マーク・アンドリーセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・アンドリーセン
Marc Andreessen
マーク・アンドリーセン(2008年)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生誕 1971年7月9日(43歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アイオワ州ブラックホーク郡セダーフォールズ
最終学歴 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
職業 ソフトウェア開発者
配偶者 ラウラ・アリラーガ
両親 ローウェル・アンドリーセン(父)
パトリシア・アンドリーセン(母)
業績
成果 MosaicNetscape Navigatorの開発
テンプレートを表示

マーク・アンドリーセン英語: Marc Lowell Andreessen1971年7月9日 - )は、アメリカ合衆国ソフトウェア開発者。ウェブブラウザNCSA MosaicNetscape Navigatorを開発した。

経歴[編集]

アイオワ州生まれ。イリノイ大学内のNCSA在籍中に、初の画像表示ウェブブラウザである Mosaic を開発した。当初はUNIXのX環境でのみ動作するものだったが、すぐにMacintoshWindows向けが作られた。しかし、NCSA が Mosaic の権利を主張したため、アンドリーセンは NCSA と決別した。

1993年、事業家ジム・クラークからメールをもらい、共同でモザイクコミュニケーションズを設立した(のちにネットスケープコミュニケーションズと社名変更)。そして、Mosaicのコード関連の書類を破棄した上で、新たに Netscape Navigator ブラウザを開発した。このソフトウェアは当時としては非常に成功し、1995年には会社は株式公開 (IPO) を果たす。このときまだ23才だったが一夜にしてアメリカを代表する富豪となり、「レンタカーを借りられる年齢になる前に億万長者になった」ともいわれた。

ところがその後、マイクロソフトInternet Explorerの猛追により、Netscape Navigator はシェアを徐々に下げ、会社の業績は下がり、1998年11月24日に会社はAOLに買収されることになる。このときAOLに移籍しCTOの地位に付くが、1999年9月にはその職を辞して AOL を退社する。

1999年、ラウドクラウドを設立。ホスティングやWebサイト管理サービスのアウトソーシングを提供。2001年にIPOを行う。2002年にホスティング事業をEDS社に売却してソフトウェアベンダーに事業転換し、Opsware というデータセンターなどの管理ソフトウェアの開発に専念する。2003年に Opsware に社名変更した。なお、同社は2007年9月にHPに16億ドルで買収されている。

2005年にはNingというプロジェクトを起こす。これはウェブアプリケーションを簡単に開発できるツールで、オープンな開発プロジェクトになっている。

2008年6月30日Facebookの取締役就任が発表された[1]

2009年9月17日にHPの取締役に就任したと発表された[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]