ローザンヌ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローザンヌ条約
Turkey-Greece-Bulgaria on Treaty of Lausanne.png
ローザンヌ条約により決定したトルコ国境
署名 1923年7月24日
スイスローザンヌ
寄託者 フランス共和国
言語 英語
関連条約 モントルー条約
テンプレートを表示

ローザンヌ条約(ローザンヌじょうやく、英語: Treaty of Lausanne)は、1923年7月24日スイスローザンヌで、トルコ共和国政府および西ヨーロッパ諸国との間に締結された講和条約

背景[編集]

1920年オスマン帝国スルタンメフメト6世連合国と締結したセーヴル条約で東トラキアおよびイズミル地方を得たギリシャは、さらにその領土を拡大しようと小アジアに侵攻した(希土戦争)。ムスタファ・ケマル・アタテュルク率いるトルコ軍はこれを撃退し、イズミルを実力で奪還した。

アルメニアの平定、ソ連との平和条約、さらにはフランスとの休戦条約とケマルによってトルコ国内が安定化したのを見た連合国は、セーヴル条約にかわる新たな講和条約を結ぶことを決め、スイスローザンヌでの7か月におよぶ会議の後、トルコ(アンカラ政府)とイギリスフランスイタリア日本ギリシャルーマニアユーゴスラビア王国(当時の国号は「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国」)の間で条約が調印された。

この条約により、トルコ共和国がオスマン帝国に代わる主権国家として国際的に認知されるようになった。

内容[編集]

この条約により近代トルコ国境が決定した。

国境変更以外の条項はおおよそ以下の通りである。