ロバート・ランガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年10月4日、フィンランドのヘウレカ科学センターにて

ロバート・ランガーロバート・サミュエル・ランガー: Robert Samuel Langer1948年8月29日 - )[1]アメリカ合衆国生体工学者マサチューセッツ工科大学(MIT)で化学工学科および生物工学科の教授職を務めている。MIT最高位の教授Institute Professorの一人。

専攻はドラッグデリバリーシステムおよびティッシュエンジニアリング。1100を超える論文を出版し、 760もの特許を抱えている。MITにおけるランガーの研究室は、年間1000万ドルの研究費と100人を超える研究者を抱える世界最大の生体工学研究室とされている。

ニューヨーク州オールバニ生まれ。1970年にコーネル大学学士号を取得し、1974年にマサチューセッツ工科大学で化学工学の博士号(Sc.D.)を取得した。

業績[編集]

薬物放出制御技術およびティッシュエンジニアリングの生みの親として知られており、「医学の歴史上最も多産な発明家の一人」と称されている。ランガーが発明した人工皮膚投薬システムなどの数々の技術は、ガン心臓病、その他多くの病気の治療法に画期的な変化をもたらしている。 また、アメリカ国家アカデミーの4つの組織のうち3つ(米国科学アカデミー米国工学アカデミーアメリカ医学研究所)の会員に史上最年少で(43歳)で選出された。

受賞歴[編集]

180を超える主要な賞を受賞している。

脚注[編集]

  1. ^ 京都賞公式 2014.
  2. ^ テルモ国際賞 2012.
  3. ^ “京都賞とブループラネット賞決まる”. 日経サイエンス 44 (9): 21. (2014-09). 

外部リンク[編集]

(ランガーの紹介サイト)

(ランガーの講演記録)