黒石市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くろいしし
黒石市
Kusigamine.jpg
Flag of Kuroishi Aomori.svg
黒石市旗
Symbol of Kuroishi Aomori.svg
黒石市章
1889年明治22年)制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
団体コード 02204-7
面積 216.96km²
総人口 34,259
推計人口、2014年6月1日)
人口密度 158人/km²
隣接自治体 青森市平川市
南津軽郡藤崎町田舎館村
市の木 もみじ
市の花 りんご
市の鳥 セグロセキレイ
黒石市役所
所在地 036-0396
青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
北緯40度38分33.4秒東経140度35分40.7秒座標: 北緯40度38分33.4秒 東経140度35分40.7秒
外部リンク 黒石市

黒石市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
黒石市中心市街地周辺の空中写真。1975年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

黒石市(くろいしし)は、十和田八幡平国立公園北西の玄関口に位置する、青森県である。

地理[編集]

市域の東部は八甲田山に続く山地で、市街地は市の西端にある。

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography02204.svg
黒石市と全国の年齢別人口分布(2005年) 黒石市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 黒石市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
黒石市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 37,690人
1975年 38,796人
1980年 40,755人
1985年 40,501人
1990年 39,213人
1995年 39,004人
2000年 39,059人
2005年 38,455人
2010年 36,117人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

行政[編集]

黒石市役所庁舎
  • 市長:鳴海広道(任期 平成26年7月17日)
    • 1941年(昭和16年)3月10日生(71歳) 略歴(市議会議員、県議会議長)
  • 市議会:定数16人(任期平成27年4月30日)

紋章[編集]

黒石市章

歴代市長(旧市)[編集]

氏名 就任年月日
1 福士永一郎 1954年昭和29年)7月28日
2-5 高樋竹次郎 1958年(昭和33年)7月17日
6-8 中村淳治 1974年(昭和49年)7月18日
9-11 清藤三津郎 1986年(昭和61年)7月18日
12-15 鳴海広道 1998年平成10年)7月18日
16- 髙樋憲 2014年平成26年)7月18日

財政[編集]

実質公債費比率は、2007年度決算で32.8%となり、2008年度決算から自治体財政健全化法における早期健全化団体に転落する。

産業[編集]

郵便[編集]

  • 黒石郵便局(集配局) (84007)
  • 温湯郵便局 (84093)
  • 陸奥六郷郵便局 (84125)
  • 浅瀬石郵便局 (84173)
  • 黒石浜町郵便局 (84184)
  • 中郷郵便局 (84186)
  • 黒石山形町郵便局 (84241)
  • 追子野木簡易郵便局 (84729)

健康[編集]

  • 黒石病院
  • 財団法人双仁会 厚生病院
  • 黒石あけぼの病院

姉妹都市[編集]

教育[編集]

高等学校
中学校
  • 黒石市立中郷中学校
  • 黒石市立黒石中学校
  • 黒石市立六郷中学校
  • 黒石市立東英中学校
小学校
特別支援学校
  • 青森県立黒石養護学校
学校教育以外の施設

交通[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

青森県道[編集]

主要地方道[編集]
一般県道[編集]

黒石市道[編集]

  • 黒石市道道前町野添線(通称:こみせ通り・「日本の道百選」にも選ばれた路線)

ほか

鉄道路線[編集]

バス[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

観光スポット[編集]

  • 中野もみじ山
  • 黒石温泉郷
  • 津軽こけし館
  • 津軽伝承工芸館(こけし館に隣接)
  • 秋田雨雀記念館 - 〔南地方教育会館内、内町〕[1]
  • 虹の湖公園
  • 黒石焼きそば - 平麺を使う。
  • こみせ通り
  • 黒石市中町 - (重要伝統的建造物群保存地区)[2]
  • 高橋家住宅(中町) - 国の重要文化財[3]
  • 法眼寺 - 〔山形町〕鐘楼堂(県重宝)、黒石藩主の祈祷所。
  • 妙経寺のカヤの木 - 〔京町字寺町、妙経寺〕県天然記念物、推定樹齢500年で、承応元年(1652年)の妙経寺創建以前から当地に相当の大きさで、生育していたと伝えられている。[4]
  • 黒石市消防団 第三分団 第三消防部屯所 - 〔甲徳兵衛町〕県重宝、大正13年。[5]
  • 津軽茶道美術館
  • 黒石神社 - 黒石津軽家初代・津軽信英を祀る。

祭事[編集]

  • 黒石ねぷたまつり(7月下旬 - 8月上旬)
  • 黒石よされ(8月中旬)
  • 黒石こみせまつり(9月中旬、2月上旬)
  • 黒石りんごまつり(11月)
  • 旧正マッコ市(2月第1日曜日)
  • 大川原火流し

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市制施行”. 黒石市例規集. 2012年1月2日閲覧。
  2. ^ 南津軽郡尾上町追子野木が黒石市に編入することによる市町の境界変更”. 黒石市例規集. 2012年1月2日閲覧。
  3. ^ 黒石市民の歌”. 黒石市例規集. 2012年1月2日閲覧。
  4. ^ 黒石市民憲章”. 黒石市例規集. 2012年1月2日閲覧。
  5. ^ 黒石市の花、木および鳥の指定”. 黒石市例規集. 2012年1月2日閲覧。
  6. ^ 図典 日本の市町村章 p25

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113

関連項目[編集]

外部リンク[編集]