ドリーン・マッシー (地理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリーン・マッシー
Doreen Massey
人物情報
生誕 1944
マンチェスター
市民権 イギリスの旗 イギリス
出身校 オックスフォード大学ペンシルベニア大学
学問
研究分野 経済地理学社会地理学
主な受賞歴 ヴィクトリア・メダル (1994)
ヴォートリン・ルッド国際地理学賞 (1998)
テンプレートを表示

ドリーン・バーバラ・マッシー(Doreen Barbara Massey, FRSA FBA AcSS1944年 - )は、イギリス社会科学者地理学者で、特にマルクス主義地理学 (Marxist geography) が典型的に取り上げてきた主題を取り上げてきた。現在は、オープン大学の地理学名誉教授である[1]

経歴[編集]

マッシーはマンチェスターに生まれ、ウィゼンソー (Wythenshawe) の大規模な公営住宅地区に育った[2]オックスフォード大学に学び、ペンシルベニア大学地域科学 (Regional Science) の修士号を取得し、ロンドンシンクタンクであった環境研究センター (Centre for Environmental Studies, CES) で働き始めた。CESには、当時のイギリス経済について重要な分析家たちが何人も所属しており、マッシーは特にリチャード・ミーガン (Richard Meegan) と共同研究を行なった。CESが廃止された際、マッシーはオープン大学へ教員として移った[3]

ドリーン・マッシーは2009年に大学を退職したが、その後もしばしばメディアにコメンテーターとして登場しており、特に産業や地域動向について論じている。オープン大学の名誉教授として、現在も講演を行ったり、テレビの教育番組に参加したり、本を出したりし続けている。

研究[編集]

ドリーン・マッシーのおもな研究分野は、グローバリゼーション、地域不均等発展、都市場所 (place) の再概念化である。マッシーは同時代の西側資本主義社会の分析をおもに行なっているが、ニカラグア南アフリカ共和国ベネズエラについても研究対象としている。

経済地理学[編集]

マッシーは、CESに所属していた当時の、初期の著作によって、「労働の空間的分業 (spatial divisions of labour)」理論(権力の幾何学Power Geometry)の基礎を確立し、社会的不平等は資本主義経済の不均等性 (unevenness) によって生み出されるものであり、富める地域と貧しい地域の間、社会階級の間には、硬直化した分断が生じると論じた。貧困福祉には「空間が関わる (Space matters)」のである。その後の年月の経過の中で、マッシーは、空間と空間的関係を現代社会の解明の中心に置き続けながら、この理論の精緻化と拡張を進めた。

場所の意識[編集]

マッシーは、場所の重要性について議論してきたが、彼女は、本質論的、静態的な概念として場所を捉えることに反対する立場に沿うものであり[4]、そこでは、

  • 場所は単一のアイデンティティー(同一性)をもつものではなく、そのアイデンティティは重層的 (multiple) である
  • 場所は時間の流れに対して固定されているものではなく、過程 (processes) である
  • 場所は明確な内部と外部をもつような囲い込まれたもの (enclosures) ではない

と考えられている。

マッシーは、「A Global Sense of Place」という論文において、ロンドン北西部キルバーン (Kilburn) のキルバーン・ハイ・ロード (Kilburn High Road) に例をとり、場所についての、彼女の言う「先進的 (progressive)」ないし「グローバル」な意識を例示している[5]

Social Science Bites によるポッドキャストのインタビューで、マッシーは物理的空間を生きているものと捉える見方について語っている [6][7]

おもな受賞歴[編集]

著作[編集]

  • Cordey-Hayes, M. & Massey, DB.. 1970. An operational urban development model of Cheshire. London: Centre for Environmental Studies.
  • Massey, D.B. 1971. The basic: service categorisation in planning London: Centre for Environmental Studies.
  • Massey, D.B. 1974. Towards a critique of industrial location theory London: Centre for Environmental Studies.
  • Massey, D.B & Batey, P.W.J. (Eds)(1977) "Alternative Frameworks for analysis", London:Pion (ISBN 085086061X)
  • Massey, D.B. & Catalano, A. (1978) Capital and land: Landownership by capital in Great Britain. London: Edward Arnold. (ISBN 0713161086 and 0713161094 pbk)
  • Massey, D.B. & Meegan, R.A. (1979) The geography of industrial reorganisation: The spatial effects of the restructuring of the electrical engineering sector under the industrial reorganisation corporation. Oxford and New York: Pergamon Press.
  • Massey, D.B. & Meegan, R.A. (1982) The anatomy of job loss: The how, why, and where of employment decline. London and New York: Methuen.
  • Massey, D.B. (1984) Spatial divisions of labor: Social structures and the geography of production. New York: Methuen.
  • Massey, D.B. (1987) Nicaragua. Milton Keynes, England and Philadelphia: Open University Press.
  • Massey, D.B. (1988) Global restructuring, local responses. Atwood lecture. Worcester, Mass.: Graduate School of Geography, Clark University.
  • Ginwala, F, Mackintosh, M, & Massey, D.B. (1991) Gender and economic policy in a democratic South Africa. Milton Keynes, U.K.: Development Policy and Practice, Technology Faculty, Open University.
  • Massey, D.B. (1994) Space, place, and gender. Minneapolis: University of Minnesota Press.
  • Massey, D.B. (1995) Spatial divisions of labor: Social structures and the geography of production 2nd edition. New York: Routledge.
    • 日本語訳:ドリーン・マッシィ(富樫幸一松橋公治 訳)『空間的分業 - イギリス経済社会のリストラクチャリング』古今書院、2000年
  • Hall, S., Massey, D.B., & Rustin, M. (1997) The next ten years. London: Soundings.
  • Allen, J., Massey, D.B, Cochrane, A. (1998) Rethinking the region. New York: Routledge.
  • Massey, D.B (2005) For Space, London: Sage (ISBN 1412903610 & 1412903629)
  • Massey, D.B. (2007). World City, Cambridge: Polity Press.
  • Massey, D.B. (2010). World City, published with new Preface: "After the Crash", July 2010. Cambridge: Polity Press

脚注[編集]

  1. ^ a b Open University. “Prof Doreen Massey - Profile”. 2008年6月16日閲覧。
  2. ^ Doreen Massey”. Geographical. 2014年3月3日閲覧。
  3. ^ Staff Profile Prof Doreen Massey”. 2013年3月29日閲覧。
  4. ^ Dovey, Kim: Becoming Places, Routledge, 2010
  5. ^ Massey, Doreen (1991年6月24日). “A Global Sense of Place”. Marxism Today 38. 
  6. ^ Doreen Massey on Space”. Social Science Bites. 2014年3月23日閲覧。
  7. ^ Doreen Massey on Space_Social Science Bites”. SAGE. 2014年3月23日閲覧。
  8. ^ “Professor wins 'geography Nobel'”. The Independent. (1998年10月1日). http://www.independent.co.uk/news/education/education-news/open-eye-professor-wins-geography-nobel-1175395.html 2013年3月10日閲覧。 
  9. ^ Doreen Massey: Ριζοσπαστική χωρικότητα και δημοκρατία

外部リンク[編集]