ギュンター・ヘルビヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギュンター・ヘルビヒ(またはヘルビッヒ, Günther Herbig, 1931年11月30日 - )は、チェコスロバキア出身のドイツ指揮者ズデーテン地方のアウシヒ・アン・デア・エルベ(Aussig an der Elbe, チェコ語ウースチー・ナド・ラベム)生まれ。

経歴[編集]

1951年フランツ・リスト・ヴァイマル音楽大学ヘルマン・アーベントロートに指揮法を師事した。さらにヘルマン・シェルヘンアルヴィド・ヤンソンスの許で修業を重ね、ヘルベルト・フォン・カラヤンの薫陶も受けた。エアフルトポツダムオペラ指揮者として活動を始め、1956年にヴァイマル歌劇場の楽長に就任した。1966年から1972年にかけてベルリン交響楽団の指揮者を務め、1977年に首席指揮者に昇進する。1972年から1977年までドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に就任した。やがて東ドイツ体制への嫌悪感から、1979年ダラス交響楽団BBCフィルハーモニックにそれぞれ客演したのを皮切りに、西側への脱出を模索する。1984年デトロイト交響楽団の首席指揮者として渡米した後、1988年から1994年までトロント交響楽団の音楽監督に就任した。1990年代にはイェール大学指揮法の教鞭を執っている。2001年から2006年までザールブリュッケン放送交響楽団の音楽監督に就任する。国際的には、客演指揮者のスクロヴァチェフスキの知名度の陰に隠れがちであったが、オーケストラビルダーとして同楽団の演奏技術の水準を向上させた功績は大きい。2008年からは台湾の国家交響楽団の芸術顧問、首席客演指揮者を務めている。

作品そのものによって語らせるタイプの指揮者であり、奇をてらった演出を避け、淡々とした誠実な演奏様式で知られている。とりわけハイドンブラームスと相性がよく、速めの快いテンポと自然な情感が際立っている。ブルックナーマーラーの作品においても同じような演奏様式を貫いており、聴いた後にもたれかかるような重苦しさが残らない代わりに、ともすれば無個性的で面白みに欠けるとも言われ易い。このような特徴のためか、米国では人気のある指揮者であるのに対して、日本では、これまで3度の来日歴にもかかわらずあまり注目されてこなかった。