アンドレアス・グルスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレアス・グルスキー
デュッセルドルフの現代美術館K21にて(2013年3月)
生誕 1955年1月15日(59歳)
東ドイツ
ライプツィヒ
国籍 ドイツの旗 ドイツ
教育 デュッセルドルフ美術アカデミー
著名な実績 写真
代表作 ライン川 II英語版
活動期間 1980年代後半 - 現在

アンドレアス・グルスキーAndreas Gursky, 1955年1月15日 - )は、ドイツ写真家

経歴[編集]

1955年1月15日、東ドイツライプツィヒに生まれ、幼少時に西ドイツに移住した。1977年から1980年まで、エッセンのフォルクヴァング芸術大学にてヴィジュアル・コミュニケーションを専攻し、1980年から1987年まで、デュッセルドルフ美術アカデミー写真科に在籍した[1]ベルント&ヒラ・ベッヒャー英語版夫妻に師事し[2]、1980年代後半から作家活動を開始。パノラミックな視点からとらえた巨大な写真が有名。2012年11月に撮った写真「ライン川 II(RehinⅡ)」が430万ドル(約4億3000万円)で落札され、地球上に存在する写真の中で史上最高額の値段が付けられた。2010年よりデュッセルドルフ芸術アカデミーの自由芸術学科を担当している[1]

主な作品[編集]

  • 「ライン川 II」 1999年
  • 「99セント」 1999年
  • 「ピョンヤン I」 2007年
  • 「F1 ピットストップ IV」 2007年
  • 「カミオカンデ」 2007年
  • 「V&R」 2011年
  • 「カタール」 2012年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b アンドレアレアス・グルスキー展みどころ
  2. ^ Tomkins, Calvin. The New Yorker. "The Big Picture." 22 January, 2001.