ユーリ・テミルカーノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーリ・テミルカーノフ

ユーリー・テミルカーノフYuri Khatuevich Temirkanovロシア語: Юрий Хатуевич Темирканов〕, 1938年12月10日 - )はロシア人指揮者

略歴[編集]

1977年から1988年までキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)の芸術監督・首席指揮者を務め、1988年よりレニングラード・フィルハーモニー交響楽団(現在はサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の音楽監督と首席指揮者を兼務。1978年から英国ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を定期的に客演し1992年に同楽団の首席指揮者に、1998年から桂冠指揮者に任命される。1998年からボルティモア交響楽団の音楽監督を務めた。

チャイコフスキーラフマニノフプロコフィエフショスタコーヴィチといった伝統的なロシア音楽のレパートリーを得意としている。日本人ヴァイオリニストの庄司紗矢香とは、近年深い信頼関係にあり、2008年の来日公演でも協演した。

近年は手兵のサンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団を率いて、ヨーロッパや日本において精力的な公演を行っている。2006年11月の来日公演ではショスタコーヴィチオラトリオ森の歌』を、スターリンを賞賛する内容であるオリジナルのテクストを用いて演奏した。また、2008年10月の来日公演では「テミルカーノフ70歳記念・チャイコフスキー・フェスティバル」と題し、チャイコフスキーの連続演奏会を行った(この際、東京での一公演にて体調を崩し、公演をキャンセルした)。

ショスタコーヴィチを取り上げる際は、作者が曲に込めたといわれる政治的なメッセージなどについて詮索をせず、あくまでも純音楽として評価し、演奏するというスタイルを貫いている。

先代:
アルヴィド・ヤンソンス
レニングラード交響楽団
音楽監督
1968 - 1977
次代:
アレクサンドル・ドミトリエフ
先代:
エフゲニー・ムラヴィンスキー
レニングラード・フィルハーモニー交響楽団
音楽監督
1988 -
次代:
先代:
デイヴィッド・ジンマン
ボルティモア交響楽団
音楽監督
1998 - 2006
次代:
マリン・オールソップ
先代:
ブルーノ・バルトレッティ
パルマ・レージョ劇場
音楽監督
2009 -
次代: