フリードリヒ・キットラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリードリヒ・キットラーFriedrich A. Kittler, 1943年6月12日 - 2011年10月18日)は、ドイツ文芸メディア評論家。

経歴[編集]

ザクセン州ロホリッツ (Rochlitz) に生まれる。1958年、家族が西ドイツに亡命。同年から1963年までバーデン=ヴュルテンベルク州ラール (Lahr) のギムナジウムに通い、後フライブルク大学1972年までゲルマン語ロマンス語を研究する。この頃ジャック・ラカンミシェル・フーコーの思想に大きな影響を受ける。

1976年コンラート・フェルディナント・マイヤー (Conrad Ferdinand Meyer) の詩の論文で博士号を取得、1984年には大学院生の教官の資格を得る。以後1986年までフライブルク大学のドイツ語ゼミナールで助手を務める。

1986年から1990年まで、カッセルで行われたドイツ研究協会 (Deutsche Forschungsgemeinschaft, DFG) の文芸・メディア調査に加わる。1987年ルール大学で現代ドイツ学の教授に就任。

1993年ベルリン大学でメディア論 (Media Aesthetics) と史学の教授に就任。同年、カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センターよりジーメンス・アート・メディア賞(Siemens-Medienkunstpreis)を授与される。

2010年現在はヘルマン・フォン・ヘルムホルツセンターおよびその研究科「ビルト・シュリフト・ツァール」(Bild Schrift Zahl) の職員だった。

2011年10月18日、ベルリンで死去[1]。68歳没。

著書[編集]

  • 1977年: Der Traum und die Rede. Eine Analyse der Kommunikationssituation
  • 1979年: Dichtung als Sozialisationsspiel. Studien zu Goethe und Gottfried Keller (with Gerhard Kaiser). Göttingen
  • 1985年: Aufschreibesysteme 1800/1900. Fink: Munich. ISBN 3-7705-2881-6 (English edition: Discourse Networks 1800 / 1900, with a foreword by David E. Wellbery. Stanford 1990)
  • 1986年: Grammophon Film Typewriter. Berlin: Brinkmann & Bose. ISBN 3-922660-17-7 (『グラモフォン・フィルム・タイプライター』 石光泰夫、石光輝子訳、筑摩書房、1999。ちくま学芸文庫版、2006)
  • 1990年: Die Nacht der Substanz. Bern
  • 1991年: Dichter – Mutter – Kind. Munich
  • 1993年: Draculas Vermächtnis: Technische Schriften. Leipzig: Reclam. ISBN 3-379-01476-1 - Essays zu den "Effekten der Sprengung des Schriftmonopols", zu den Analogmedien Schallplatte, Film und Radio sowie "technische Schriften, die numerisch oder algebraisch verfasst sind". (『ドラキュラの遺言』 原克訳、産業図書、1998)
  • 1997年: Literature, Media, Information Systems: Essays (published by John Johnston). Amsterdam
  • 1998年: Hardware das unbekannte Wesen
  • 1998年: Zur Theoriegeschichte von Information Warfare
  • 1999年: Hebbels Einbildungskraft – die dunkle Natur. Frankfurt, New York, Vienna
  • 2000年: Eine Kulturgeschichte der Kulturwissenschaft. München
  • 2000年: Nietzsche – Politik des Eigennamens: wie man abschafft, wovon man spricht (with Jacques Derrida). Berlin.
  • 2001年: Vom Griechenland (with Cornelia Vismann; Internationaler Merve Diskurs Bd.240). Merve: Berlin. ISBN 3883961736
  • 2002年: Optische Medien. Merve: Berlin. ISBN 3-88396-183-3
  • 2002年: Zwischen Rauschen und Offenbarung. Zur Kultur- und Mediengeschichte der Stimme (as publisher). Akademie Verlag, Berlin
  • 2004年: Unsterbliche. Nachrufe, Erinnerungen, Geistergespräche. Wilhelm Fink Verlag, Paderborn.
  • 2006年: Musik und Mathematik. Band 1: Hellas, Teil 1: Aphrodite. Wilhelm Fink Verlag, Paderborn.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Friedrich Kittler ist tot Spiegel Online 2011-10-18

外部リンク[編集]