ロシア経済開発貿易省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロシア連邦経済開発貿易省ロシア語:Министерство экономического развития и торговли Российской Федерации、通称:Минэкономразвития)は、ロシア中央省庁のひとつ。ロシア連邦における経済開発外国貿易商業、政府統計電気ガス水道事業などの自然独占料金(公共料金)、国有資産管理、債務超過(破産)組織、資源管理、土地取引、企業家精神と中小企業の育成などの広範囲な産業行政、政策分野を担当する。同省は、大統領権力による経済発展計画を組織化するための執行機関と位置付けられている。日本の報道機関では経済発展省とも表記される。

Jubcoin 2002 10rub ministerstvoekonomocheskogoravitiyaitorgovli revers.jpg

機構[編集]

情報開示以外のプログラム[編集]

経済開発貿易省の一部は、以下のパブリック・オンライン・ポータルに参加している。:

ロシアの外国貿易に関する議論 Обсуждение внешнеторговой деятельности России
行政改革に関する議論 Обсуждение административной реформы

歴代大臣[編集]

2007年9月24日ヴィクトル・ズブコフ内閣が成立するゲルマン・グレフ経済開発貿易相は再任されず、エリヴィラ・ナビウリナが後任の経済開発貿易相に就任した。グレフはサンクトペテルブルク出身の自由主義改革派に属し、法人税の税率引き下げや、土地の私有と売買の自由化など経済改革を推進した。このことが国家統制を強めるプーチン大統領を頂点とするシロヴィキとの対立を生んだと観測される。

首脳陣[編集]

2007年10月17日に次官兼官房長のアンドレイ・シャロノフと、次官のヴィタリー・サヴェリェフは解任された。

改組[編集]

ロシア連邦大統領令12.05.2008 N 724Указом Президента РФ от 12.05.2008 N 724によって、同省は、ロシア連邦経済開発省経済発展省ru:Министерство экономического развития Российской Федерацииへの改組を予定している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]