ブルーシティ号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーシティ号(JRバス東北)
ブルーシティ号(JRバス東北)
ブルーシティ号(宮城交通)
ブルーシティ号(宮城交通)
ブルーシティ号(弘南バス)
ブルーシティ号(弘南バス)
ブルーシティ号(十和田観光電鉄)
ブルーシティ号(十和田観光電鉄)

ブルーシティ号(ブルーシティごう)は宮城県仙台市青森県青森市を結ぶ昼行高速バスである。

全ての座席が指定のため、乗車には事前の予約が必要。

運行会社[編集]

運行経路[編集]

仙台駅宮交仙台高速バスセンター - (仙台西道路) - (仙台宮城IC) - (東北自動車道) - 牡丹平(高速黒石) - 羽黒平(高速浪岡) - (青森自動車道) - (青森中央IC) - (青森中央大橋) - 青森駅(8番のりば)

※途中、前沢SA(JRバス東北は北上金ヶ崎PA)、花輪SAで休憩する。
※牡丹平 ⇔ 青森駅前間のみの乗車は不可。

運行回数[編集]

  • 1日4往復(各社1往復)。
    • 運行担当便は、仙台方2社(宮交・JR)と青森方2社(弘南・十鉄)で1年おきにローテーションされる。

各社の運用[編集]

運行開始当初は、午前に自社車庫を出て午後に戻るという行路のみであったが、2001年8月1日に2往復増便されたことにより、増便分(日中出発の2往復)を仙台方2社と青森方2社で1日交代で運行するようになった。上下とも出発時刻の遅い便を出発地側の会社が担当し、各社が1日おきに仙台か青森へ滞泊運用をしていた(減便前日の2010年10月31日まで)。2013年7月現在では、十和田観光電鉄運行便が日帰りツーマン行路、宮城交通が青森滞泊、JRバス東北・弘南バスが仙台に滞泊するワンマン行路である。

JRバス東北の行路[編集]

JRバス東北は行路を仙台支店から青森支店へ移管したため、現在は午後に青森を出て仙台滞泊→翌朝に仙台を出発し青森へ戻る行路となっている。JRバス東北の乗務員運用の変遷は以下のとおり。

  • 1989年10月2日 - 19xx年xx月xx日:角田営業所(2人乗務、車両は角田営業所所属)
  • 19xx年xx月xx日 - 1999年3月31日:仙台 - 花輪間角田営業所、花輪 - 青森間十和田南営業所(ワンマン乗務、車両は角田営業所所属)
  • 1999年4月1日 - 2003年3月31日:仙台 - 花輪間仙台支店、花輪 - 青森間十和田南営業所(ワンマン乗務、車両は仙台支店所属)
  • 2003年4月1日 - 青森支店(ワンマン乗務・仙台滞泊、車両は青森支店所属)

角田営業所が担当していた時期は、ブルーシティ号の前後に一般路線バス(仙台南線、磐城角田 - 仙台)を運行していた(一時期を除き、ブルーシティ号の車両をそのまま運用した)。

他社の行路[編集]

JRバス東北以外の事業者は基本的には2人乗務・日帰り行路だが、仙台・青森に夜間滞泊する運用はワンマン運行である(冬期間は高速道路通行止め時の迂回運行を容易に行うため滞泊運用も2人乗務になることがある)。

弘南バス・十和田観光電鉄担当便は仙台到着後、宮城交通仙台北営業所に入庫・休憩となる。また宮城交通担当便は青森到着後、弘南バス青森営業所に入庫・休憩となる。JRバス東北担当便は仙台到着後、自社の仙台支店に入庫・滞泊となる。

宮城交通が増発便を運行する場合は、1号車を富谷営業所が担当し、2号車以降を仙台北営業所が担当する(以前は宮交観光サービス仙台営業所が増便担当であったが、同社の宮城交通への吸収合併により現在に至っている)。

運賃[編集]

※2014年4月1日現在[1]

  • 仙台 - 青森間:大人片道5,870円
  • 仙台 - 羽黒平(浪岡)間:大人片道5,460円
  • 仙台 - 牡丹平(黒石)間:大人片道5,250円
    • 往復割引券(全区間共通、10日間有効):8,230円
2010年11月1日 - 2011年3月17日までの間(繁忙期となる2010年12月17日 - 2011年1月10日の間を除く)、東北新幹線の全線開業を踏まえて高速バスの割安感を知ってもらうために、期間限定で運賃を値下げする「サンキューキャンペーン」を実施した[2]。このため、以下の期間は大人片道運賃に限り値下げを行った(青森・羽黒平(浪岡)・牡丹平(黒石)ともに同額)。

歴史[編集]

  • 1989年平成元年)10月2日 - 運行開始(1日4往復)。
  • 1993年(平成5年)5月10日 - トイレ付き車両の運行を開始。
  • 1995年(平成7年)7月1日 - 羽黒平・牡丹平での客扱い開始。
  • 2000年頃 - 往復割引乗車券(9,000円)発売開始。この頃より予約定員制(自由席)から予約指定制(指定席)へ変更。
  • 2001年(平成13年)8月1日 - 1日6往復に増便。
  • 2002年(平成14年)12月1日 - 往復割引乗車券を8,0004円に値下げ。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - JRみどりの窓口での乗車券発売廃止。
  • 2010年(平成22年)11月1日 - 1日4往復に減便。「サンキューキャンペーン」として、繁忙期を除く2011年3月17日までの期間限定で大人片道運賃を値下げ。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月22日 - 同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により一部便で運休していたが、同日より弘南バスを除く共同運行3社が各社1往復ずつの計3往復(うち、仙台発10:00の便は翌3月23日運行開始)にて運行再開(往復割引運賃設定なし、途中停留所は無停車)[3][4][5]
    • 4月1日 - 通常運行に戻る。途中停留所での客扱いも再開。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 運賃改定[1]

使用車両[編集]

  • 原則としてトイレ付き4列シート車で運行される(増発便などトイレのない車両で運行される場合もある)。

利用状況[編集]

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 4,404 74,628 204.5 16.9
2003(平成15)年度 366 4,457 70,989 194.0 15.9
2004(平成16)年度 365 4,514 70,301 192.6 15.6
2005(平成17)年度 365 4,567 70,630 193.5 15.5
2006(平成18)年度 365 4,526 69,850 191.4 15.4
2007(平成19)年度 366 4,533 69,504 189.9 15.3

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【宮城交通】 高速バス 主な区間の運賃表(2014年4月1日改正)(宮城交通) (PDF)
  2. ^ 弘前・青森―仙台間高速バスを期間限定値下げ/弘南バス 陸奥新報:2010年9月22日(2010年11月1日閲覧)
  3. ^ 生活情報/バス河北新報:2011年3月22日(同日閲覧))
  4. ^ 地震による高速バスの運行状況「高速バス青森~仙台線(ブルーシティ号)一部運行再開のお知らせ」(十和田観光電鉄:2011年3月21日(2011年3月22日閲覧))
  5. ^ 高速 青森-仙台線 3/22から一部運行再開(JRバス東北:2011年3月21日(2011年3月22日閲覧))

外部リンク[編集]