エドワード・スタンリー (第17代ダービー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第17代ダービー伯爵
エドワード・スタンリー
Edward Stanley, 17th Earl of Derby
Edward George Villiers Stanley, 17th Earl of Derby by Sir William Orpen.jpg
17代ダービー伯(ウィリアム・オーペン英語版画)
生年月日 1865年4月4日
出生地 イギリスの旗 イギリスミドルセックス州、ウェストミンスターセント・ジェイムズ・スクエア
没年月日 1948年2月4日 (満82歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスランカシャー州、ノウズリー・ホール
所属政党 保守党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
バス勲章一等勲爵士 (GCB)
ロイヤル・ヴィクトリア勲章一等勲爵士 (GCVO)
国防義勇軍勲章受章者 (TD)
枢密顧問官 (PC)
親族 第14代ダービー伯爵 (祖父)
第4代クラレンドン伯爵 (祖父)
第16代ダービー伯爵 (父)
オリヴァー・スタンリー (息子)
配偶者 レディ・アリス・モンタギュー

内閣 バルフォア内閣
任期 1903年10月9日 - 1905年12月4日
国王 エドワード7世

内閣 ロイド・ジョージ内閣
任期 1916年12月10日 - 1918年4月18日
国王 ジョージ5世

内閣 ロー内閣ボールドウィン内閣
任期 1922年10月24日 - 1924年1月22日
国王 ジョージ5世

任期 1918 - 1920
国王 ジョージ5世
テンプレートを表示

第17代ダービー伯爵エドワード・ジョージ・ヴィリアーズ・スタンリー: Edward George Villiers Stanley, 17th Earl of Derby KG, GCB, GCVO, TD, PC, KGStJ, JP1865年4月4日 - 1948年2月4日)は、イギリス政治家貴族。政治家として郵政相、陸軍相を歴任。競走馬生産者、馬主としても著名である。

経歴[編集]

フレデリック・アーサー・スタンリー(後の第16代ダービー伯爵)の長男として、ウェストミンスターセント・ジェイムズ・スクエア英語版で生まれる。ウェリントン・カレッジ英語版で学んだ後、近衛擲弾兵連隊中尉として入隊。1885年から1895年までの10年間兵役につき、そのうち1888年から1891年はカナダの総督となった父の副官としてカナダへ赴任した。1899年から1900年の間は第二次ボーア戦争に従軍。

1892年イギリス総選挙英語版ランカシャー州のウェストホートン英語版選挙区から当選し、庶民院議員となる。第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルアーサー・バルフォアの下で大蔵卿委員(在職: 1895年-1900年)・Financial Secretary to the War Office(在職: 1901年-1903年)を務めた後、1903年に郵政大臣Postmaster General; 郵政公社総裁)として入閣した(1905年まで)。1906年イギリス総選挙では落選するも、1908年に父親から爵位を相続、貴族院議員となる。

第一次世界大戦中の挙国一致内閣では1916年に陸軍省政務次官Under-Secretary of State for War)後空軍委員会議長(Chairmen of the Joint War Air Committee)に任ぜられたが、同年ガリポリの戦いの作戦失敗等によりハーバート・ヘンリー・アスキス首相が失脚。代わって陸相のデビッド・ロイド・ジョージが首相に就任し、その穴を埋めるため委員会議長を辞任、陸相となり、混迷の度を深めていた第一次世界大戦末期のイギリス陸軍の指揮を執った。またこの時期はアイルランドで独立の気運が高まり、後のアイルランド独立戦争へと発展していった過渡期でもあり、エドワードはあらゆる事態の対応に追われ続けた。大戦終結後、陸相を辞任。在フランス大使となり戦後調整に当たった後、再び陸相に就任し2年を務め、その辞任後は政界を引退した。

実子のエドワード英語版オリヴァー英語版は共にスタンリー・ボールドウィンネヴィル・チェンバレン内閣等で閣僚を務めている。

スポーツ愛好家[編集]

パブリック・スクール時代に経験したラグビーの熱心な愛好家であり、ラグビー協会の名誉理事長を務めていた。ほか、フランスラグビーリーグ協会英語版に優勝杯を寄贈しており、このカップは現在でも「ダービー卿杯Trophée Lord Derby)」と呼ばれている。なお父のフレデリックはアイスホッケーの愛好家で、北米のナショナル・ホッケー・リーグに優勝杯を寄贈(こちらは「スタンレー・カップ」と呼ばれている)している。

また競走馬の生産者および馬主として史上に大きな事績を残しており、ハイペリオンファラリスファロスフェアウェイスウィンフォードアリシドンなど、現代のサラブレッドに多大な影響を与えた名馬を数多く送り出した[1]。生産者および馬主としてダービーを3勝、オークスを1勝、セントレジャーを6勝、2000ギニーを2勝、1000ギニーを7勝を挙げたほか、1歳時にエヴレモン・ド・サンタラリからオグデン・ミルズと共同で購入したカンタール凱旋門賞にも優勝した。 彼の馬の購入や調教についてはジョージ・ラムトンが、初期の配合デザインにはウォルター・オルストンがかかわっており、生産に際しては「フィッツラックの18.75%理論」と呼ばれる血統論を用いたとも、占星術によったとも言われるが定かではない。

1930年にはダービー伯爵として史上初めてアメリカケンタッキーダービーを現地観戦し、『タイム』の表紙を飾った。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、第17代ダービー伯爵エドワード・スタンリーに関するカテゴリがあります。

先代:
オースティン・チェンバレン
郵政大臣
1903–1905
次代:
シドニー・バクストン
先代:
デビッド・ロイド・ジョージ
陸軍大臣
1916–1918
次代:
初代ミルナー子爵
先代:
サー・ラミング・ワージントン=エヴァンズ準男爵
陸軍大臣
1922–1924
次代:
スティーヴン・ウォルシュ
先代:
テイムの初代バーティ子爵
在フランスイギリス大使
1918–1920
次代:
ペンズハーストの初代ハーディング男爵
先代:
フレデリック・スタンリー
ダービー伯爵
第17代: 1908–1948
次代:
エドワード・スタンリー