下部温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg下部温泉
Shimobe-onsen.jpg
下部温泉 神泉橋
温泉情報
所在地 山梨県南巨摩郡身延町下部
交通 鉄道:身延線下部温泉駅を下車。湯町の温泉街は下部温泉駅より約2.5Km
泉質 単純温泉
宿泊施設数 30
テンプレートを表示
下部温泉の空中写真。(1978年撮影)
写真左上に見える身延線下部温泉駅より東南方向(右下)、小さな河川が蛇行する狭い谷間に温泉街が形成されている様子が分かる。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

下部温泉(しもべおんせん)は山梨県南巨摩郡身延町下部にある温泉

泉質[編集]

元々ある旧源泉および2006年に湧出した供用開始した新源泉(しもべ奥の湯高温源泉)で異なることから表にしてまとめる。

下部温泉温泉相特性
源泉名 泉質 泉温 pH数  湧出量 試験日
旧源泉 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉) 31.3℃ 9.0 測定不能 2005年1月31日
新源泉 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉) 51.0℃ 9.3 毎分445.5L 2006年5月31日

効能[編集]

  • 疲労回復、外傷、火傷、リューマチ、神経痛

※注 : 効能はその効果を万人に保証するものではない

概要[編集]

甲斐国志』に拠れば、承和3年(836年)に熊野権現が出現して温泉が湧いたといわれ、温泉を中心に下部村が形成される。鎌倉時代日蓮書状(『日蓮聖人遺文』)や室町時代には塩山向嶽寺の開祖抜隊得勝が湯治をしたと伝わり(『抜隊語録』による)、甲府の一蓮寺過去帳にも名前が見られる。戦国時代に下部村は湯之奥金山や木材伐採など河内地方の産業を支える拠点にもなり、下部温泉は河内領主である武田一族の穴山氏が再興し(天正6年(1578年)7月20日佐野次郎右衛門尉宛穴山信君朱印状、風水被害を受けた温泉の復興を命じる内容)、徳川家康も入浴したという(『国志』)。

江戸時代湯治場となり、身延山久遠寺参詣者も利用した。戦国時代には武田信玄隠し湯であるとする付会伝説が加わり、近代には富士身延鉄道(身延線)の開通により浴客は急増した。1956年(昭和31年)6月15日国民保養温泉地に指定。

源泉鉱泉分析法指針に基づく「低温泉」に指定されているほどの非常にぬる湯であり、旧源泉を使用している多くの温泉宿では源泉そのままの湯と加温した湯の2種類の浴槽を用意している[1]

2004年(平成18年)の温泉偽装問題では、一部の源泉が温泉法の規定外であることがわかり[2]、山梨県衛生公害研究所による詳細な検査の結果、泉温が21.7℃と温泉法の定める25℃以上を大きく下回っていたことが発表された[3]。この源泉では1969年に25.9℃と温泉法の規定を満たしていることを確認した後、低温の地下水の泉脈への流入量が増加し、それにより泉温低下が発生したと推測されている。これを受けて新たな源泉掘削を行った結果、2006年(平成18年)に高温の源泉が湧出。新源泉は「しもべ奥の湯高温源泉」と名付けられ供給を開始している[4]

温泉街[編集]

旧下部町南西部に位置している。南東の毛無山西麓で、富士川の支流で毛無山から発する下部川(湯川)に沿って静かな温泉宿が並んでいる。下部温泉前には温泉街最大の宿泊施設下部ホテルがあるほか、源泉館の足下湧出泉が有名である。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yahoo!トラベル 下部温泉の紹介より
  2. ^ 2004年9月3日、毎日新聞記事
  3. ^ 2004年10月5日、朝日新聞記事
  4. ^ 下部温泉観光旅館協同組合ホームページより
[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度25分22秒 東経138度28分55秒 / 北緯35.42278度 東経138.48194度 / 35.42278; 138.48194