トーマス・ルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・ルフ (Thomas Ruff, 1958年2月10日 - ) は、ドイツ写真家。ドイツのデュッセルドルフ在住。

略歴[編集]

トーマス・ルフは6人兄弟のうちの一人として、1958年にドイツのツェル・アム・ハルマースバッハで生まれる。1974年の夏、ルフは初めてのカメラを手に入れ、写真基礎学校の夜間コースで学んだ後、アマチュア写真雑誌に掲載された多くの写真と同じような写真を撮影し、彼なりの写真による実験を開始する。

1977年から1985年の間、デュッセルドルフ美術アカデミーの写真学科にてベルント&ヒラ・ベッヒャーの元で写真を学ぶ。そこでウォーカー・エヴァンスウジェーヌ・アッジェカール・ブロスフェルトステファン・ショアウィリアム・エグルストンらの写真を知り、多大な影響を受ける。またベンジャミン・ブクローの講義に触発される中で、独自のコンセプチュアルな写真スタイルを築いていった。

ベッヒャー夫妻の元ではアンドレアス・グルスキーカンディダ・ヘーファートーマス・ストゥルースらと共に写真を学んでおり、彼らは後にベッヒャー・シューラー(ベッヒャーの教え子)と呼ばれ、ドイツの現代写真芸術において重要な一翼を担うこととなる。また2000年から2006年までの間、ベッヒャー夫妻に代わってデュッセルドルフ美術アカデミー写真学科の教授を務めた。

主な展覧会[編集]

ルフは1981年にミュンヘンにあるギャラリー・ルーディガー シュットゥルにて初展覧会を行う。その後1992年のドクメンタ9、1995年、2005年のベネチアビエンナーレ、1996年のシドニービエンナーレ、2002年のサンパウロビエンナーレ等で作品を発表し、注目を集める。

  • 1988 Schloss Hardenberg, Velbert, Germany
  • 1988 Portikus, Frankfurt, Germany
  • 1992 documenta IX, Kassel, Germany
  • 1995 Venice Biennale, Italy
  • 2000 Museum Haus Lange, Frankfurt, Germany
  • 2001 Chabot Museum, Rotterdam, Netherlands
  • 2001 Kunsthalle Baden-Baden, Germany
  • 2002 Folkwang Museum, Essen, Germany; Städtische Galerie Lenbachhaus, Munich, Germany
  • 2002 Artium Centro Museo Vasco de Arte Contemporaneo, Vitoria (Gasteiz), Spain
  • 2003 Fundação de Serralves, Museu de Arte Contemporânea, Porto, Portugal
  • 2003 Tate Liverpool, Great Britain
  • 2003 Kestner Gesellschaft, Hanover, Germany
  • 2003 Busan Metropolitan Art Museum, Busan, South Korea
  • 2007 Moderna Museet, Stockholm, Sweden
  • 2008 Mücsarnok Kunsthalle, Budapest, Hungary
  • 2009 Museum für Neue Kunst, Freiburg, Germany
  • 2009 Castello di Rivoli, Turin, Italy
  • 2011 Ackland Art Museum, Chapel Hill, North Carolina, USA