アゼルバイジャンの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アゼルバイジャン歴史

現在アゼルバイジャンと呼ばれるクラ川北の地域は、古代にはアルバニア人の国家としてカフカス・アルバニア王国が存在しており、中世に到るまでクラ川以北地域(シルバン)、クラ川・アラス川挟地(アラン)、カスピ海沿岸地域(ムカン)はそれぞれ別個に認識がなされていた。

これらの土地は、メディア王国滅亡後にメディア北部に誕生したイラン系のアトロパテネ王国(紀元前4世紀~紀元前3世紀、「アゼルバイジャン」の語源でもある)、同じくイラン系となるサーサーン朝(3世紀~7世紀)、アラブ系のウマイヤ朝アッバース朝(7世紀~10世紀)、テュルク系のセルジューク朝(11世紀~13世紀)の征服を受けたほか、先住民によるカフカス・アルバニア王国、シルバン・シャー朝などの支配のもと、カバラシャマハガンジャバイラカンなどの商業都市が繁栄をきわめた。

13世紀に入るとモンゴル帝国に編入され、1258年チンギス・ハンの孫にあたるフレグ・ハンイル・ハン国を建国した。アランおよびムガンにはハン族オルドが置かれ、それを取り巻く形でモンゴル遊牧民が集住した。モンゴル人の渡来の影響によってティムール朝下の住民のトルコ化が進行する。15世紀後半に入るとアルダビールサファヴィー家が勢力を強め、現アゼルバイジャン地域を制圧し、サファヴィー朝を開く。サファヴィー朝は当地をアラス川を境界として2管区(カラバグシルバン)に分割して統治した。サファヴィー朝下で養蚕が奨励され、の生産が特色を持つようになり、17世紀には世界有数の養蚕地域となった。1720年代にはオスマン帝国ロシア帝国が当地へ領土的野心を抱くようになり、アフシャール朝ナーディル・シャーと対立を深める(タリシュ・ハン国英語版1747年-1813年)。カージャール朝のころになるとクーバカラバグシェッキ等の独立統治地域が出現しはじめ、独自の民族文化を形成した。

18世紀にロシアがカスピ海方面への侵攻を強めるようになり、19世紀に入るとイランと本格的な紛争が始まる。1813年ゴレスターン条約1828年トルコマンチャーイ条約によりアゼルバイジャン北部がロシアへ併合され、ロシア領アゼルバイジャンイラン領アゼルバイジャンの南北に二分された地域となった。ティフリスに置かれたカフカース総督府は当地に対し植民地政策を断行し、住民を抑圧した。1870年農奴解放が行われると資本主義的な発展を見せ、鉄道石油産業を機軸として産業化が進行した。特に、アプシェロン半島バクー1901年には全世界の産油量の1/2以上を算出する国際的な町として知名度を高めた。民族的なイデオロギーが高まる中で石油労働者を中心とした労働運動が始まると、1900年経済恐慌を機に、労資の緊張が深まった。

1917年二月革命が起こると各都市に有産諸団体とソビエト諸団体の連立地方権力、民族主義党派ムサーワート党を中心として民族ソビエトが形成された。ザカフカース特別委員会は臨時政府を設置したが効果はなく、メンシェビキエスエル党を中心としてボリシェビキが勢力を伸ばし、1918年3月事件を契機としてステファン・シャウミャンを議長としたソビエト権力(バクー・コミューン)の樹立が宣言された。他方、ペトログラード十月革命に対してムサーワートグルジアメンシェビキアルメニアなどはザカフカース委員部を形成し、ザカフカース民主主邦共和国の独立を宣言した。しかしザカフカース民主連邦共和国は内部分裂を起こし、1918年5月、ムサーワートによりアゼルバイジャンの独立が宣言された。

脚註[編集]


参考文献[編集]

  • 西村めぐみ『民主化以後の南コーカサス』多賀出版、2005年

関連項目[編集]