フォルケ・ベルナドッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルケ・ベルナドッテ

フォルケ・ベルナドッテFolke Bernadotte af Wisborg, 1895年1月2日 - 1948年9月17日)は、スウェーデン外交官。スウェーデン王家であるベルナドッテ家の一員で、オスカル2世の次男オスカル・カール・アウグスト王子の子。グスタフ5世の甥に当たる。

スウェーデンの王位継承法では、君主の許可なく結婚した王族とその子孫は王位継承権と称号を失ったが、オスカル2世の王妃ソフィア(フォルケの父方の祖母に当たる)がルクセンブルク大公アドルフの異母妹であった関係で、1868年以降はルクセンブルク大公からそうしたスウェーデン王族全員に対して「ヴィスボリ(ヴィスビューの城塞群のこと)のベルナドッテ伯」の称号が授けられていた。そのためフォルケはベルナドッテ伯として知られている。

最初は近衛騎兵の将校であった。スウェーデン・アメリカ合衆国友好使節としてよくアメリカ合衆国を訪問した。第二次世界大戦中の1943年スウェーデン赤十字社副総裁、1946年には総裁となった。大戦中は捕虜交換のために活動し、1945年4月ハインリヒ・ヒムラーと会見し、ドイツの休戦・降伏交渉にも関与するが、不成功。

デンマーククルソーにあるフォルケ・ベルナドッテの記念像

1947年5月20日国連に請われ、1948年第一次中東戦争を解決するため、国連パレスティナ調停官に任命される。イスラエル政府とアラブとの和平に尽力するが、戦闘中の1948年9月17日、エルサレムで武装シオニスト過激派分子・シュテルン(正式名称「イスラエル自由戦士団」)によって国連軍将校とともに射殺された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]