マシュー・ボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシュー・ボーン

マシュー・ボーンMatthew Bourne, OBE, 1960年1月13日 - ) は、 イギリスコンテンポラリー・ダンス演出・振付家

ミュージカルダンスの境界に位置する作品を1980年代後半より生み出している。バレエの古典作品に新解釈を加えた作品もあり、“報われない” をテーマに扱うことが多い。

経歴[編集]

1960年、ロンドンの労働者階級の生まれ。子供のころはスターのサイン集めに夢中で、劇場などでスターの出待ちをしていた[1]。芸能関係に少しでも近づきたいという思いから、1978年の高校卒業後、BBCの書類整理係や劇場のチケットもぎりなどさまざまな仕事に就き、ロイヤル・ナショナル・シアターの売店で働いているときに、出演者を身近に見るうちに、自らもダンサーを志す[1]。20歳まではダンスやバレエに関心がなく、ダンスを習い始めたのは22歳と遅かった[2]。1982年からロンドン近郊のラバン・ダンス学校に学び、1986年の卒業後に友人らと共にコンテンポラリー舞踊団 「アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ」 を設立した。1992年にクラシック・バレエの「くるみ割り人形」をモダンに解釈した作品を発表して話題になり、その後、男性ダンサーを中心にした新解釈の「白鳥の湖」(白鳥の湖 (マシュー・ボーン))で広く注目される[1]

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

ダンスカンパニー[編集]

  • 1987年-2002年 Adventures in Motion Pictures(AMP)
  • 2002年- ニュー・アドベンチャーズ/New Adventures

脚注[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]