アルメニア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルメニア王国の地図

アルメニア王国(アルメニアおうこく)は、紀元前190年から紀元前66年まで独立していた王国であり、428年までローマペルシア帝国に従属していた国家だった。1世紀キリスト教の布教が行われ、301年にキリスト教を国教とした。

歴史[編集]

独立まで[編集]

王国として独立するまではアケメネス朝のアルメニア地域のサトラップであった。マケドニアの手を借りてオロンテス朝en:Orontid Dynastyとして独立した。

セレウコス朝崩壊後[編集]

セレウコス朝の崩壊の後、紀元前190年にアルタクセス1世en:Artaxias Iによってヘレニズムの影響を受けたアルメニア政権が誕生した。紀元前95年から紀元前66年の絶頂期にアルメニアは支配権をコーカサスを越えて、現在のトルコ東部からシリアレバノンにまで及ぼした。しばらくの間はローマ東方の最も強大な国として存在していたが紀元前66年にはローマの影響下に入った。

アルメニア王国の繁栄[編集]

ティグラネス2世(大王と呼ばれる)の征服の後、アルメニア王国はアルタクシアス朝en:Artaxiad Dynastyの時にその領土を最大範囲に広げた。その後紀元前80年アルメニアはしばしばローマとペルシアの間で係争の対象となった。パルティア37年から47年までアルメニアを屈服させた。ローマはアルメニア王国の宗主権を取り戻そうとした。

ローマとパルティアの支配[編集]

ネロの治世下、ローマは同盟を結んだアルメニアに侵略してきたパルティアと55年から63年まで戦った。60年のアルメニア奪還と62年の喪失の後、ローマはパンノニアから第十五アポロン軍en:XV Apollinarisのシリア総督コルブロを派遣する。コルブロは第十五アポロン軍の他、第三ガリア軍en:Legio III Gallica第五マケドニア軍en:Legio V Macedonica第十フレテンシス軍en:Legio X Fretensis第二十二軍を率いて63年、アルメニアの王位をティリダデス1世en:Tiridates I of Armeniaに復位させたヴォロガセス1世の領域に入った。これ以来、パルティアが望む人物を王に就け、戴冠はローマ皇帝及びその代理が行うという両属体制が出来た。名目上はローマ帝国の属国で、実質はパルティアの属国という折衷案である。

ヴォロガセス4世がアルメニアに侵略し、旗下の将軍を王位に就けたことによって162年から165年までルキウス・ウェルス帝の戦役が引き起こされた。パルティアの脅威に対し、ウェルスは東へ出発した。彼の軍は大勝を治め、首都を取り返した。ローマ市民権を持ち、アルメニアの相続権利を持つソハエムスが傀儡王として即位した。

アルメニア王国の衰退[編集]

サーサーン朝ペルシア252年アルメニアを占領し、ローマが287年に取り戻すまで保持した。384年に王国は東ローマとペルシアの間で分裂した。西アルメニアは即座に小アルメニアという名でローマの属州となった。東アルメニアは428年までペルシアの内部でそのまま王国として残った。その後地方貴族が王制を廃止、サーサーン朝が行政官を送り込んだ。アルメニアは301年キリスト教(後のアルメニア教会)を国教としたが、これは世界初であった。アルメニア人の間にはキリスト教は浸透しており、ローマ側においても、ペルシア側に併合された地域でもキリスト教の信仰は衰える事はなかった。

言語[編集]

紀元前2世紀までの大アルメニア(現在のカラバフを含む)ではアルメニア語が話されており、現在のアルメニア人はその直接の言語学的な子孫であると考えてよい。

関連項目[編集]