WHO健康開発総合研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WHO神戸センター

WHO健康開発総合研究センター(ダブリューエイチオーけんこうかいはつそうごうけんきゅうセンター)は、兵庫県神戸市中央区HAT神戸にある世界保健機関(WHO)本部直轄の研究機関。略称はWHO神戸センター、またはWKC

1996年3月に開所した。

国際社会レベルでの健康増進を目指し、社会・経済・環境等変化が及ぼす健康への影響、それらの保健政策への反映、および保健問題についての研究を行い、世界規模での使命を遂行する機関である。

国際健康開発センタービル[編集]

WKCが入る国際健康開発センタービル(IHDビル)は、ヘルスケア関連研究機関・組織等集積によるWKCの活動支援と国際交流を目的に1998年に建設された施設。設計は丹下健三で、直線を基本とするシックな外観デザインは周囲との調和を優先した結果とされる。

国際健康開発センタービル周辺

車道をはさんだ東隣には安藤忠雄設計の兵庫県立美術館、西隣は国際協力機構兵庫国際センター(JICA兵庫)。

  • 設計― 丹下健三
  • 竣工― 1998年4月
  • 所在地― 〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分56.42秒 東経135度13分0.02秒