ロバート・F・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・F・ヤングRobert Franklin Young1915年6月8日 - 1986年6月22日)は、アメリカ合衆国小説家SF作家。叙情的で優しい、気恥ずかしいほどストレートに愛を語るロマンティックな作風が特徴。作風はジャック・フィニイ[1]レイ・ブラッドベリシオドア・スタージョンと類比されることもある。

1953年に「スタートリング・ストーリーズ」誌からデビュー。以降、各誌に多くの短編を寄稿。『リトル・ドッグ・ゴーン』(Little Dog Gone)は1965年のヒューゴー賞 短編小説部門にノミネートされた。生涯に発表した長編は"Starfinder (1980)"、"The Last Yggdrasill (1982)"、"Eridahn (1983)"、"The Vizier's Second Daughter (1985)"の四作および、短編"The Quest of the Holy Grille"(未訳)の加筆版で、フランスでのみ刊行された"La Quete de la Sainte Grille (1975)"の計五冊のみである。いずれも日本語には未訳である。

代表作は短編の『たんぽぽ娘』(en:The Dandelion Girl)、『ジョナサンと宇宙クジラ』(Jonathan and the Space Whale) 、『いかなる海の洞に』[2](In what Cavern of the Deep)など。

第二次世界大戦で三年半の間、陸軍に従軍した。戦後は進駐軍のMPとして名古屋にいたことがある。[3]

短編集(日本で独自編集)[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 伊藤典夫ほか『世界のSF文学総解説』自由国民社、1984年
  2. ^ 『ジョナサンと宇宙クジラ』に収録
  3. ^ 「奇想コレクション たんぽぽ娘」河出書房新社、2013、368-372ページ

外部リンク[編集]