黒羊朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒羊朝
ジャライル朝 1375年 - 1468年 白羊朝
ゴールコンダ王国
黒羊朝の国旗
(国旗)
黒羊朝の位置
公用語 不明
首都 タブリーズ
君主
1378年 - 1388年 カラ・ユースフ英語版(第3代)
1438年 - 1467年 ジャハーン・シャー
変遷
成立 1375年
滅亡 1468年
イランの歴史
イランの歴史
エラム
ジーロフト文化英語版
マンナエ
メディア王国
ペルシア帝国
アケメネス朝
セレウコス朝
アルサケス朝
サーサーン朝
イスラームの征服
ウマイヤ朝
アッバース朝
ターヒル朝
サッファール朝
サーマーン朝
ズィヤール朝
ブワイフ朝 ガズナ朝
セルジューク朝 ゴール朝
ホラズム・シャー朝
イルハン朝
ムザッファル朝 ティムール朝
黒羊朝 白羊朝
サファヴィー朝
アフシャール朝
ザンド朝
ガージャール朝
パフラヴィー朝
イスラーム共和国

黒羊朝(こくようちょう)(ペルシャ/アゼリー語: قرا قویونلو), は、イラク北部から東部アナトリアを経てアゼルバイジャンイラン西部に広がる遊牧地帯を支配したテュルク系イスラム王朝1375年 - 1468年)。トゥルクマーンと呼ばれるテュルク系遊牧民の部族連合をもととする遊牧国家であり[1]、王朝名はトルコ語でこの部族連合がカラ・コユンル(Karakoyunlu/Qara Qoyunlu)、すなわち「『黒い羊』に属する者」と呼ばれたことに由来する直訳名称であるが、語源は不明である[2]

歴史[編集]

黒羊朝の部族連合を結んだトゥルクマーンたちはイルハン朝の時代にヴァン湖北岸を夏営地、モースル近辺を冬営地として遊牧生活を送っていた[3]。その一派の首長バイラム・ホジャは、イルハン朝が解体再編されていった14世紀後半に権力を確立し、周辺一帯を広く支配するイルハン朝の継承政権ジャライル朝に服属した[4]。バイラム・ホジャの子カラ・ムハンマドはジャライル朝に反乱を起こすが敗北した[4]

第3代君主カラ・ユースフ英語版のとき、ティムールによる東部アナトリア遠征にジャライル朝とともに抵抗し、いったんは勢力を失った。1405年にティムールが没するとカラ・ユースフは勢力を盛り返し、アゼルバイジャン地方を支配するティムール朝の王子アブー・バクルを破って1408年にアゼルバイジャンの中心都市タブリーズを領有する[5]。さらに1411年にジャライル朝の残党を滅ぼしてバグダードを占領、イラクまで勢力を広げる。

1419年、イラン中部のガズヴィーンまで占領したところでカラ・ユースフは没するが、翌1420年に黒羊朝はティムール朝中央政権のシャー・ルフによる遠征を受け、黒羊朝は激しい抵抗を取れないままアゼルバイジャンまでの東方の領土を奪還された[5]

シャー・ルフが本拠地ホラーサーンに帰還するとカラ・ユースフの遺児カラ・イスカンダル英語版が王朝を再統一して勢力を回復し、アゼルバイジャンの支配をめぐってティムール朝と激しく争った。カラ・イスカンダルは白羊朝カラ・オスマンを倒すなど東部アナトリアに覇を唱えるが、たびたびシャー・ルフの遠征を受け、シャー・ルフに忠実な兄弟のジャハーン・シャーに王位を奪われた。ジャハーン・シャーはシャー・ルフによってタブリーズの知事に任ぜられ、ティムール朝の宗主権を認める代償に黒羊朝はアゼルバイジャンの支配を確実なものとする[5]

1447年にティムール朝のシャー・ルフが没し、2年後にはその子ウルグ・ベクが殺害されてティムール朝の統一が乱れると、ジャハーン・シャーはティムール朝に対して反旗を翻し、黒羊朝は再び拡大に転じてイラン高原中部まで進出した[6]1458年、ジャハーン・シャーはティムール朝の中心地ホラーサーンに迫り、ティムール朝側の混乱に乗じて一時は都ヘラートを占領するほどの勢力を誇った[6]。そして、支配領域の拡大に伴って行政機構も整備される。

しかし1467年、ジャハーン・シャーが当時黒羊朝に服属していた白羊朝のウズン・ハサンが勢力を拡大すると、ウズン・ハサンを討つために西に進軍した[7]。しかし、ジャハーン・シャーが野営中にウズン・ハサンに急襲され落命すると黒羊朝はたちまち混乱し、分裂した。ウズン・ハサンは黒羊朝の王族たちを次々に破り、その後わずか2年足らずの間に黒羊朝の勢力は白羊朝により一掃されてしまった。黒羊朝滅亡後、指揮下の部族は白羊朝に吸収された[2]

黒羊朝を形成していた集団の一部はインドに移住し、16世紀初頭にクトゥブ・シャーヒー朝を創始した[3]

歴代君主[編集]

  1. バイラム・ホジャ1366年 - 1380年
  2. カラ・ムハンマドアゼルバイジャン語版1380年 - 1389年
  3. カラ・ユースフ英語版1389/90年 - 1400年1406年 - 1420年
  4. カラ・イスカンダル英語版1420年 - 1435/38年
  5. ジャハーン・シャー1435/38年 - 1467年
  6. ハサン・アリー1468年 - 1469年

白羊朝により滅亡

脚注[編集]

  1. ^ 羽田「東方イスラーム世界の形成と変容」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、189頁
  2. ^ a b 羽田「カラコユンル」『岩波イスラーム辞典』、286頁
  3. ^ a b 小野「カラ・コユンル朝」『新イスラム事典』、185頁
  4. ^ a b 清水「黒羊朝」『アジア歴史事典』3巻、356-357頁
  5. ^ a b c 羽田「東方イスラーム世界の形成と変容」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、185頁
  6. ^ a b 羽田「東方イスラーム世界の形成と変容」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、186頁
  7. ^ 羽田「東方イスラーム世界の形成と変容」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、190頁

参考文献[編集]

  • 小野浩「カラ・コユンル朝」『新イスラム事典』収録(平凡社, 2002年3月)
  • 清水誠「黒羊朝」『アジア歴史事典』3巻収録(平凡社, 1960年)
  • 羽田正「カラコユンル」『岩波イスラーム辞典』収録(岩波書店, 2002年2月)
  • 羽田正「東方イスラーム世界の形成と変容」『西アジア史 2 イラン・トルコ』収録(永田雄三編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2002年8月)