伊藤庄七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊藤 庄七
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 1918年3月20日
没年月日 1999年3月6日(満80歳没)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

伊藤 庄七(いとう しょうしち、1918年3月20日 - 1999年3月6日[1])は、愛知県名古屋市[1]出身のプロ野球選手。右投右打で、ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

中京商業学校では1933年に夏の甲子園へ出場[1]中京商対明石中延長25回の試合にもベンチ入りしていた[1]明治大学社会人野球を経て、1950年に前年暮れ創立したばかりの毎日オリオンズへ入団[1]1951年には第1回のオールスターゲームへ出場[1]。またこの年、リーグトップとなる28二塁打を、打率は6位となる.303を記録して活躍[1]

1953年シーズン途中に、東急フライヤーズへ移籍[1]1955年中日ドラゴンズへ移籍し同年引退[1]

引退後は、1961年から1964年まで阪急ブレーブスでコーチ、日本短波放送中部日本放送(CBC)で野球解説者を務めた(CBCは、1966年から1967年)[1]。1999年3月4日に脳梗塞のため死去[1]。享年80。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 毎日 68 200 181 30 52 15 0 4 79 26 6 5 2 -- 17 -- 0 24 6 .287 .348 .436 .785
1951 101 403 376 61 114 28 5 8 176 47 16 10 1 -- 26 -- 0 53 7 .303 .348 .468 .816
1952 102 375 333 50 88 22 1 7 133 50 14 4 7 -- 35 -- 0 35 3 .264 .334 .399 .734
1953 13 23 21 1 3 0 0 0 3 2 0 1 0 -- 2 -- 0 5 0 .143 .217 .143 .360
東急
東映
69 242 215 21 43 6 1 3 60 12 7 3 2 -- 25 -- 0 25 10 .200 .283 .279 .562
'53計 82 265 236 22 46 6 1 3 63 14 7 4 2 -- 27 -- 0 30 10 .195 .278 .267 .545
1954 97 329 282 32 65 12 2 3 90 33 9 2 0 2 44 -- 1 51 8 .230 .336 .319 .656
1955 中日 32 49 46 2 7 1 0 0 8 3 0 0 0 0 3 0 0 10 4 .152 .204 .174 .378
通算:6年 482 1621 1454 197 372 84 9 25 549 173 52 25 12 2 152 0 1 203 38 .256 .327 .378 .704
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東急(東急フライヤーズ)は、1954年に東映(東映フライヤーズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (1950年 - 1953年途中)
  • 2 (1953年途中 - 1954年)
  • 5 (1955年)
  • 40 (1961年 - 1964年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

※CBC解説者として出演していたプロ野球中継番組(タイトルは2011年現在)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、54ページ