川崎雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「川﨑雄介」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
川﨑 雄介
Kawasaki yuusuke.jpg
阪神時代(2011年7月10日、秋田県立野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 1982年2月17日(32歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 2006年4月19日
年俸 2,350万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川﨑 雄介(かわさき ゆうすけ、1982年2月17日 - )は、宮崎県宮崎市出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

宮崎県宮崎市出身。宮崎県立宮崎南高等学校時代は内野手兼投手。投手として目立った成績はなかったものの、3年時にはエースとして君臨し、登板しない時もパンチ力のある打撃で中軸打線に名を連ねるなど、攻守ともに主力選手であった。人柄は非常に明るく、後輩の面倒見も良かったという。九州東海大学時代も一時期内野手をしていたが、上級生になって投手に専念するものの、全国大会とは縁がなく目立った実績はなかった。

2004年社会人野球ホンダ熊本に入社。当初は玉城誠、坂本保、佐藤一郎らがいたこともあって、都市対抗野球大会社会人野球日本選手権大会の九州地区二次予選ではあまり登板機会はなかった。

2005年、都市対抗九州地区二次予選で他の投手の調子が悪かったこともあって敗者復活戦に登板し好投。チームは本大会出場を逃したが、JR九州の補強選手に選ばれて出場した。準々決勝では強打のホンダ相手に好投するなど3試合に登板して優秀選手賞を受賞するなど、スカウトの評価を高めた。同年オフの大学・社会人ドラフト千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され入団。

プロ入り後[編集]

ロッテ時代[編集]

初年度の2006年、4月16日に同じく左の中継ぎ高木晃次と入れ替わりに一軍初昇格。同19日に東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初登板し、2回を無失点に抑えた。その後はリードされている状況で3試合で中継ぎ登板したが、防御率15.43と結果が出ず、5月7日に二軍落ちした。冬には9年ぶりに復活したハワイ・ウィンターリーグへ派遣された。

2007年は開幕一軍をつかみ、絶不調の藤田宗一に代わる貴重な左の中継ぎとして春先に活躍。しかし、6月に息切れの気配を見せ、左背筋の違和感により7月1日に二軍落ちした。7月24日に再昇格すると、7月末から12試合連続無失点、9月にも8試合連続無失点を記録した。8月18日の日本ハム戦において5対2とリードされた7回裏に2番手投手として登板、8回表にチームが逆転しプロ初勝利を飾った(通算36試合目)。この年挙げた4勝はすべて8月以降と、後半特に安定したピッチングを見せ、被出塁率.238はパ・リーグのリリーフ投手の中で好成績だった。48試合に登板し防御率1点台という見事な成績で、同い年(学年は早生まれの川崎が上)の荻野忠寛とともにリーグ2位通過に大きく貢献した。同年オフ、師と仰ぐ藤田の巨人移籍に伴って背番号12を受け継ぐとともに、川崎の「崎」の字を本来の「﨑」とした「川﨑雄介」に登録名を変更。

2008年オープン戦の不調により開幕二軍スタートとなったが、3月25日に一軍登録され、新守護神・荻野に繋ぐセットアッパーとして活躍。6月6日、対巨人戦の延長10回裏、加治前竜一に史上初となる「プロ初打席・初安打・初本塁打がサヨナラホームラン」を献上してしまうも、チーム最多・リーグ2位の65試合に登板し31ホールドポイントを記録、この年の最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

2009年は調子を落とし、前年のタイトルホルダーとしては物足りない成績ではあったが、数少ない左の中継ぎとして45試合に登板。しかし、2010年には開幕を二軍で迎えた。

阪神時代[編集]

2010年4月6日に、救援要員の左投手が不足していた[1]阪神へ金銭トレードで移籍。阪神側からのトレード要請から数日間で移籍が決まったため、ロッテ側では交換選手の人選に至らなかった[2]。移籍後は22試合に登板したものの、0勝1敗0S、防御率6.75と期待に見合った結果を残せないまま、9月26日に出場選手登録を抹消。そのままシーズンを終えた[3]

2011年は、一軍でわずか6試合に登板。0勝0敗、防御率7.71に終わった。二軍では、29試合の登板で防御率1.63を記録した。

2012年には、左腕エース・能見篤史の疲労を回復させる目的で、7月16日に能見に代わって一軍へ初昇格[4]。しかし、公式戦での登板機会がないまま、同月24日に出場選手登録を抹消された。その後も昇格の機会がなかったため、プロ入り後初めて、シーズンを通じて一軍での出場機会が無かった。

2013年には開幕一軍を果たしながら、公式戦への登板機会のないまま、開幕5日後の4月4日に登録を抹消。4月26日に再度登録されると、翌日のDeNA戦で2年振りに公式戦へ登板した。しかし、この登板を最後に、同月29日には再び登録を抹消。公式戦での成績は、1試合登板(投球回数1イニング)、0勝0敗0S、防御率9.00であった。

西武時代[編集]

2013年5月21日に、高山久との交換トレードで、埼玉西武ライオンズへ移籍[5]。背番号は、高山が着用していた44を引き継いだ。移籍後の6月5日に出場選手登録を果たすと、救援要員の左投手が手薄なチーム事情を背景に、再び公式戦への登板機会を得ている。オフに背番号が34に変更された[6]

2014年、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[7]。12月2日、自由契約公示された[8]

プレースタイル[編集]

140 km/h中盤のキレのあるストレートの他にスライダーチェンジアップシュートを投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 ロッテ 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 4.2 11 2 2 0 0 4 1 0 8 8 15.43 2.79
2007 48 0 0 0 0 4 2 0 8 .667 213 54.2 40 3 9 1 1 39 0 0 13 10 1.65 0.90
2008 65 0 0 0 0 2 5 1 29 .286 251 60.0 52 7 17 4 2 45 2 0 24 20 3.00 1.15
2009 45 0 0 0 0 1 1 0 9 .500 195 43.2 50 5 18 5 3 24 1 0 23 23 4.74 1.56
2010 阪神 22 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 64 13.1 23 1 4 1 0 14 0 0 10 10 6.75 2.02
2011 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 4.2 5 1 3 0 0 3 0 0 4 4 7.71 1.71
2013 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 13 2.0 3 0 3 0 1 2 0 0 2 2 9.00 3.00
西武 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.2 5 0 3 0 0 0 0 0 3 3 5.79 1.71
'13計 9 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 33 6.2 8 0 6 0 1 2 0 0 5 5 6.75 2.10
通算:7年 199 0 0 0 0 7 9 1 49 .438 805 187.2 189 19 59 11 7 131 4 0 87 80 3.84 1.32
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (2006年 - 2007年)
  • 12 (2008年 - 2010年途中)
  • 62 (2010年途中 - 2013年途中)
  • 44 (2013年途中 - 同年終了)
  • 34 (2014年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “阪神、ロッテから左腕・川崎を緊急獲得”. デイリースポーツ. (2010年4月6日). http://www.daily.co.jp/tigers/2010/04/07/0002845987.shtml 2011年4月8日閲覧。 
  2. ^ “【ロッテ】急だったので金銭で川崎移籍”. 日刊スポーツ. (2010年4月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20100406-614885.html 2011年4月8日閲覧。 
  3. ^ まるごと阪神 2010年出場選手登録及び抹消”. スポーツニッポン. 2011年4月8日閲覧。
  4. ^ “阪神・能見、疲労で抹消 川崎が昇格”. サンケイスポーツ. (2012年7月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120717/tig12071705110010-n1.html 2011年11月3日閲覧。 
  5. ^ トレードのお知らせ - 埼玉西武ライオンズ公式サイト、2012年5月21日(2012年5月21日閲覧)
  6. ^ 来季背番号変更のお知らせ
  7. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について西武球団公式サイト2014年10月2日配信
  8. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。

関連項目[編集]