、「我が家ロシア」そのものは得票率において、ロシア自由民主党ロシア連邦共産党に次ぐ第3党に留まった(議席数65)。しかし1996年エリツィン大統領再選には多大な貢献をし、8月10日、首相に再任される。1996年4月1日、大統領令により「チェチェン紛争解決国家委員会」が設置され、さらにチェルノムイルジンは同委員会議長に任命され、第一次チェチェン紛争の収拾に尽力した。さらに1996年11月5日から11月6日にかけてエリツィンが心臓手術を受けている間、臨時大統領を務めた。

こうして5年余にも及ぶ首相在任によって、チェルノムイルジンはエリツィンに次ぐ政治権力者となったかに見えたが、1998年3月23日、突然の大統領令によって首相職を解任された。この大統領令は2000年大統領選挙へチェルノムイルジンが立候補するためその準備のために首相職を解任すると説明されたが、実際は健康を悪化させていたエリツィンに代わってチェルノムイルジンが政権内で巨大な存在になったことを嫌ったエリツィンとその周辺による体の良い厄介払いであったと言われている。

首相解任後、1999年ユーゴスラビア紛争調停のため、大統領特使としてユーゴに派遣される。同年12月の下院国家会議選挙では、「我が家ロシア」は5%条項を突破せず比例区で議席を獲得できなかったが、チェルノムイルジン自身は小選挙区から立候補して当選した(「我が家ロシア」はその後、政権与党「統一ロシア」に合流した)。その後2001年5月に駐ウクライナ大使に任命された。

2009年6月11日、ウクライナ大使を解任され、大統領顧問兼CIS諸国経済協力特別大統領代表に任命された。

2010年11月3日、モスクワ市内の病院で死去[1]。72歳没。

ガスプロムとロシア経済[編集]

在任中の政策により、新興財閥(オリガルヒ)を巨大化させた。また、自身の母体であるガスプロムなどのガス石油企業に対する保護は、ロシアの国家財政における税収不足を引き起こす事態になり、短期国債の乱発とともにロシア財政危機の一因となった。

出典[編集]


公職
先代:
セルゲイ・キリエンコ
ロシアの旗 ロシア連邦首相
(代行)1998
次代:
エフゲニー・プリマコフ
先代:
自分自身
(閣僚会議議長)
ロシアの旗 ロシア連邦首相
初代:1993 - 1998
次代:
セルゲイ・キリエンコ
(エリツィン代行は無効)
先代:
エゴール・ガイダル
(代行)
ロシアの旗 ロシア連邦閣僚会議議長
第2代:1992 - 1993
次代:
自分自身
(首相)