トルコの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トルコの歴史を記述する。現在のトルコ共和国イスラム圏に属するが、その領土となっている地域の悠久の歴史を見ると、古代オリエント文明、古代ギリシアローマ文明、ビザンティン文化イスラム文化などが栄え、多様である。また、同国最大の都市イスタンブルローマ帝国東ローマ帝国オスマン帝国と3つの世界帝国の首都となった稀有の都市である。さらに近代においてはイスラム圏では世俗主義の近代国家の建設をいち早く行ったことが注目される。

概史[編集]

先史時代[編集]

ローマ支配まで[編集]

ハットゥシャ遺跡

アナトリア[編集]

現在のトルコ共和国の国土の中心となっているアナトリア地域は世界的にも歴史の古い土地で、紀元前18世紀にはインド・ヨーロッパ語族ヒッタイト王国が建国された。鉄器を最初に使用したというヒッタイトは紀元前14世紀には全盛期を迎えるが、紀元前1200年頃には海の民によって滅ぼされた。紀元前9世紀にはフリュギア王国紀元前7世紀にはリュディア王国がこの地に建国された。

紀元前6世紀にはアケメネス朝ペルシアの支配を受け、古代ギリシャとのペルシア戦争ペロポネソス戦争を行なった。

紀元前4世紀ダレイオス2世の頃に、マケドニア王国アレクサンドロス大王に征服された。アレクサンドロス大王死後はディアドコイ戦争を経て、セレウコス朝シリアの支配下に入った。

セレウコス朝期には、プトレマイオス朝と五次に渡るシリア戦争英語版が行なわれた。 共和制ローマとのローマ・シリア戦争紀元前192年-紀元前188年)では、紀元前191前にはローマに敗れ、ペルガモン王国などの小国に分裂した。ローマ帝国期に各小国が属州となった。

エーゲ海沿岸地方[編集]

一方、エーゲ海沿岸地方にはギリシア人によってミケーネ文明が開かれ、「トロイア戦争」で有名なイリオス紀元前1200年頃までには繁栄していたが、前1200年のカタストロフ海の民により滅ぼされた。

紀元前7世紀マグナ・グレキア時代に、地中海各地への植民が行われ各地に植民都市が建設された。ボスポラス海峡に建設されたビザンティウムもその一つである。

東ローマ帝国[編集]

330年ビザンティウムはローマ帝国の首都となりコンスタンティノポリス(現在のイスタンブル)と改名された。395年にはローマ帝国が東西に分裂すると東ローマ帝国の首都として前代未聞の繁栄を見せた。

東ローマ帝国は6世紀のユスティニアヌス1世の頃にローマ帝国の版図の大半を回復することに成功したが、その後サーサーン朝との抗争やユスティニアヌス時代の征服戦争などによる財政破綻などから急激に衰退する。7世紀初頭の皇帝ヘラクレイオスはサーサーン朝に勝利したものの、勃興してきたイスラム帝国スラヴ人の侵攻を受けて版図は急激に縮小し、守勢に転じた。また、西欧諸国やローマ・カトリック教会とも対立を深め、それまでの地中海周辺全体を支配する大帝国から、当時ギリシア人が多数を占めていた現在のギリシャ・トルコ周辺を中心とする国家へと変貌し、公用語もラテン語からギリシア語へと改められた。この時代、現在のトルコに当たる小アジアは対イスラムの前線として、そして穀倉地帯として重要な役割を果たしていた。

アナトリアで東ローマ帝国がイスラーム帝国と覇権を争っているころ、555年に東方のアルタイ山脈の麓で突厥柔然を滅ぼし、中央アジアに大帝国を築いた。582年西突厥が分裂し突厥は東西に分かれた。7世紀に西突厥とサーサーン朝の戦争(第一次ペルソ・テュルク戦争英語版第二次ペルソ・テュルク戦争英語版第三次ペルソ・テュルク戦争英語版)で捕虜となったトュルク族は、イスラーム教徒のペルシア征服によって651年サーサーン朝が滅亡すると、以後はイスラム圏で遊牧生活を営むとともに、マムルークとして浸透していった。

9-10世紀になると、東ローマ帝国は国力を回復させて再攻勢に出るようになる。その結果、11世紀初頭にはバルカン半島全土や北シリア南イタリアアルメニアなどを支配する大帝国として復活する。しかし、11世紀半ば頃になると再び国力が衰え、東からテュルクセルジューク朝の侵攻を受けるようになる。

セルジューク朝[編集]

マムルークの中のトュルクオグズ族のセルジュークが部族を糾合し、1038年にはホラサーンの支配を確立しセルジューク朝を樹立した。1055年にはトゥグリル・ベクバグダードに入城し、アッバース朝カリフからスルタンの地位を授かった。セルジューク朝はスンナ派の庇護者としての正当性を得ると、西アジアのイスラーム圏の主導的立場となった。

1071年マンジケルトの戦いでセルジューク朝が東ローマ帝国を破ると、アナトリアに進出し、ルーム・セルジューク朝が誕生した。ルーム・セルジューク朝の支配のもとでアナトリアのトルコ化、イスラム化が進行した。

1241年モンゴル帝国軍がカイホスロー2世ルーム・セルジューク朝に侵攻し、1243年キョセ・ダグの戦いバイジュ率いるモンゴル軍に降伏し、フレグイル・ハン国を樹立。セルジューク朝はアナトリアに中心を移したが、アナトリアはベイリクが乱立し、その混乱期はオスマン朝による統一(コンスタンティノープルの陥落)まで200年間ほど続いた。

オスマン帝国[編集]

1683年、膨張の極みに達したオスマン帝国の最大版図
最近の研究ではこの時代のバルカン半島を「パクス・オトマニカ」のもと統合と共存、平和を享受していたとみる傾向にある

アナトリアはいくつかの君公国に分かれていたが、1299年オスマンが開いたオスマン朝は順調に勢力を拡大し、3代スルタンのムラト1世アドリアノポリスを占領し、ブルサから遷都した。その後コソボの戦いでセルビア、ブルガリア、ルーマニアを支配下に置いた。さらにニコポリスの戦いでは神聖ローマ皇帝ジギスムント率いる十字軍を破っている。1394年バヤズィト1世は初めてコンスタンティノポリスの包囲を敢行した。

1402年アンカラの戦いで東方からの征服者ティムールに敗れ、オスマン朝は崩壊の危機に見舞われ、アナトリアは再びベイリクが乱立する混乱期に入った。

その後メフメト2世の頃には国力を回復し、1453年コンスタンティノープルの陥落によって、東ローマ帝国を滅亡させ、混乱期に終止符を打った。さらに1517年にはエジプトマムルーク朝を滅ぼし、イスラム教スンニ派世界の主導的地位を獲得した。

スレイマン1世の頃には1526年モハーチの戦いハンガリー王国を滅ぼし、征服。1529年には第一次ウィーン包囲を敢行。神聖ローマ帝国に肉薄した。1522年にはプレヴェザの海戦でキリスト教国連合を破り、地中海を「オスマンの海」とした。 スレイマン1世の頃はオスマン帝国の絶頂期で、法制の整備、イェニチェリの改革や教育政策の充実、学芸の振興などが進んだ。

オスマン帝国の衰退[編集]

エンヴェル・パシャ
1922年11月、アンカラトルコ共和国政府による帝制廃止を受けて、ドルマバフチェ宮殿を後にするメフメト6世。この写真が撮られてから数日後、英国の戦艦でマルタに亡命。その後サンレモに居住し、1926年に同地で没した。

スレイマン1世の死後、1571年にはレパントの海戦でスペイン艦隊に敗れ、オスマン朝はキリスト教勢力に初めて敗北を喫した。これを以ってオスマン帝国の衰退といわれるが、実際は地中海の制海権を維持していた。しかし1683年第二次ウィーン包囲の失敗後にはスレイマン1世以来の制度の変質が顕在化し、衰退に向かった。18世紀初頭には西欧諸国との間で、良好な関係が形成され、チューリップ時代と呼ばれる平和な時代が到来した。しかし、ハプスブルク君主国ロシア帝国などの中東欧諸国との戦争で弱体化を余儀なくされ、18世紀後半には露土戦争の結果、クリミア半島エカテリーナ2世のロシア帝国に割譲した。

このような帝国の衰えに対しセリム3世のように改革を実行しようとするスルタンも現れたが、イェニチェリの介入で失敗し、政局は混乱した。

19世紀のはじめにはタンジマートと呼ばれる改革が実行され、さらに1876年にはオスマン帝国憲法が制定されるなど近代化が試みられたが、アブデュル・ハミト2世が専制君主制を復活させ反動化した。

この中で、バルカン半島の諸民族の独立運動とそれに対する列強の介入やロシアの南下政策などで領土は縮小し、産業革命にも西欧の後塵を拝し、対外債務の増大や国民経済の窮乏化など国力は疲弊して行った。

これに対して、危機感を募らせた青年将校たちが統一と進歩委員会を結成し、「憲法復活」などをスローガンに革命を起こした。いわゆる「青年トルコ人革命」である。この革命によって「汎トルコ主義」による近代化が推進されることになるが、「統一と進歩委員会」のエンヴェル・パシャはドイツ帝国と提携しロシアに対抗。第一次世界大戦では中央同盟側に参戦し、敗戦。オスマン帝国は崩壊することになる。

革命[編集]

独立戦争総司令官ムスタファ・ケマル

第一次世界大戦後のパリ講和会議ではオスマン帝国にはセーヴル条約が戦勝国から押し付けられた。これは帝国の領土の西をギリシアに東をアルメニアに、南東部をクルド人に割譲しさらに首都イスタンブルを国際管理下におくものであった。

これに対し、1920年アンカラで召集された大国民議会は、ガリポリの戦いで活躍した軍人ムスタファ・ケマル(アタテュルク)を指導者とし、トルコ革命と呼ばれる、祖国回復運動を展開した。その結果1923年にはローザンヌ条約を締結し、エーゲ海島嶼をギリシャに割譲し、トルコ領内のキリスト教徒とギリシャ領内のイスラム教徒の交換(Population exchange between Greece and Turkey)を行い、トルコ共和国の樹立が宣言された。初代大統領となったケマルは政教分離、ローマ字採用、女性参政権など近代化政策をやつぎばやに断行した。

トルコ共和国[編集]

第二次世界大戦ではほぼ中立を維持したが、1945年連合国の勝利が確定的になると、その圧力により連合軍側として2月23日対日・独宣戦布告した。1950年に成立したメンデレス内閣では北大西洋条約機構中央条約機構に加盟し反ソ連親西欧路線を取った。しかし経済の不振によって政府の批判が高まると1960年クーデターが起こり、メンデレスは失脚。処刑された。

その後共和人民党イノニュ公正党デミレルが政権を担当。ソ連との経済技術援助協定の締結(1967年)など外交の多角化が進められたりしたが軍事クーデター未遂や労働者や学生運動などで政情不安が続いた。

1970年代にはキプロス問題で、軍事費が膨らみ経済は悪化し左翼、右翼のテロが相次いだ。

1980年には軍事クーデターが起こり、二院制一院制に変わるなどの憲法改正が行われ、治安と経済が改善され、民政移管が行われた。しかしクルド問題によるテロなどで国情は不安定であった。

1979年にイラン革命が興ると、キプロス問題で冷え込んでいたアメリカ合衆国との関係も好転。 1991年の湾岸戦争では基地を提供した。

一方政治面では1989年に30年ぶりに文民出身のオザル大統領が就任。その後1993年デミレル大統領。2000年セゼル大統領と続き。政治の文民化が図られた。 2002年には死刑制度を廃止した。 イラク戦争ではアメリカ合衆国への基地提供は議会は賛成したが、定足数にたりず無効となり、事実上提供しなかった。

現在トルコは、ヨーロッパの一員を自認し、EU(ヨーロッパ連合)加盟に向けての交渉を進めているが、キプロス問題や人権問題、クルド人抑圧など複雑な問題を抱えている為、交渉は難航している。

関連項目[編集]