アル・キャンパニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・キャンパニス
Al Campanis
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
出身地 ギリシャの旗 ギリシャ
ドデカネス諸島コス島
生年月日 1916年11月2日
没年月日 1998年6月21日(満81歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 二塁手
プロ入り 1940年 アマチュアFA
初出場 1943年9月23日
最終出場 1943年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アレクサンダー・セバスチャン・キャンパニスAlexander "Al " Sebastian Campanis , 1916年11月2日 - 1998年6月21日)は、ギリシャ共和国ドデカネス諸島(当時はイタリア領エーゲ海諸島コス島出身のプロ野球選手二塁手)、ゼネラルマネージャー(GM)。右投両打。

息子のジム・キャンパニスMLBでプレーした[2]。彼の著書『ドジャースの戦法』は日本でも内村祐之によって訳され、その理論はドジャース戦法として紹介された[3]日本プロ野球において日本シリーズ9連覇を成し遂げた名将、読売ジャイアンツ川上哲治監督もドジャース戦法の実践を目指した[4]1987年4月6日人種差別と疑われる発言を行って大反響を巻き起こし、その2日後にロサンゼルス・ドジャースのGMを辞任した。

経歴[編集]

1916年11月2日ドデカネス諸島の小さな島であるコス島に生まれた[2]。コス島は1947年までイタリア王国の領土であり[5]、キャンパニスの出生当時はイタリア領エーゲ海諸島に属していた。

6歳の時に一家揃ってアメリカ合衆国ニューヨーク移住[6][7]

ニューヨーク大学を卒業した1940年MLBブルックリン・ドジャースと契約を結んだ[6][7]1943年9月23日に二塁手としてドジャースでMLBデビュー[2]。1943年シーズンが終了するまでに7試合に出場した[6][7]

第二次世界大戦中であったために1944年からアメリカ海軍で任務を遂行。最終的には兵曹長の階級に達し、戦争が終結した1945年シーズン終盤にドジャースに復帰した[7]。傘下マイナーリーグAAA級モントリオールでは遊撃手としてプレーし、その時に二塁手として彼と二遊間のコンビを組んだのがジャッキー・ロビンソンだった[8]

現役を引退した後はロサンゼルス・ドジャーススカウトを務め、サンディ・コーファックスの才能を見出した[6]

スカウトの後は1968年から1987年までドジャースのゼネラルマネージャー(GM)を務めた。彼の下でドジャースは1974年1977年1978年1981年ワールドシリーズへの進出を果たし、このうち1981年のワールドシリーズではニューヨーク・ヤンキースを4勝2敗で下してワールドチャンピオンに輝いた[6]。1987年4月6日人種差別と疑われる発言を行い、その2日後にGMを辞任した(後述)。

1998年6月21日冠動脈疾患により、カリフォルニア州フラートンの自宅にて死去[6][7]。81歳没。

人種差別発言の波紋[編集]

1987年4月6日にABCニュースの番組『ナイトライン』においてジャッキー・ロビンソンがカラーラインを打破し、MLB初の黒人選手になってから40周年を記念して監督とGMに何故黒人が少ないのかというテーマが話し合われた[7][9]。この番組に出演したキャンパニスは「黒人は監督やGMになるのに必要な資質が幾つか欠けているかもしれない」という意味の発言を行った。司会者のテッド・コッペルはこの発言を修正するように誘導しようとしたが、キャンパニスは怯まなかった[6][9]。続けられたやり取りの中で「黒人は浮力を持たないために良い泳ぎが出来ない」という意味の発言も行った[6]。アメリカ全土で大反響を巻き起こし、翌7日にキャンパニスは謝罪を表明した[6]。8日にピーター・オマリーオーナーの勧告を受けてGMを辞任し、ドジャース一筋の野球人生から姿を消した[6][8]。キャンパニスは翌1988年のインタビューで「私は固有の知性や能力のようなものでは無く、必要な経験が不足しているというつもりで言った」と発言の意味を説明しようとした[6]

しかし、オマリーは「アルがこれまでも、これから先もずっと人種差別主義者では無いと信じている」と彼に対する信頼を口にしている。また、長年の友人であったトミー・ラソーダは「彼と知り合ってから今までに、彼から人種差別的な発言を聞いた事は一度も無い」と述べ、息子のジョージも「ボールを打つか、または投げる事が出来れば、緑の髪と紫の肌を持っていても父は気にならなかった」と同様に偏見を持つ人物では無かったと否定している[6]

ドジャース戦法生みの親[編集]

1963年のワールドシリーズでドジャースが常勝ヤンキースを4勝0敗で下した。キャンパニスは2人のアシスタントと分担を決め、この1963年シーズン後半を過ぎる頃にヤンキースの試合を連日観戦し、キャンパニス・レポートと呼ばれる膨大な量のデータを作り上げた。当時のドジャースのGMも「未だかつてこれほどまで詳細なものを見た事が無い。これで我がチームのワールドシリーズ制覇は九割方確定した」と歓喜し、この言葉通りになった。以下は見事に的中したレポートに基づく指示の一例である[10]

第3戦の指示

第4戦の指示

  • ジョー・ペピトーン一塁手は肩が良くないし、距離が遠くなると正確な球を投げられない。だから内野手の送球を彼が後逸したら躊躇せずに三塁まで走れ」(1-1で迎えた7回裏、先頭のギリアムが放った三塁ゴロの送球をペピトーンが後逸し、ギリアムは後ろを振り向かず三塁まで滑り込み、ウィリー・デービス犠飛による決勝点に繋がった)
  • ミッキー・マントルは右打席で打つ時、低めに絶対の自信を持っているが、外角肩から胸のマーク付近の速球にはからきし弱い」(マントルは7回表にコーファックスの投じた内角低めを左翼席へ叩き込み、同点本塁打としたが、9回表は最後に外角低めへ速球を決められ、見送りの三振

マントルの他にもフランク・ハワードは内角に弱く、ロジャー・マリスにはチェンジアップが効果的、ペピトーンはカーブに対しては盲目的、という風にヤンキース各打者の弱点を分析した。試合の前半にはヤンキースはほぼ確実に犠打を使用しない事を調べ上げ、内野手に深く守らせた。第3戦でドジャースのドン・ドライスデール投手が牽制球で一塁走者を刺したのも「ヒットエンドランのサインが事前に分かっていたからだ」とキャンパニス本人が説明している。このシリーズのヤンキースは4試合で僅か22安打に終わり、三振数は37を計上した[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1943 BRO 7 24 20 3 2 0 0 0 2 0 0 -- 0 -- 4 -- 0 5 -- .100 .250 .100 .350
通算:1年 7 24 20 3 2 0 0 0 2 0 0 -- 0 -- 4 -- 0 5 -- .100 .250 .100 .350

背番号[編集]

  • 3 (1943年)

脚注[編集]

  1. ^ Famous People Born On November 2nd” (英語). Thefamouspeople.com. 2014年3月9日閲覧。
  2. ^ a b c Al Campanis Statistics and History” (英語). Baseball-Reference.com. 2014年3月11日閲覧。
  3. ^ アル・キャンパニス(著),内村祐之(訳). ドジャースの理論. ベースボール・マガジン社. ISBN 978-4583010700. 
  4. ^ 先駆者だった川上氏 ドジャース戦法、哲のカーテン…新機軸を次々と”. スポニチアネックス. 2014年3月11日閲覧。
  5. ^ マーク・ダビン (英語). The Rough Guide to the Dodecanese & East Aegean Islands. Rough Guides. p. 438. ISBN 978-1843534723. 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l The Obit For Al Campanis” (英語). TheDeadballEra.com. 2014年3月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Al Campanis” (英語). BaseballinWartime.com. 2014年3月10日閲覧。
  8. ^ a b 伊東一雄. メジャーリーグこそ我が人生:パンチョ伊東の全仕事. サンケイスポーツ. p. 352-353. ISBN 978-4594041175. 
  9. ^ a b MLB History: 20 Most Shocking Scandals in Baseball History 12. Al Campanis” (英語). Bleacherreport.com. 2014年3月11日閲覧。
  10. ^ a b 伊東一雄. メジャーリーグこそ我が人生:パンチョ伊東の全仕事. サンケイスポーツ. p. 31-32. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]