麗水・順天事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
麗水・順天事件
各種表記
ハングル 여순 14연대 반란사건
漢字 麗順14聯隊反乱事件
発音 ヨスン シプサヨンデ パンランサゴン
日本語読み: れいじゅん じゅうよんれんたいはんらんじけん
英語 Yeosu-Suncheon Rebellion
テンプレートを表示

麗水・順天事件(れいすい・じゅんてんじけん、ヨス・スンチョンじけん)は、1948年10月19日大韓民国全羅南道麗水郡(現在の麗水市)で起こった軍隊反乱と全羅南道麗水郡慶尚北道盈徳郡京畿道金浦郡(現在の金浦市)で起きた民間人殺害事件[1]。韓国内では「麗順14連隊反乱事件여순 14연대 반란사건)」「麗水反乱[1]」「10.19事件」とも。

概要[編集]

1948年8月15日の大韓民国建国直後、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の執政党たる北朝鮮労働党と繋がりを持つ南朝鮮労働党(南労党)は各地の大韓民国国軍部隊に工作員を浸透させ、反乱や騒擾の機会を窺っていた。10月19日、済州島で起きた済州島四・三事件鎮圧のため出動命令が下った全羅南道麗水郡駐屯の国防警備隊第14連隊で、隊内の南労党員が反乱を扇動、これに隊員が呼応し部隊ぐるみの反乱となった。

反乱は麗水郡から隣の順天郡(現在の順天市)にも及んだが、李承晩大統領は直ちに鎮圧部隊を投入し、1週間後の10月27日に反乱部隊は鎮圧された。残兵はその後北部の山中へ逃げ込み、長くゲリラ抵抗が続いた。事件処理で韓国政府の左翼勢力摘発は過酷を極め、反乱部隊に加えて、非武装の民間人8000名が殺害された[1]。多くの者が日本へ密航・逃亡し在日韓国・朝鮮人となる背景となった[2]

事件の経過[編集]

麗水・順天事件の現場となった麗水郡
  • 10月19日夜、隊内の南労党細胞組織、約40名が兵器庫を占拠。ラッパを吹いて全隊員約2000名を整列させて反乱決起を促すと、隊内にいた北朝鮮シンパ多数が歓呼してこれに応じ、反対したものをその場で射殺したため全部隊(以下、反乱軍)が反乱に同意。反乱軍は直ちに車輌に分乗、麗水邑の麗水警察署、麗水郡庁などを占拠、警察官のほか、李承晩派の韓民党員、右翼幹部など数十名を連行し殺害した。
  • 10月20日、麗水邑内をほぼ掌握した反乱軍は、順天郡に駐留する第14連隊2個中隊と合流。その日の午後には順天をほぼ制圧した。光州より第四連隊の一個中隊が鎮圧に急派されたが、この部隊も指揮官を射殺して反乱に合流する。
  • 10月21日、李承晩政権は麗水・順天地域に戒厳令を敷き、鎮圧部隊10個大隊(以下、正規軍)に出動命令を出す。反乱軍は更に周辺地域にも掌握の手を広げ、光陽、谷城、宝城、求礼へと展開。22日も周辺集落へ展開し、徐々に求礼から智異山へ移動を続けた。
  • 10月23日、早朝、正規軍による順天攻撃が開始される。この時すでに反乱軍の主力は麗水及び北部山岳地帯に退いており、市内には守備についていた学生や市民が残っていただけであった。この為、ほとんど抵抗も無いまま午前11時に市内は鎮圧。正規軍は更に反乱軍を追って麗水邑に移動を開始する。
  • 10月24日、麗水へ向かう正規軍が反乱軍の待ち伏せに遭い、正規軍270名余が戦死。この時に鎮圧部隊総司令官も重傷を負う。この間に反乱軍の主力は北部の智異山へ移動。
  • 10月25日、麗水邑内へ正規軍侵攻。市内は反乱軍兵士200名余と学生、市民1000名余によって防御されていたが、正規軍の圧倒的武力により僅かな抵抗にとどまった。それでも市街戦は2日間続いたが、10月27日未明には完全に鎮圧された。ただちに市内各所で大規模な同調者の摘発が行われ、市民数千人が反乱共謀者として殺害された。中には全く無関係の市民も多数含まれていたといわれ、軍による大量虐殺の疑いが持たれている。
  • 複雑な地形の智異山に逃げ込んだ反乱軍は山中に潜伏し、ゲリラ闘争を展開。正規軍は度々掃討を行ったが頑強な抵抗に遭い、完全な終結を見たのは10年後の1957年であった。
  • 市街地における戦闘は10月27日中に沈静化したが、韓国軍による同調者摘発は周辺村落へも波及、軍に連行された住民の多くが処刑された。この時殺害を免れた者も、後の朝鮮戦争の混乱に乗じて殺害されたという。

影響[編集]

本事件による死者は一週間で2976名、行方不明887名、負傷1407名にのぼり、事件の首謀者と幹部152名が軍法会議で死刑となった。李承晩は本事件で韓国軍内に多数の南労党員が浸透していることを知り、大々的な粛清を実施、左翼や南労党員、光復軍出身者など約4700名あまりが韓国軍から排除された。これは当時の韓国軍全将兵の一割に近く、後に大統領となる朴正煕もこのとき逮捕され無期懲役を宣告されている。反乱部隊が第十四および第四連隊であったことから「四」の番号は不吉とされ、以後韓国陸軍の部隊番号の欠番とされた。

また、この事件を契機に、大韓民国国内の左翼勢力や反李承晩勢力除去の為、同1948年12月1日国家保安法が制定された[3]。その他にも学徒護国団が創立されている。

事件後、済州島と同様、地域全体に国家反逆のレッテルを貼られた住民は長い沈黙を強いられることとなった。事件の全容が公にされたのは民主化宣言後の1990年代に入ってからである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “Famillies commemorate 8,000 civilian victims the Korean War at Jogye Temple Bereaved family members demand a government apology and compensation for civilian victims” (英語). ハンギョレ. (2009年12月15日). http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_national/393446.html 2010年1月26日閲覧。 
  2. ^ “【その時の今日】「在日朝鮮人」北送事業が始まる”. 中央日報. (2010年8月23日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=132367&servcode=100&sectcode=120 2010年8月27日閲覧。 
  3. ^ 尹載善『韓国の軍隊――徴兵制は社会に何をもたらしているか』中央公論新社〈中公新書1762〉、東京、2004年8月25日、初版発行、138-139頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]