モンテネグロの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンテネグロの歴史(モンテネグロのれきし)は中世初頭にはじまる。はじまりは、スラヴ人が現在モンテネグロと呼んでいるローマ帝国属州ダルマチアの一部に到来してから後のことである。

歴史[編集]

モンテネグロ人イリュリア人との混血)は、10世紀までにドュクリャ公国英語版(Duklja)という半独立の国を形成した。1077年ローマ教皇グレゴリウス7世はドュクリャ公国を独立国として認識し、ステファン・ヴォイスラヴの建てたヴォイスラヴ王朝の貴族であるミハイロ王をドュクリャ王(ラテン語rex Doclea)として承認した。だが、ドュクリャ王国は東ローマ帝国にも貢ぎ物を送った。後セルビア王国にツバン大王(Great Zupan)ことステファン・ネマニャが現れ、ドュクリャを支配した。

ツェタ(Zeta)独立公国英語版(近代初期のモンテネグロ国により近い国)は1360年に独立主権を行使した。その後、バシク王朝( Balšić1360年-1421年)そしてツルノイェヴィチ王朝(Crnojevic 1421年-1499年)がツェタ公国英語版を統治した。15世紀からオスマン帝国が南および東から侵攻したが、ツェタ全域を征服することはできなかった。

1516年ドユラード・ツルノイェヴィッチ英語版公(Đurađ Crnojević)が、モンテネグロをツェティニェ主教公vladika)による神政政治国家にしようとした大主教に賛同し退位した(Prince-Bishopric of Montenegro)。主教公の職は1697年からペトロヴィチ=ニェゴス家が保持した。主教公は妻帯できないので、主教公の位はおじから甥へと継承された。ペータルは恐らく最も影響力を持つ主教公であろう。彼は19世紀前半までそこを支配した。1851年に主教公となったダニーロ1世英語版1852年に結婚してモンテネグロ公(knjaz)と自称し、領地を世俗的な公国へと変えた(モンテネグロ公国)。しかし、これにより宗主国のオスマン帝国との間に不和(一説には典礼問題とも言われる)が生じ、1852年末には軍事衝突を起こした。この事件は後にウィーン体制構成国の利権と複雑に絡み合いクリミア戦争へと発展することになった。

1860年にダニーロ1世が暗殺されると、モンテネグロ人はニコラ1世が彼の後継者だと宣言した。1861年から 1862年までニコラはオスマン帝国と戦ったが戦果は挙がらなかった。しかし1876年、ニコラはセルビア・ロシア帝国とともに先祖以来の敵を破り、ベルリン会議によって1900平方哩の領土を加え、アンティヴァリの港とモンテネグロの全ての海岸に全ての国の戦争の船が集まった。しかし1876年にはオーストリアが制海権と沿岸の衛生政策を握った。

モンテネグロ王国の布告、手前左がニコラ1世夫妻

ニコラ1世の治世(1860年1918年)には領土が倍増して国際的に独立が認められ(1878年)、最初の憲法も制定されて(1905年)「公」の格式も「王」に昇格した(モンテネグロ王国)。そして バルカン戦争 (1913年)においても領土を獲得した。モンテネグロは1万の兵を投じてオスマン帝国アルバニア)のエーサド・パシャの軍と戦いシュコダルの町を解放した。しかし列強の干渉で、シュコダルは新たに独立したアルバニアの領土になった。

世界大戦[編集]

Montenegro1913.png

モンテネグロは第一次世界大戦でいくらかの被害を受けた。オーストリア・ハンガリー帝国によるセルビア侵攻のとき、モンテネグロは中央同盟軍に対して宣戦する時機を逸したが、5万の陸軍を一度に動かすことができた。オーストリアはモンテネグロとセルビアの合流を阻止するために別動部隊を派遣したが撃退され、堅固に要塞化されたロフテン山の頂から、モンテネグロ軍がカッテロ砲の砲撃を敵に対して行った。1914年8月10日、モンテネグロ歩兵軍はオーストリア駐屯軍に猛撃を加えたが優勢には回れなかった。オーストリア軍は再度セルビアに侵攻したが、彼らは防衛に成功してボスニアサラエヴォまで到達した。しかし、三度目の侵攻でモンテネグロ陸軍は兵力の差に屈し、オーストリア軍はセルビアをとうとう抜いた。モンテネグロも1916年1月の侵攻をうけ同盟軍に占領された。

ニコラ王はイタリアフランスに飛んだ。フランス政府は作戦をボルドーに移転していた。そして、セルビア軍はモンテネグロをオーストリアから解放した。新たに召集されたポドゴリツァの国民会議(Podgorička skupština)はセルビア軍に管理され、平和と敵との分離を求める王を非難した。そして王を廃位され、帰国を禁じられた。セルビアは1918年11月29日にモンテネグロを併合、モンテネグロはセルビア、スロベニア、クロアチアに取り込まれ後にユーゴスラビア王国を形成することとなる[1]1919年に併合反対派が武装蜂起(クリスマス蜂起)を起こしたが、セルビア軍により鎮圧された。

戦間期にはユーゴスラビア王アレクサンダル1世がユーゴスラビア政府を壟断していた。だが、モンテネグロ王ニコラ1世の孫がモンテネグロの再独立のために国外で奔走した。

Montenegro during ww2.png

第二次世界大戦中にユーゴスラビアは枢軸軍の攻撃を受け、解体された(ユーゴスラビア侵攻)。モンテネグロはイタリアの占領下に置かれ、傀儡国家モンテネグロ王国が成立したが、イタリアの占領に抵抗するパルチザンが全土で蜂起した。1944年、ヨシップ・チトーパルチザンが勝利し、ユーゴスラビアから枢軸軍は撤退した。ユーゴスラビア共産党は解放のために戦ったモンテネグロ人の多数派の要求をいれ、モンテネグロ人国家はセルビア、他の海岸部と平等にあつかわれることになった。このことでモンテネグロに於ける社会主義政党の支持が上がった。モンテネグロはユーゴスラビアは6つの国の一つとして再編成されモンテネグロ人民共和国となった[2]。モンテネグロは連邦からファンドを発展途上国として供与されたため経済が改善、旅行者の拠点となったが、連邦内では立ち遅れた箇所であり、なおかつ人口の少ない地域であったために1980年代には経済危機に陥っている[1]

ユーゴスラビア崩壊後[編集]

1980年代からの冷戦構造の崩壊と1991年から1992年のユーゴスラビア共産党の崩壊と複数政党制の導入のため、同じく連邦を形成していたスロベニアとクロアチアは1991年に分離独立を宣言[1]、80年代終わりの短期間で反政府的な若い指導者がモンテネグロに現れた。

ミロ・ジュカノヴィッチモミール・ボラトヴィッチそしてスベトザル・マロヴィッチの3人が実質的に共和国を運営した。彼らは全員、いわゆる「反官僚主義革命」の間に権力を一掃し、スロボダン・ミロシェヴィッチに近づいた若い党員によって、ユーゴスラビア共産党内の幾つかの党運営組織を結成した。3人はみな表面上は共産主義者に献身的であったが、変化の時代に古いものに固執する危険性を理解する融通性も持っていた。複数政党制に代わったとき、彼らはすばやく共産党モンテネグロ支部をモンテネグロ民主社会党(DPS)に改名した。

旧共産党の地盤相続により、モンテネグロ民主社会党は対抗勢力とかなり差をつけ、議会選挙、大統領選挙に圧倒的な勝利を収めた。この政党はモンテネグロの政権を2006年現在も(連立政権であるが)担っており、政権は磐石である。

1990年代初め、モンテネグロの指導者はミロシェヴィッチの戦争(ユーゴスラビア紛争)にかなりの助力をした。モンテネグロ予備軍はドゥブロヴニク前線で戦った。そこはミロ・ジュガノヴィッチ首相がよく訪問したところである。

1992年の4月、住民投票の結果[# 1]、ブラトヴィッチ大統領とジュガノヴィッチ首相のモンテネグロと、ミロシェヴィッチ政権下のセルビアが、「ユーゴスラビア連邦共和国」(FRJ、通称・新ユーゴ)として合同することに合意した[1]ユーゴスラビア社会主義連邦共和国から新しく独立した国々を除く、連邦に留まったセルビアとモンテネグロによって新しい連邦は構成されることになった。しかし、まもなく、ボスニアクロアチアで戦闘中に行った所行ゆえに、国際連合はFRJに対する経済制裁を課した。これは国内の生活の様々な局面に影響、モンテネグロも先の戦闘で評判が悪化していたセルビアとの距離を置き始めた[1]

アドリア海に通じており、かつシュコダル湖アルバニアとの間の水運を有しているといった地理的位置の有利さゆえ、モンテネグロは密輸活動の結節点になった。モンテネグロの工業生産は全体的に停滞し、主要な経済活動は消費財の密輸になった。特に、ガソリンタバコが多く、どちらも価格はうなぎのぼりであった。政府は非合法活動に目をつぶるどころか、ほとんど自らも参加した。密輸によっていかがわしい人々の中から億万長者が出た。それには高級官僚も含まれていた。ミロ・ジュカノヴィッチは、手広く密輸に手を染め、イタリアのさまざまなマフィアの成員に、モンテネグロでの安全圏を提供したことに対して、多くのイタリアの裁判に直面し続けた。マフィアたちは既に密輸の分け前の連鎖に参加していたのである。

1997年の大統領選挙ではこれらが議論の的となりミロ・ジュガノヴィッチが2回に渡る投票の末、僅差で勝利、モミル・ブラトヴィッチ政権は終焉した。以前の密接な同盟者は敵となり、1997年秋の数ヶ月間でモンテネグロには戦争のような雰囲気がかもしだされていた。そしてさらに1998年、新ユーゴスラビア連邦大統領ミロシェビッチはボラトヴィッチを連邦首相に任命したが、ブラトヴィッチはジュガノヴィッチに敵対的行動を取り、先の選挙では憲法違反が存在したと主張した[3]。しかしそれは、モンテネグロ社会人民党の分裂を招いた。ブラトヴィッチと彼の支持者たちは社会人民党を離脱してミロシェヴィッチに忠実でありつつけたが、一方のジュガノヴィッチはセルビアとは距離をとり始め、事実上連邦制は機能しなくなっていた[3]。この距離のため1999年春のコソボ紛争において、北大西洋条約機構がセルビアに激しい爆撃を加えた時、モンテネグロの被害は割に軽微だったものの、数万人のアルバニア避難民が押し寄せる事となった[3]

ジュガノヴィッチはこの政策論争で明らかな勝利者となった。ブラトヴィッチは1997年以降もはや政府を掌握できず、2001年には政界から引退した。ゾラン・ジンジッチ率いる新セルビア政権のもと、ミロシェヴィッチはハーグ国際司法裁判所に送られた。

連邦再編から再独立へ[編集]

Montenegro municipalities.png

2003年には、議論と外部の支援ののち、ユーゴスラビア連邦共和国はセルビア・モンテネグロに改名し、公式に緩やかな国家連合に再編された。この再編では、最低3年の統合期間を経れば独立が容認されることになっており、モンテネグロ人のいっそうの自立心を成長させるものであった。

ジュカノヴィッチが大統領に就任したころから、分離独立の示唆が行われて来ていたが、急激な独立運動は行われず、モンテネグロ政府も連邦脱退には慎重の姿勢を取ってきた。しかし、2005年にセルビア外相が分離独立容認の発言をしたことなどから、実質的に分離独立における障害はなくなった。すでに通貨は独自にユーロを導入しており、失業率もセルビア30パーセント以上に対してモンテネグロは20パーセント、インフレ率も抑えられており、経済的にも独立を阻止できる材料はセルビア側に無かった。

2006年にはモンテネグロの独立を問う住民投票が計画された。独立推進派は「欧州連合(EU)早期加盟は独立が近道」と言うスローガンを掲げ、反対派は「独立しても早期加盟は不可能、市場の縮小で景気が悪化する」として阻止を図った。一方、独立運動によって地域が再び不安定化することを恐れたEUは、通常ならば過半数で独立達成のところを、55パーセント以上という条件を突きつけた。しかし、5月21日に実施された国民投票では、セルビア人のほとんどが反対票を投じたが、55.4パーセントという僅差ながらも独立賛成票が上回り、独立は承認された。

独立に際し、モンテネグロと日本の戦争状態が日露戦争以降続いているかについて、日本の国会で採り上げられた。2006年2月日本政府は1904年にモンテネグロの宣戦布告を見つけられないこと、ポーツマスでの会議にモンテネグロは参加していないことを回答していた。[4] 実際には日露戦争時にモンテネグロはロシア側に立ち、1905年日本宣戦布告し、ロシア軍とともに戦うため義勇兵を満州に派遣していたが.[5]、日本とロシアの講和会議にモンテネグロが含まれていなかったため、技術上は戦争状態が続いていることになっていた。

もっとも、モンテネグロが実際に宣戦布告していたか、宣戦布告が正規のものだったかどうかは、異説がある。しかしながら、2006年6月には、日本はモンテネグロに外務大臣と首相の特使を派遣し、モンテネグロの独立承認と戦争の終了を宣言する文書を届けた。[6] これにより、101年に渡る両国の「戦争状態」が終わった。(参考:技術上の問題で戦争状態が延びてしまった戦争のリスト英語版)

6月3日夜、共和国議会によって独立宣言が採択され、ユーゴスラビアに併合された1918年以来、実に88年ぶりに独立を回復した。かつてバルカン半島に勢力を築いたユーゴスラビア連邦は、これで完全に解体された。

由来[編集]

モンテネグロ(Montenegro)の名称はイタリア語ヴェネツィア方言で「黒い山」を意味する。ロフツェン(Lovcen)山の松林の黒い姿にヴェネツィア共和国の征服者が着目したのである。セルビア語では ツルナ・ゴラ(Crna Gora)という。

関連項目[編集]

注釈等[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この投票ではムスリムやアルバニア人が投票をボイコットしたため、95%以上の人々が新ユーゴ形成に賛成した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 池田(2007)、p.3.
  2. ^ a b 池田(2007)、p.3.
  3. ^ a b c 池田(2007)、p.4.
  4. ^ 内閣衆質一六四第六九号 衆議院議員鈴木宗男君提出一九五六年の日ソ共同宣言などに関する質問に対する答弁書 2006年2月24日
  5. ^ Montenegrina, digitalna biblioteka crnogorske kulture (Montegreina, digital library of Montenegrin culture), Istorija: Đuro Batrićević, citing Batrićević, Đuro. (1996). Crnogorci u rusko-japanskom ratu (Montegegrans in the Russo-Japanese War); retrieved 2011-05-12; compare Dr Anto Gvozdenović: general u tri vojske. Crnogorci u rusko-japanskom ratu (Dr. Anto Gvozdenovic: General in Three Armies; Montegegrans in the Russo-Japanese War)
  6. ^ "Montenegro, Japan to declare truce," United Press International (US). June 16, 2006; "Montenegro, Japan End 100 Years' War," History News Network (US). citing World Peace Herald, June 16, 2006; retrieved 2011-05-11

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「モンテネグロの歴史」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア