ボリス・ベルキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボリス・ダヴィドヴィチ・ベルキンBoris Davidovich Belkin ; ロシア語: Борис Давидович Белкин, 1948年1月26日 – )はロシアヴァイオリニスト

神童として6歳でヴァイオリンの学習を始め、7歳でキリル・コンドラシンの指揮のもと、モスクワ音楽院において最初の公開演奏を行なう。さしあたってモスクワ音楽院中央音楽学校においてユーリ・ヤンケレヴィチに、その後はフェリクス・アンドリイェフスキーに師事した。早くも在学中にソ連各地で国内の主要なオーケストラと共演し、1973年にはソ連国内のヴァイオリンコンクールで首位になっている。

1974年に西側に亡命し、それ以降はボストン交響楽団クリーヴランド管弦楽団ロサンジェルス・フィルハーモニックフィラデルフィア管弦楽団ピッツバーグ交響楽団モントリオール交響楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団バイエルン放送交響楽団イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団などの主要なオーケストラと、世界各地で共演してきた。

ジャン・シベリウスの伝記映画でウラディーミル・アシュケナージの指揮によりスウェーデン放送交響楽団と共演して《協奏曲》を演奏したほか、レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックとは、チャイコフスキーの《協奏曲》を演奏してテレビ放映された。同じくバーンスタインの指揮により、フランス国立管弦楽団ラヴェルの《ツィガーヌ》の演奏や、ベルナルド・ハイティンクの指揮とロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とのパガニーニの《協奏曲第1番》も放映されている。

このほかにこれまで共演してきた指揮者に、ズービン・メータロリン・マゼールリッカルド・ムーティ小澤征爾広上淳一クルト・ザンデルリングユーリ・テミルカーノフウラジミール・フェドセーエフユーリ・アーロノヴィチクリストフ・フォン・ドホナーニシャルル・デュトワギュンター・ヘルビヒクラウス・テンシュテットサイモン・ラトルパーヴォ・ベルグルンドエドゥアルド・マータチャールズ・グローヴズエーリヒ・ラインスドルフウィリアム・スタインバーグフランツ・ウェルザー=メストマイケル・スターンなど。

1997年にはアイザック・スターンに招かれて宮崎国際音楽祭で共演した。室内楽奏者としては、同じ旧ソ連出身者のユーリ・バシュメットミッシャ・マイスキーらと共演している。

1987年よりシエーナキジアーナ音楽院においてマスタークラスを主宰している。

外部リンク[編集]