アンヌ・ケフェレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンヌ・ケフェレック

アンヌ・ケフェレック(Anne Queffélec, 1948年1月17日 - )は、パリ生まれのフランスピアニスト

経歴[編集]

父親は作家のアンリ・ケフェレックHenri Queffélec)。弟ヤン・ケフェレックYann Queffélec)も有名な作家であり、その妻のブリジット・エンゲラーは義妹。5歳でピアノの演奏を始め、1964年パリ音楽院に入学。1965年にピアノで、1966年には室内楽でそれぞれプルミエ・プリ(1等賞)をとる。

その後、パウル・バドゥラ=スコダイェルク・デームスアルフレート・ブレンデルに師事し、1968年にはミュンヘン国際音楽コンクールで優勝した。それ以後も、国際舞台の中心で演奏をつづけ、経歴を重ねる。

ソロのコンサート・ピアニストとして有名であるばかりではなく、室内楽の分野でもよく知られている。彼女と共演したのは、カトリーヌ・コラールピエール・アモイヤルフレデリック・ロデオンFréderic Lodéon)、イモージェン・クーパーなどである。

ヴァージンエラート、ambroisieなどに録音も少なくない。1990年にはヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュジク(フランス音楽業界賞)で年間最優秀演奏家賞を受賞。

備考[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]