武雄温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg武雄温泉
Takeoonsen rohmon.jpg
武雄温泉楼門
温泉情報
所在地 佐賀県武雄市
交通 佐世保線武雄温泉駅より徒歩約10分
泉質 単純温泉炭酸水素塩泉
泉温(摂氏 45 - 51 ℃
宿泊施設数 17
外部リンク 武雄市観光協会
テンプレートを表示

武雄温泉(たけおおんせん)は、佐賀県武雄市(旧国肥前国)にある温泉

泉質[編集]

温泉水を利用した化粧水も製造されている。

温泉街[編集]

楼門は、新館と共に国の重要文化財に指定されており、温泉街のシンボルである[1]。 両者とも1914年大正3年)4月12日に完成祝賀会が開かれた辰野金吾の設計によるものである[1]。 門を入ると、資料館である武雄温泉新館と後述する共同浴場及び貸切風呂がある。新館は1973年昭和48年)までは共同浴場であった。2003年平成15年)3月に新館が復原され、楼門とともに2005年(平成17年)7月22日に重要文化財に指定された。

共同浴場は3軒存在する。

  • 元湯
  • 蓬莱湯
  • 鷺乃湯

の3軒である。

また、鍋島氏専用の浴場であった施設が存在し、貸切風呂として入浴できる。

  • 殿様湯
  • 家老湯

である。貸切風呂は他にも柄崎亭が存在する。

旅館は17軒存在する。

温泉街では春と夏に祭がある。また、周辺には窯元も多く、毎月陶器市が開催される。

歴史[編集]

開湯は約1200年前である。伝説によると神功皇后が凱旋の途、太刀の柄(つか)で岩を一突きしたところ、たちどころに湯が湧き出たと言われており、よって昔は柄崎温泉と呼ばれていた。また、蓬莱山の麓に湧くことから蓬莱泉とも呼ばれていたという。 また、嬉野と同じく、この武雄も肥前国風土記にその名が登場する。

豊臣秀吉朝鮮出兵の際に、負傷兵士の湯治場として利用したといわれる。

江戸時代は街道の宿場町としても栄え、幕末には長崎を往来した勤皇志士や文人らが盛んにこの湯を訪れたという。著名な人物を挙げると、佐賀藩城主の鍋島氏、江戸時代初期には伊達政宗宮本武蔵が、また幕末にはシーボルト吉田松陰らが入湯したといわれる。

戦後は嬉野温泉と共に歓楽温泉としての道を進んだこともあったが、今日ではその傾向は薄い。その落ち着いた静かな佇まいから、お忍びで訪れる芸能人などの著名人も多いと言われている。最近は観光地としての開発が盛んで、様々な観光施設やモニュメントが設けられている。

アクセス[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b 渡部正隆(2015年4月15日). “楼門と新館創建100周年を祝賀 武雄”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

外部リンク[編集]