クリスティアーヌ・ヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリスティアーヌ・ヘッドChristiane Head1948年11月6日 - )は、フランスシャンティイ調教場を拠点とする調教師。父はオーナーブリーダーアレック・ヘッド、母のジスライン・ヘッドは馬主、兄のフレディー・ヘッドも調教師、祖父のウィリアム・ヘッドは元騎手である。娘の夫のカルロス・ラフォン=パリアスも調教師である。クリスチャン・ヘッドクリスチャン・ヘッド=マーレック (Maarek) 、クリケット・ヘッド (Criquette Head) と表記されることもある。ほかにもマダム・ヘッドと呼ばれることもある。

おもな管理馬[編集]

エピソード[編集]

  • 1997年に日本へ遠征し、中央競馬スプリンターズステークスキステナ (Kistena) を出走させたが、タイキシャトルに敗れて14着という結果に終わっている。
  • 1998年にタイキシャトルがジャック・ル・マロワ賞に出走した際には、前述の通り前年のスプリンターズステークスで実際にタイキシャトルの走りを見ていることから「あの馬に勝つのは難しい」とタイキシャトルを高く評価していた。なお自身の管理馬であるMarathonも同レースに出走していたが結果は最下位だった。
  • 2006年モーリス・ド・ゲスト賞に管理馬のクワイエットロイヤル (Quiet Royal) が出走して5着となった際に、騎手を務めたオリビエ・ペリエの騎乗に対して批判を行い、もうペリエを騎乗させないといった発言をしたことが話題となった。その後クワイエットロイヤルの馬主でペリエと優先騎乗契約を結んでいるヴェルトハイマー兄弟(アラン・ヴェルトハイマーとジェラール・ヴェルトハイマー)はクワイエットロイヤルをカルロス・ラフォン=パリアス厩舎に移籍させた。なお2005年のミエスク賞 (G3) ではクワイエットロイヤルにペリエが騎乗して優勝している。

関連項目[編集]