温根湯温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg温根湯温泉
Onneyu onsengai.JPG
温根湯温泉街
温泉情報
所在地 北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉
交通 JR北海道石北本線留辺蘂駅より車で10〜15分、バス約20分。
泉質 単純硫黄泉ほか
泉温(摂氏 42 - 83 ℃
pH 9.1
液性の分類 アルカリ性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 5
外部リンク 温根湯温泉観光協会・温根湯温泉旅館組合
テンプレートを表示

温根湯温泉(おんねゆおんせん)は、北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉にある温泉国道39号沿いにあり、無加川の清流をはさんで旅館ホテルが立ち並ぶ。「温根湯」の名称は、アイヌ語の「オンネ」(大きな)・「ユ」(お湯)に由来する。

歴史[編集]

有史以前からアイヌが、狩猟の際にこの地に自然に湧出していた温泉を利用していた。1899年(明治32年)に、本州方面から入植した国沢嘉右衛門、大江與四蔵らによって数軒の温泉旅館が作られ、本格的な温泉地としての道を歩みだした。終戦までは、旧陸軍第七師団の傷病兵の療養地として指定されていたこともある。戦後、1957年(昭和32年)に、国道39号線が石北峠を経由する「大雪国道」として開通してからは、層雲峡網走国定公園-知床半島-阿寒国立公園を結ぶ道東観光のゴールデンルートとして観光客も多数訪れるようになった。

近年の観光産業の低迷と旧・留辺蘂町の過疎化などにより往年の賑わいは影を潜めたが、生き残った温泉旅館やホテルでは施設の近代化を図るとともに、北見温泉(ポン湯温泉)・滝の湯温泉塩別温泉と合わせて、「源泉100%かけ流しの美白の湯の温泉郷」としてPRを強化し、道の駅など温泉街の再開発を通じて温泉地の活性化を図っている。

泉質[編集]

温泉街[編集]

無加川の清流沿いに大型温泉ホテルが二軒立ち並び、同川と国道39号に挟まれる形で温泉街が形成される。近年、足湯手湯が設置された。

アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

旧・北見バス温根湯営業所が待合所として開放される 旧・北見バス温根湯営業所が待合所として開放される
旧・北見バス温根湯営業所が待合所として開放される

周辺[編集]

主なイベント[編集]

  • 温根湯つつじまつり(毎年5月上旬)
  • 温根湯温泉まつり(毎年8月の第1土曜・翌日曜の2日間)


外部リンク[編集]