サンドストーン作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンドストーン作戦エックスレイ実験

サンドストーン作戦(Operation Sandstone)はアメリカ合衆国が行なった核実験1948年エニウェトク環礁で行なわれた。3回の実験が行われている。本作戦はクロスロード作戦に続くもので、本作戦の後にはレンジャー作戦が行われている。

1947年6月にエニウェトク環礁にて実験を行なうことが決定され、住民約140名は12月までにウジェラング環礁へと移住させられた。

実験に使用された核兵器はMk3の改良型であり、爆縮型のものであった。核物質はエックスレイ実験では濃縮ウランプルトニウムが2対1(ウラン235が5kg、プルトニウムが2.5kg)となっている複合コアを用い、他の2回は濃縮ウランのみを用いた。また、コアとタンパー間に間隙が設けられ、より効率的に衝撃波が作用するようになっている。爆発は61mの塔上で行われた。実験の結果はMark 4核爆弾の開発に生かされた。

実験名 日付 (GMT) 位置 核出力 備考
エックスレイ (X-Ray) 1948年4月30日18:17 エニウェトク環礁 Engebi島 37キロトン 核分裂兵器
ヨーク (Yoke) 1948年5月14日18:09 エニウェトク環礁 Aomon島 49キロトン 核分裂兵器
ゼブラ (Zebra) 1952年11月16日18:04 エニウェトク環礁 Runit島 18キロトン 核分裂兵器

関連項目[編集]

外部リンク[編集]