穴山氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

穴山氏(あなやまし)は、武田氏一族で甲斐国国人領主。戦国時代末期まで甲斐南部の河内地方(現在の西八代郡南巨摩郡一体)を領し、甲斐東部の郡内地方を領した小山田氏とともに甲斐国内で領域権力を及ぼした。家紋は三つ花菱。

来歴[編集]

穴山氏の成立と河内入府[編集]

穴山氏は南北朝時代に甲斐守護武田氏当主の武田信武の子の義武(修理大夫)が巨摩郡逸見郡穴山(山梨県韮崎市穴山町)を本貫とし、穴山姓を称したのが始まりとされる。巨摩郡穴山は甲府盆地の北西端に位置し、七里岩と呼称される台地上に立地する。

義武は父の信武とともに北朝方・足利尊氏に従い戦ったと言われ、諸系図では義武を穴山氏の祖としているが、諸系図を除けば義武が穴山姓を興した記録は見られず、義武以前に在地豪族の穴山氏が存在しおり、守護武田信武が在地豪族穴山氏に子の義武を養子として当主に据え、その勢力を取り込もうとしたとする見方もある[1]。また、守護武田信武が義武を穴山氏の養子に送り込んだ背景として、佐藤八郎は甲斐北西部に勢力を持っており武田氏と敵対していた逸見氏に対抗する意図があったとしている[2]

義武には実子がなく、守護武田信春の子信元(満春)が養子となり継承したという。南北朝期の明徳4年(1392年)に河内地方を領していた南朝方の南部氏が陸奥国に移住し、河内領は穴山氏に与えられたという[3]

応永23年(1416年)には関東で上杉禅秀の乱が発生し、甲斐守護武田信満は禅秀方に属し、鎌倉公方足利持氏によって討伐された。『一蓮寺過去帳』の記事に拠り穴山満春は従来信満とともに滅亡したと考えられていたが、佐藤八郎は満春が嫡子信重とともに禅秀の乱に加担せず、高野山において出家していたことを指摘している[4]

その後、守護不在状態となっていた甲斐では鎌倉公方に属した逸見有直が勢力を持ち(『鎌倉大草紙』)、将軍足利義持は満春を還俗させ武田信元と改名し、甲斐守護・武田氏を継承させた。信元は甲斐へ帰国すると、信濃守護小笠原政康や信満の子信長の後援を受けて逸見氏に対抗し、南部氏や下山氏、岩間氏、常葉氏らを駆逐し河内領下山・南部の奪還も試みている。

信元は応永25年(1418年)から応永28年(1421年)頃に記録から見られなくなり死去したと考えられており、武田氏の後継は信満の子信重が継承する。穴山氏は信元が甲斐を離れた時期から当主不在であったと見られ、その間隙を衝いて在地の穴山一族が台頭し、鎌倉公方や逸見氏と協調していたと考えられている[5]。信重帰国後は、信重の子信介(のぶすけ)が継承する。信介は信重の後援を受け下山・南部方面に攻勢を加えていたと見られるが、信重に先立ち宝徳2年(1450年)に死去している。

甲斐国志』に拠れば、信重は宝徳3年(1450年)11月24日に信元の子とされ小山城主の穴山伊豆守に襲われて戦死したという。穴山伊豆守は信元の次男とされ、当時勘気を受けて追放されていたため、信介が養子として穴山家を継ぐに至ったが、これを恨んだ伊豆守が信重を殺害したのだという。

甲斐の内乱と穴山氏[編集]

戦国期には武田宗家の内訌が有力国衆を巻き込んで展開し穴山信懸の頃には駿河今川氏に帰属していたと考えられている。甲斐の乱国が武田信虎により統一へ向かうと穴山氏では武田氏への従属を巡り内訌が発生していたと考えられており、穴山信懸はこの過程で暗殺されている。

信風は享禄4年(1531年)に守護武田信虎と甲斐有力国衆、信濃諏訪氏らの連合軍と戦った河原辺合戦と同年に死去しており、信虎と敵対していた可能性が考えられている。武田信虎が甲斐国内を統一すると、次代の信友は武田宗家に従属し、信友は信虎の娘を妻に迎えて武田家との関係強化に努め、居館を南部から下山館へ移して新城下町を形成する。

戦国期の穴山氏[編集]

なお、穴山氏の河内領における領域支配は信友期から発給文書が見られ、穴山氏が自立的な国衆として支配を行っている一方で、武田氏の従属下にある点も指摘されている。一方で、信友・信君期には武田家中に属しつつも駿河今川氏とは独自の外交関係を結び、甲相駿三国同盟の一環である甲駿同盟に際した武田・今川間の婚姻などを仲介しており、今川家から所領も得ている。

戦国時代の甲斐の統一、領国拡大期にあたる信虎晴信(信玄)、勝頼の頃には信友信君勝千代と相次いで武田氏と婚姻を結んだ当主が出現し、発給文書の数も最大となり河内地方の支配も盛期を迎える。武田家の庶家の多くが他姓を称しているのに対し、穴山氏は武田姓を称することが許されている。

信君は信玄・勝頼期に御一門衆筆頭の立場にあり、永禄12年からの駿河今川領国への侵攻(駿河侵攻)においては庵原郡興津領を預けられ、勝頼期の天正3年の江尻城代山県昌景の死後には江尻領を支配した。

武田氏の滅亡と穴山氏[編集]

天正10年(1582年)3月には尾張国の織田信長徳川家康連合軍の甲州征伐を前に家康を通じて織田方へ内通し、河内・江尻領安堵と武田宗家相続の確約を得た。信君は信長への返礼に上方を訪れていたが、同年6月に信長が家臣明智光秀によって討たれた本能寺の変後の混乱のなか、甲斐への帰路に土民の襲撃を受けて落命した。

本能寺の変・信君の死により甲斐・武田遺領は無主状態となり、越後上杉氏や相模後北条氏、三河徳川氏の間で遺領を巡る天正壬午の乱が発生し、家康が甲斐を確保する。河内領には信君嫡男の勝千代がおり、勝千代は家康の庇護下で幼年当主として河内領・駿河領支配を認められる。翌天正11年(1583年)には信君娘が徳川家臣酒井家次に嫁ぎ、同年9月には家康と側室下山殿(信君の娘)との間に五男万千代(武田信吉)が誕生し、家康と穴山氏は関係を強める。

家康は信長死後の織田家において台頭した羽柴秀吉(豊臣秀吉)と対立し、天正12年(1584年)3月には織田信雄と結び小牧・長久手の戦いにおいて秀吉と戦っているが、穴山衆はこのときにも従軍している。また、翌天正13年に家康は信濃において自立した武田遺臣真田昌幸を攻めるが、この時にも穴山衆が従軍している。家康はその後豊臣政権に臣従し、天正18年8月には関東へ移封されている。

穴山氏の再興と断絶[編集]

穴山氏の当主であった勝千代は天正15年(1588年)6月に病没し穴山武田氏は断絶するが、家康は五男万千代に武田宗家を継がせ、天正18年の関東移封に際して河内領・駿河領を離れ信吉は下総国小金城に入城する。なお、河内領を含む甲斐は豊臣系大名による支配を経て、関ヶ原の戦いの後に再び徳川領となっている。

信吉はその後文禄元(1592年)に下総国佐倉城主、慶長7年(1602年)に常陸国水戸藩主となっているが、翌慶長8年に信吉は死去し再び断絶する。穴山家臣は信吉の移封に伴い関東に移り、信吉の死後は離散したものが多いが、家康の子頼宣が水戸徳川家を起こし水戸藩主となると、穴山遺臣の一部は水戸家臣となっている。

河内領の支配[編集]

河内領は甲斐南部に位置し、甲府盆地南西縁で釜無笛吹川が合流した富士川が南北に流れる。富士川流域に平坦地が広がるが領域の大半は山地で、木材をはじめとした天然資源に富み、富士川添いには甲斐・駿河間を結ぶ主要街道のひとつである駿州往還(河内路)が通り、通商の要衝でもあった[6]

河内領では南部氏時代に南部の南部氏館を中心とした支配が行われており、穴山氏の入部後は南部氏館が穴山氏館となり、引き続き支配拠点になっていたと考えられている。一方、下山は穴山氏が武田氏に従属した信友期に居館が移転され城下町が開発された新支配地で、信君期には完成・発展し商職人が集住し、甲斐・駿河方面から身延山久遠寺への参詣客も往来した。

下山は南部と比較して甲府に近いため武田宗家に従属した政治的背景を反映しているが、一方で駿河今川氏の政治的中心地である駿府へも近く、信友・信君期に穴山氏は今川氏と独自の外交関係を築いており、一定の自立性をもっていたことも指摘される。

一方、河内領の伝統的中心地であった南部には南部宿が存在する交通の要地で、穴山氏の直轄支配であったと考えられており、穴山氏の菩提寺である円蔵院の寺領も存在する。

河内領は大半が山地である地理的特徴から、木材資源の産出など山の生業が盛んで、薬袋の佐野氏など代官の存在も確認される。また、板材加工を担う山造の飼育、下山大工などの番匠狩猟などの山の諸生業が存在した。

ほか、戦国期甲斐国・武田領国には黒川金山など多くの金山が開発されているが、河内領においても北部の早川流域に黒桂金山・保金山や湯之奥金山などが存在しており、信友・信君期に代官を通じた金の採掘が行われている。こうした山の生業を営む諸商職人は領主である穴山氏の被官となり奉公関係を結び、在地有力者は穴山家中を構成し、佐野氏らの家老も輩出している。

研究史[編集]

戦後には実証主義的手法による戦国大名武田氏の研究が本格化するが穴山氏を総合的に対象とした研究は少なく、武田宗家に関する論考や文献において概説的に触れられていた。

1961年には標泰江は基礎的な系譜考察を行っているほか、磯貝正義は1974年に『武田信重』において東国情勢における穴山氏の位置づけを試み、上杉禅秀の乱以降の甲斐国衆に関する研究を展開している秋山敬は武田親族衆としての穴山氏の位置づけを行った。

その後も穴山氏について武田宗家に関する文献において言及される状態が続いたが、須藤茂樹柴辻俊六らにより領域支配の観点から信君・勝千代期の河内・江尻領支配の位置づけが試みられ、また戦後の戦国時代史研究の中核を無した戦国大名論研究においては、戦国大名の支配領域をひとつの領域国家として理解する説に対し、大名権力の独自性を否定し大名権力の淵源を室町期以来の守護公権として捉え戦国期を室町幕府の解体過程とする戦国期守護論や、戦国大名と同質の領域支配を行う国衆研究において、守護武田氏の穴山・小山田両氏の存在は注目され、矢田俊文らによる検討が行われる。

また、穴山氏の河内領支配は山村史の観点からも注目され、勝俣鎮夫白水智により山林資源の利用・金山経営などに関する検討が行われた。なお、金山経営については湯之奥金山の総合調査が行われている。

1999年(平成11年)には『南部町誌』が刊行され、町誌編さん委員の平山優により国衆としての台頭から武田家臣時代、織田・徳川氏に帰属し天正壬午の乱を経て滅亡に至るまでの通史が記された。

その後、武田氏研究の進捗や新出資料の増加、『戦国遺文』武田氏編や『山梨県史』の刊行などを経て研究状況が整い、『県史』通史編2では黒田基樹により穴山氏・小山田氏の概説が行われている。

秋山敬は2009年に「穴山信懸」において、独自の推論を交えた信懸期における武田宗家との政治的関係について新見解を提言している。これに対して平山優は2011年に『南部町誌』執筆部分を増補改訂した『穴山武田氏』を刊行し、系譜的位置づけ信懸暗殺の政治的背景などについて反論を行っているほか、武田家臣団における親族衆の位置づけから信君の宗家からの離反や武田家再興に関して新見解を提唱しているほか、穴山遺臣の動向についても言及している。

一族[編集]

系図[編集]

穴山氏系図は確実なものでは穴山氏を単独で扱ったものは見られず、武田宗家系図に包含される。

武田系図では円光院武田系図のほか近世初頭に成立した系図が存在し[7]、円光院武田系図では清和源氏・武田氏・逸見氏の系図に足利氏(室町将軍家・鎌倉公方家)の系図、武田信武以降の信縄までの甲斐武田宗家の系図、信君までの穴山系図、武田庶流今井氏の系図を組み合わせて武田系図が成立している。円光院武田系図には信虎・信玄・勝頼・信勝の宗家に続いて勝千代を記載した加筆部分があり、このことから円光院武田系図の成立は信君の没年である天正10年から勝千代の没年である天正15年の間に想定されると考えられている。

また、南松院武田系図は加筆以前の円光院武田系図を元に、信虎以降の武田宗家に勝千代の系譜と穴山氏に関係する詳細な注記を記載して成立したと考えられており、円光院武田系図の加筆部分や南松院武田系図の作成意図から、近世初頭の武田系図は穴山氏の由緒を誇張する意図が存在していたことが指摘されている。

       武田信武
        ┣━━━━┓
       穴山義武 武田信成
        |
        満春(信成の孫、武田信春の子)
        |
        信介武田信重の子)
        ┃
        信懸
        ┣━━┓
        信綱 清五郎
        ┃
        信友
        ┣━━┓
        信君 信嘉(信邦)
        ┃
        勝千代(信治)

脚注[編集]

  1. ^ 平山(2011)、p.9
  2. ^ 『韮崎市誌』韮崎市役所、1978年
  3. ^ 磯貝正義『武田信重』、『韮崎市誌』
  4. ^ 『韮崎市誌』
  5. ^ 平山(2011)、p.45
  6. ^ なお、穴山氏と同様に独自の領域支配を展開した武田家臣で地域国衆の小山田氏の郡内領も河内領と同様に大半が山地で地理的共通点をもち、山の生業や富士山登拝者への支配を特徴とし、相模後北条氏の領国に接し取次を務めるなど、穴山氏の河内支配を共通する点が多い。
  7. ^ 武田家系図については近年系譜資料論の観点から諸系図の資料的性格が検討され、西川広平「武田氏系図の成立」峰岸純夫・入間田宣夫・白根靖大編『中世武家系図の史料論』(下巻、2007年、高志書院)、西川「南松院所蔵武田氏系図について-武田氏系図成立の一考察-」『山梨県立博物館研究紀要』第二集、2008)がある。

参考文献[編集]

  • 渡邉正男「室町幕府・鎌倉府・甲斐守護」『山梨県史』第六章
  • 黒田基樹「穴山氏の河内領支配」『山梨県史』第八章第五節
  • 勝俣鎮夫「穴山氏の『犬の安堵』について」『武田氏研究』
  • 磯貝正義「武田信重」『南部町誌』
  • 柴辻俊六「武田親族衆穴山氏の領国形成」『戦国大名武田氏領の支配構造』
  • 平山優中世武士選書5 穴山武田氏』戎光祥出版、2011年