小白山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小白山脈
各種表記
ハングル 소백 산맥
漢字 小白山脈
発音 ソベク サンメク
ローマ字転写 Sobaek Sanmaek
テンプレートを表示

小白山脈(ソベクさんみゃく)は朝鮮半島南部に位置する山脈。半島東部を南北に縦断する太白山脈とあわせて、朝鮮半島の背骨といわれる白頭大幹(ペクトゥデガン)をなす。

山脈は太白山脈から南西方向に分岐し、半島の中央を南下する。南端には山脈の最高峰である智異山(チリサン, 標高1915m)がそびえる。智異山は済州島漢拏山(ハルラサン)に次いで韓国第二の高峰である。そのほか俗離山(ソンニサン)、伽耶山(カヤサン)、月岳山(ウォラクサン)、小白山(ソベクサン)など1000m級の山々が連なる。

この山脈をほぼ境にして東側が慶尚道、西側が忠清道・全羅道である(朝鮮八道参照)。