アーダルベルト・フォン・プロイセン (1884-1948)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーダルベルト王子

アーダルベルト・フォン・プロイセン(Adalbert von Preußen, 1884年7月14日 - 1948年9月22日)は、プロイセン王国の王族・軍人。全名はアーダルベルト・フェルディナント・ベレンガル・ヴィクトルAdalbert Ferdinand Berengar Viktor)。ヴィルヘルム2世の三男。

アーダルベルトは1884年7月14日、ヴィルヘルム2世(当時皇太子)とその妃であったシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公フリードリヒ8世の娘アウグステ・ヴィクトリアの間に第三子としてポツダム大理石宮殿で生まれた。ヴィルヘルム2世によって与えられた洗礼名「アーダルベルト」はプロイセン海軍の設立に貢献したヴィルヘルム1世の従弟アーダルベルトと同じであり、これが彼が海軍へ進む動機となった。

アーダルベルトは1914年8月3日ヴィルヘルムスハーフェンザクセン=マイニンゲンゲオルク2世の孫娘アーデルハイト(1891年 - 1971年)と結婚した。

第一次世界大戦ではアーダルベルトはブレーメン級小型巡洋艦ダンチヒの司令として魚雷艇を指揮した。ドイツ革命発生時はキールにいたため深傷を負い、戦後はバートホンブルクヘッセン州ダルムシュタット県)へ逃れた。

その後アーデルハイトの健康が悪化したためしばしばスイスでの療養が必要になった。結局1928年に一家はスイスへ移り、はじめ数年はリンゲン伯夫妻(Graf und Gräfin von Lingen)と名乗って暮らした。元王子はドイツの政治にはほとんど関わらずに晩年をすごし、1948年9月22日に旅行で滞在していたレマン湖畔のLa Tour-de-Peilz(スイスのヴォー州)で死去した。

子女[編集]

妻のアーデルハイトとの間には以下の一男二女をもうけた。