立地論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

立地論(りっちろん、ドイツ語: Standortstheorie英語: location theory)は、経済活動の地理的立地に関わる理論であり、経済地理学地域科学空間経済学において重要な基礎的部分となっている。 立地論は、どのような経済活動がどこに立地するか、それはなぜなのかを問題とする。立地論は、ミクロ経済学の理論が一般的にそうであるように、個々の経済主体(エージェント)は、自己の利益のために行動するという前提を置いている。したがって、事業所はその利益を最大化するように立地を選択し、個人は効用を最大化するように立地を選択することになる。

起源[編集]

立地論の先駆として前史的に言及される早い時期の業績(例えば、リチャード・カンティロンエティエンヌ・ボノ・ドゥ・コンディヤックデイヴィッド・ヒュームサー・ジェームズ・ステュアートデヴィッド・リカードなど)も存在するものの、ヨハン・ハインリヒ・フォン・チューネンの『孤立国』第1巻が1826年に刊行されたときから、立地論は本格的に論じられるようになった[1][2][3]地域科学の創始者ウォルター・アイザードは、フォン・チューネンを「立地論の父」と呼んでいる[4]。『孤立国』においてフォン・チューネンは、輸送費がリカルドの言う経済的地代(economic rent)を消費することを指摘している。フォン・チューネンは、輸送費や経済的地代は財によって異なるため、市場からの距離に応じて、土地利用や利用強度は異なったものとなると論じた。しかし、フォン・チューネンは、孤立国、ないし、独立したひとつの都市を想定した、過剰に単純化された議論だ、という批判が大方の反応であった[5]

スウェーデンのトルド・パランダー(Tord Palander)は、1935年の著作『立地論研究 (Beiträge zur Standortstheorie)』で、競争する2つの企業による市場の地域的分割を論じた[6]

立地論は、フォン・チューネンの時代から、今日、中心地理論として理解されている内容の大部分を構築したヴァルター・クリスタラー1933年の著作『都市の立地と発展 (Die Zentralen Orte in Sűddeutschland)』[7]まで、もっぱらドイツの研究者が担い手となっていた。とりわけ重要な貢献を残したのは、『工業立地論 (Über den Standort der Industrien)』を1909年に著したアルフレート・ヴェーバーであった[8][9]ピエール・ヴァリニョンのアイデアを取り入れた物理的なフレーム(Varignon frame)に似たモデルを応用し、ヴェーバーは、原料と完成した製品それぞれの輸送運賃や製造施設から、工場の最適立地を求めるアルゴリズムを導いた。ヴェーバーはまた、労働の要素によって生じる偏向や、集積がもたらす偏向(集積を促す力も逆の力もある)についても考察した。さらにヴェーバーは、生産単位のグルーピングも論じており、アウグスト・レッシュ(August Lösch)の市場地域論を予見させるものとなっている。

ウェーバーの業績とされているものの多くは、ウェーバーの業績以前にヴィルヘルム・ラウンハルト(Wilhelm Launhardt)が構想していた。しかも、ラウンハルトの分析内容は、ウェーバー以上に驚くほどモダンであった。しかし、ラウンハルトは彼の時代よりもあまりに先へ進みすぎており、同時代の人々の多くはそれを理解できなかった。ウェーバーがラウンハルトの業績に接していたかどうかは、明らかになっていない。ウェーバーが明らかに影響を受けていたのは、ヴィルヘルム・ロッシャーアルベルト・シェフレなどであるが、彼らはラウンハルトを読んでいた可能性が高い。いずれにせよ、立地論の思想が盛んに展開されるようになるのは、ウェーバーの著書が出版されて以降のことであった。

他分野での使用[編集]

立地論は、経済学以外の分野でも使用されており、例えば保全生態学においては、過去の研究例の対象地域を踏まえて、研究に適した新たな対象地域を探る手法として用いられている[10]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Thünen, Johann Heinrich von. 1783-1850. Der Isolierte Staat in Beziehung auf Landwirtschaft und Nationalökonomie, oder Untersuchungen über den Einfluss, den die Getreidepreise, der Reichtum des Bodens und die Abgaben auf den Ackerbau ausüben, Vol. 1,. : Der Isolierte Staat..., Vol II: Der Naturgeässe Arbeitslohn und dessen Verhältnis zum Zinsfuss und zur Landrente, Part 1 :翻訳 - Thünen, Johann Heinrich von 『孤立国』 近藤康男、熊代幸雄訳、日本経済評論社〈近代経済学古典選集〉、1989年ISBN 978-4818803435
  2. ^ 英語による解説 - Crosier, Scott. “Johann-Heinrich von Thünen: Balancing Land-Use Allocation with Transport Cost”. Center for Spatially Integrated Social Science. 2011年12月30日閲覧。
  3. ^ Dempsey, Bernard W. (1960). The Frontier Wage. Chicago: Loyola University Press. pp. 187-367. :Dempsey は、1863年に出版された『孤立国』第2巻第2部の英訳者。
  4. ^ Isard, Walter (1956). Location and Space-economy; a General Theory Relating to Industrial Location, Market Areas, Land Use, Trade, and Urban Structure. Cambridge: the Technology Press of Massachusetts Institute of Technology and Wiley. p. 27. :翻訳 - アイザード 『立地と空間経済 工業立地,市場地域,土地利用,貿易および都市構造に関する一般理論』 木内信蔵(監訳)、細野昭雄ほか訳、朝倉書店、1964年
  5. ^ Richards, H. A. (1962). “Transportation Costs and Plant Location: A Review of Principal Theories”. Transportation Journal 2 (2): 19-24. .
  6. ^ Palander, Tord (1935). Beiträge zur Standortstheorie. Uppsala: Almqvist & Wiksells Boktryckeri. :翻訳 - パランダー, トルド 『立地論研究』 篠原泰三訳、大明堂、1984年
  7. ^ Christaller, Walter (1933). Die Zentralen Orte in Sűddeutschland. Jena. :翻訳 - クリスタラー, ヴァルター 『立地論研究』 江沢譲爾訳、大明堂、1969年、396頁。
  8. ^ Weber, Alfred (1909). Über den Standort der Industrien. Tübingen. :翻訳 - ヴェーバー, アルフレート 『工業立地論』 日本産業構造研究所訳、大明堂、1966年、293頁。
  9. ^ 英語による解説 - Fearon, David. “Alfred Weber: Theory of the Location of Industries, 1909”. Center for Spatially Integrated Social Science. 2011年12月30日閲覧。
  10. ^ Hidden Treasures at the Australian Museum”. Catalyst, ABC (2010年8月26日). 2010年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]