横浜町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よこはままち
横浜町
Yokohama wind farm.jpg
菜の花畑と大豆田ウィンドファーム
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
上北郡
団体コード 02406-6
面積 126.55 km²
総人口 4,654
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 36.8人/km²
隣接自治体 むつ市
上北郡野辺地町六ヶ所村
下北郡東通村
町の木 つきけやき
町の花 菜の花
他のシンボル 町の鳥: 浜千鳥
町の魚: 横浜ナマコ
横浜町役場
所在地 039-4145
青森県上北郡横浜町字寺下35
北緯41度4分59.3秒東経141度14分52.1秒
2008年5月撮影
外部リンク 横浜町役場

横浜町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

横浜町(よこはままち)は、青森県下北半島の中間部陸奥湾に面したである。

地理[編集]

下北半島の中間部に位置し、西を陸奥湾に東を吹越烏帽子、金津山等の山岳地帯に囲まれる。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

江戸時代より天然桧、またナマコを中心とした海産物の上方貿易により繁栄を迎える。

隣村の六ヶ所村とともに野辺地町とのつながりが強いが、平成の大合併むつ市を中心としたむつ下北地域合併協議会に参加。合併後の新議会定数を巡る対立等にて大間町脱退に伴い協議会廃止される。

伝説[編集]

八幡神社には八幡太郎義家の伝説がある。1053年(天喜年間)、安倍沙貞任らの夷征伐の帰り、源氏の軍団が乗った船が大嵐に遭った。そこで源義家が弓で波を射つつ祈ると、時化がおさまった。無事たどり着いた海岸を、伝説にちなんで「源氏ヶ浦漁港」と呼んでいる。また義家が射た波は、後に軽石となって八幡神社の裏手に上がったと言われ、その軽石を賜った八幡神社は、軽石八幡神社とも称されている。また国の重要無形民俗文化財に指定されている「能舞」が伝わっており、18面の能面が同神社に保存されている。また県無形民俗文化財指定の「獅子舞」「神楽」などが、八幡神社例大祭で披露される。

行政[編集]

警察署[編集]

消防署[編集]

  • 北部上北広域事務組合横浜消防署

産業[編集]

農業[編集]

漁業[編集]

特産品[編集]

  • 横浜ナマコ:町の魚に指定され、他の地域で獲れるナマコよりやわらかく食感もよい。
  • ホタテガイ:ホタテ養殖(耳づり)は平内に次ぎ青森県第2位。

その他[編集]

生産競走馬[編集]

  • オンスロート 1962 有馬記念、天皇賞(春)、JRA 年度代表馬 41戦26勝 青森牧場生産
  • カネケヤキ 1964 桜花賞、優駿牝馬(オークス) 16戦6勝 青森牧場生産
  • カネヒムロ 1971 優駿牝馬(オークス) 23戦4勝 青森牧場生産
  • カネミノブ 1978 有馬記念、78 JRA 年度代表馬 37戦8勝 青森牧場生産
  • ドルフィンボーイ 1994 東京王冠賞、東京大賞典(大井GI) 12戦7勝 青森牧場生産

地域[編集]

人口[編集]

Demography02406.svg
横浜町と全国の年齢別人口分布(2005年) 横浜町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 横浜町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
横浜町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 7,144人
1975年 7,047人
1980年 6,590人
1985年 6,626人
1990年 6,126人
1995年 5,806人
2000年 5,508人
2005年 5,097人
2010年 4,880人
総務省統計局 国勢調査より

中学校[編集]

  • 横浜町立横浜中学校

小学校[編集]

  • 横浜町立横浜小学校
  • 横浜町立大豆田小学校
  • 横浜町立有畑小学校
  • 横浜町立南部小学校

郵便[編集]

  • 横浜郵便局(集配局) (84025)
  • 吹越簡易郵便局 (84739)
  • 有畑簡易郵便局 (84752)

金融機関[編集]

施設[編集]

  • ふれあいセンター
  • 自然体験ランド 「自然苑(じねんえん)」
  • 横浜町トレーニングセンター

郷土料理[編集]

交通[編集]

バス[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 牛の沢遺跡
  • なたね島:砂浜海岸海水浴場から南に位置する出島。釣り人も多い。
  • 菜の花畑:作付け面積全国第2位(2010年平成22年)現在。第1位は北海道滝川市)、菜の花を町のシンボルとして町おこしの中心に据える。平成元年には全国1位を記録。
  • 明神牧場:競走馬の繁殖から育成・調教まで一貫して行う。
  • 菜の花フェスティバル:菜の花開花期間中(5月初旬から下旬にかけて)。菜の花に関したイベントが集中して行われる。2004年平成16年)度は2万人の観光客が訪れた。
  • 風力発電所:豊田通商系列のウィンドテック横浜により大豆田(まめだ)地区に設立。風力発電機6機、総発電量10500Kw。
  • よこはま夏まつり花火大会:毎年8月14日に開催される。昼は三保野公園にて魚のつかみ捕り、いも煮会などのイベント、夜には約2000発の花火が横浜漁港にて打ち上げられる。
  • 道の駅よこはま:特産品販売所、レストラン「鮮菜」などの施設も備える。愛称は“菜の花プラザ”。
  • 砂浜海岸海水浴場:夏は大勢の海水浴客で賑わう。予約で宿泊できる「コテージ」もある。
  • 砂浜海岸フェスティバル8月に横浜町砂浜海岸海水浴場にて行われる。人間ばんば大会、子供宝探し、水中ロデオなどのイベントも開催。
  • 横浜町熱血商魂まつり10月に大町商店街歩行者天国をメーン会場によさこい、神楽、アマチュアバンド演奏などの発表会や町民参加のフリーマーケットが開催されている。
  • 横浜町神楽:県指定無形民俗文化財
  • 三保野公園:テニスコート、ミニサッカー場など
  • 北限のゲンジボタル:横浜町はゲンジボタルの生息地の北限とされ、「横浜町のゲンジボタルおよびその生息地」として青森県の天然記念物に指定されている。吹越町ほたる村では毎年7月第1または第2土曜日にホタル&湧き水まつりを開催している。

出身著名人[編集]

  • 木野花:女優および演出家。
  • 秋田ひろむ:ロックバンドamazarashiボーカル。

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度4分59.3秒 東経141度14分52秒