弘南バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弘南バス株式会社
KONAN BUS
32213-3 ノクターン号
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 弘南バス
本社所在地 日本の旗 日本
036-8326
青森県弘前市大字藤野二丁目3-6
設立 1930年7月
登記上の設立日1941年4月17日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業 他
代表者 代表取締役社長 工藤清
資本金 1億円
従業員数 631名
関係する人物 弘南鉄道(前身が同じ)
外部リンク http://konanbus.com/
テンプレートを表示

弘南バス(こうなんバス)は青森県弘前市に本社を置くバス事業者である。津軽地方を中心に運行されている。

沿革[編集]

弘南鉄道では平賀駅を利用する山手一帯(旧・尾崎村、旧・町居村、旧・竹館村)の乗降客の利便を図るため、1931年から8人乗りバスの直営運転を開始した。赤字のため1934年に運行休止となり、平賀駅前の個人に運営を委託し運行再開したが、さらに経営状態を悪化させてしまい再度の運行休止となった。

そこで1936年に直営に戻し、自動車部の拡大路線に方針を転換した。まずは平川バス(弘前 - 平賀 - 町居間、弘前市内線)を買収し、体制を建て直したのちに運行を再開した。翌年には上原バス(黒石 - 大鰐間)を買収し、平賀駅前にバス車庫を建設してタクシー部も開業、沿線一帯の交通を独占した。1938年4月1日時点でのバス路線延長が58.4kmとなり、内訳は平賀 - 唐竹間5.2km・弘前 - 尾崎間17.4km・弘前駅 - 茂森間3.8km・弘前 - 蔵館間16.1km・川部 - 蔵館間15.9kmであった。

戦時下におけるバス統制の国策に乗って買収はさらに加速し、1941年3月までに弘前市を中心に中津軽郡南津軽郡の交通はほぼ弘南鉄道に掌握された。この当時は戦時下で、車輌の入手難・燃料の配給規制から業績の伸び悩みがあり、本業の鉄道経営も容易ではなかった。株主の間にはバス部門の事業拡大に対して前途を憂慮する意見が広がり、1941年4月17日の臨時株主総会において自動車部の分離を決議した[1]。この時の決議内容は、先に買収交渉が成立していた弘前乗合自動車会社(弘前バス)に弘南鉄道の自動車運輸事業を有償譲渡し、新たに弘前乗合自動車株式会社(のち会社名を弘南バス株式会社と改称)を設立し、3分の2の株式を弘南鉄道が取得、残る3分の1を弘南鉄道の重役個人が取得するというもので、初代社長は当時の弘南鉄道社長が兼務した[2]

戦局の悪化により物資が窮乏し、1941年のガソリンの配給停止によって木炭車・薪車・ガス車での運行を余儀なくされた。1943年には燃料・車輌部品[3]が入手困難となり運行休止路線が続出した。戦時末期には運行可能車輌が13輌にまで落ち込んだことから、最小限度確保路線として「田代線」「百沢線」「大鰐線」に各2輌、「相馬線」「鬼沢線」に各1輌、黒石管内に計5輌を割り当てた。終戦後はインフレで経済が大混乱に陥った。諸物資が払底し、同時に資金封鎖が行われたため、事業継続が困難な状況に置かれ、何度か運行不能の危機に直面し、ダイヤの縮小や路線の運休に追い込まれた。1948年に物資の統制が一部解除されたことから燃料や資材が徐々に出回りだし、休止中の路線の運行を順次再開した。

中弘南地区の交通利便に比べて整備が遅れていた板柳地区を開拓するため、1951年に板柳営業所を開設した。これより先の1950年に板柳バスが設立されていたが、諸事情から経営不能の状態に陥ったため、弘南バスが経営の委託を受け、経営再建とともに合併準備を進め、1953年に板柳バスを買収した。これが西北五地区への進出の基盤となり、その後「板柳 - 鯵ヶ沢線」の運行を開始した。

この時期、五所川原市北津軽郡西津軽郡津軽鉄道自動車部(津鉄バス)に統合されていた。1953年に弘南バスは「弘前 - 五所川原線」で津鉄バスとの相互乗り入れを成立させ、西北五地区の路線拡大に乗り出した。そんな中、津軽鉄道の企業不振からバス部門を売却することになり、弘前電鉄も買収に乗り出した[4]ものの、津軽鉄道との折衝により1955年に弘南バスとの買収統合が成立した。これにより、東津軽郡を除く津軽地方一体に路線網を持つことになった。また、同時期に「弘前 - 大館線」で秋北バスとの相互乗り入れでの運行を開始し、これが初の県外への定期路線となった。

1985年の東北新幹線上野駅延伸に合わせ、弘前から盛岡駅での新幹線接続を目的に高速バスヨーデル号」(弘前 - 盛岡線)の運行を国鉄バス(→JR東日本バス→JRバス東北)・岩手県北バス岩手県交通の4社共同で開始した。「ヨーデル号」は地元客や帰省客に受け入れられ、社内でも有数のドル箱路線となった[5]。1986年には京浜急行電鉄(現:京浜急行バス)と国内初の共同運行による夜行高速バス「ノクターン号」(弘前 - 東京線)の運行を開始し、それまでの国鉄夜行列車に較べて、時間を有効に活用でき、運賃面でも格安なことから利用者からの支持を得た。これが高速バス路線網を広げるきっかけとなって、「ヨーデル号」「ノクターン号」は五所川原発着便が設定され、青森発着の「あすなろ号」「ラ・フォーレ号」の運行を開始した。その後、仙台便や東京昼行便の開設や「弘前 - 青森線」「五所川原 - 青森線」や「南軽号」(弘前 - 八戸線)などの短距離路線の開拓[6]が行われた。

マイカーの普及や少子化が進み、郡部を中心に利用者のバス離れが広がりだした。状況を打開するため、一部の不採算地域を子会社の弘南サービスに移管し、地域に密着した経営で乗り切ろうとした[7]。また、一部の路線では対象の沿線住民がバス回数券を購入することでバスの運行経費を負担する住民参加型路線を設定するなど、赤字路線対策にも積極的だった。しかし、利用者の減少に歯止めはかからず、沿線自治体の財政悪化によって補助金が削減されるなど周囲の状況が悪化、関係各所より合理化や経費削減が求められた。これまで中古車の導入は大型車のみであったが、これを中型車やミニバス車輌にまで広げた。また、燃料費削減のため、赤字路線への小型車やマイクロバス車輌の導入や駐車(待機)時のアイドリングストップの徹底も行うなどの対策を講じた。

従来、弘前管内路線のうち、浜の町・駒越・茂森系統の市街から郊外へ向かう路線(旧・郡部線、以降は郊外路線と記す)の往路は上代官町経由で、復路は弘前バスターミナルが終点で弘前駅を経由せず、運行本数の少ない郊外路線に乗客が集中しないよう配慮されていた。しかし、乗客の減少から中型車や小型車の導入が進む状況から統合しても定員オーバー等の影響はないと判断し、1998年に並行市内線[8]の減便に踏み切った。郊外路線の運行経路を市内線と同様に往路は弘前駅 - 大町経由に、復路の終点を弘前駅に変更し、駒越・茂森系統の路線は桜大通り経由から本町経由に変更、茂森系統の路線では「市役所前公園入口」停留所を観光館側から公園外堀側に変更し、郊外路線が運行されている時間に近接している並行市内線の運行を間引きした。また、車両配置区所の見直しを行い、1998年に高崎営業所を廃止し、藤代営業所では規模を縮小し藤代車庫とした。また、バス待機所となっていた旧・和徳営業所では車両配置を再開し和徳車庫へ再編した。これにより弘前管内は弘前営業所が一元管理する体制となった。その後、赤字路線の廃止や運行本数の減少から更なる合理化を図るため、2008年4月に金木案内所、2009年4月に桜ヶ丘案内所・板柳案内所・大鰐車庫の車両配置をとりやめた。

2000年代に入ると関係自治体との協議により、路線の統合や不採算路線の減便や廃止、一部路線での運賃値上げも実施するに至った。そこへ燃料費の高騰が追い討ちをかけ、2008年12月に弘南バス全線(高速バスや100円バス等の一部路線と青森市営バスと競合する区間を除く)での運賃値上げを実施した。

これまで車内放送機器はテープ式(8トラクラリオン製)で車内アナウンスは自社製作による独特なものであったが、2008年6月から7月にかけて音声合成方式[9]レシップ製)に切り替え、車内アナウンスの製作を外部事業者に委託した。また、この更新によって、車内アナウンス装置と運賃表示器・整理券発行機が連動する様になり、乗車時に車外スピーカーでの行先案内を開始した。

年表[編集]

弘南鉄道[編集]

  • 1931年(昭和6年)6月26日 - 弘南鉄道が平賀 - 唐竹間において乗合自動車の直営運行を開始。
  • 1934年(昭和9年)1月15日 - 赤字のため、直営自動車事業を休止する。
    • 3月28日 - 平賀 - 唐竹間の直営自動車事業を個人に運営委託(のちに経営を更に悪化をさせ、再度運行休止となる)。
  • 1936年(昭和11年)1月27日 - 平川バス(弘前市代官町)を買収。
    • 3月13日 - 平賀 - 唐竹間の運営委託を破棄。
    • 4月1日 - 平川バスの路線(弘前 - 平賀 - 町居間4往復、弘前市内13往復)を継承して運行を開始し、平賀 - 唐竹間の運行再開。
    • 12月10日 - 松森町車庫を開設。
  • 1937年(昭和12年)2月11日 - 上原バス(黒石 - 大鰐間)を買収。
    • 3月6日 - 蔵舘バスから「長峰線」を買収。
    • 4月10日 - 平賀駅前にバス車庫とバス乗務員詰所を開設。
    • 4月17日 - 大鰐車庫を開設。
    • 8月1日 - 弘前から新屋・尾崎まで路線延長。
    • 10月4日 - 石川 - 大坊 - 沖館 - 唐竹間のバス営業権を個人から買収。
    • 10月18日 - タクシー業に参入。
  • 1938年(昭和13年) - 川部 - 館田 - 鯖石間に路線新設。
  • 1939年(昭和14年)1月10日 - 今井バス(大鰐 - 唐牛間)、エビスバス(弘前 - 高杉間、弘前 - 三世寺 - 板柳間、弘前 - 相馬間)を買収。
    • 3月30日 - 弘前市土手町(角み呉服店跡)にバス待合所を設置。
  • 1940年(昭和15年)3月3日 - 浪岡バス(黒石乗合自動車商会、黒石 - 本郷 - 浪岡間、黒石 - 飛内 - 浪岡間)を買収。
  • 1941年(昭和16年)3月4日 - 花岡バス(弘藤乗合自動車、弘前 - 藤崎間)、山形バス(山形乗合自動車商会、黒石 - 板留間)を買収。
    • 3月25日 - 弘前バス(弘前乗合自動車)との買収交渉が成立。

弘南バス[編集]

  • 1941年(昭和16年)4月17日 - 弘南鉄道から自動車部を分離し、弘前乗合自動車株式会社を設立(のち会社名を弘南バス株式会社と改称)。
    • 5月1日 - 弘南鉄道からバス職員42名が弘南バスへ正式に移籍する。
  • 1942年(昭和17年)11月2日 - 弘前修理工場を開設。
  • 1943年(昭和18年)5月21日 - 蔵舘バスを買収。
  • 1950年(昭和25年)7月21日 - 貸切事業を開始。
  • 1951年(昭和26年) - 黒石営業所を新築移転。
    • 6月1日 - 板柳営業所を開設。
  • 1952年(昭和27年)10月 - 旧・騎兵隊覆馬場を財務局より買収し、松原車庫を開設。
  • 1953年(昭和28年)12月24日 - 板柳バス(胡桃館線、柏木線、川部線)を買収。
  • 1954年(昭和29年)7月1日 - 青森市造道に青森出張所を開設。
    • 11月 - 鰺ヶ沢出張所を開設。
  • 1955年(昭和30年)3月27日 - 津鉄バスを買収。五所川原営業所を開設。
  • 1956年(昭和31年)4月 - 機構改革により本社から弘前車庫を分離し、弘前営業所を開設。
  • 1957年(昭和32年)3月 - 青森出張所を青森営業所に改組。
    • 11月29日 - バスセンターとして弘前営業所と待合所を駅前に新築。
  • 1958年(昭和33年)1月 - 鰺ヶ沢出張所を鰺ヶ沢営業所に改組。
  • 1959年(昭和34年)2月6日 - 富萢車庫を開設。
  • 1960年(昭和35年)8月 - 弘前市内線支所を開設。組織改正により板柳営業所を板柳案内所に、黒石営業所と鰺ヶ沢営業所を支所に降格(黒石支所と鰺ヶ沢支所はのちに営業所へ復帰)し、平賀出張所と金木出張所を案内所に変更。弘前・五所川原・青森の各営業所下に観光支所を設置。
  • 1963年(昭和38年)7月 - 弘南バス初のワンマンカーの運行を弘前市内線で開始。
    • 11月 - 弘前駅前案内所を開設。
  • 1964年(昭和39年)10月 - 中里案内所を開設。
    • 11月 - 東京連絡事務所、札幌連絡事務所を開設。
    • 12月 - 東京 - 弘前間に帰省バスの運行を開始。
  • 1965年(昭和40年)8月 - 木造バスセンター(木造案内所)を開設。
  • 1966年(昭和41年)5月 - 仙台連絡事務所を開設。
  • 1967年(昭和42年)2月 - 青森連絡事務所を開設。
    • 8月 - 五所川原営業所を湊地区へ新築移転。
  • 1969年(昭和44年)10月 - 弘前市内線支所を藤代へ移転し、藤代営業所を開設。
  • 197x年(昭和4x年) - 和徳営業所を開設。
  • 197x年(昭和5x年) - 本社敷地内に自社ビル建設のため本社を和徳に移転。隣接する弘前営業所を小栗山へ新築移転。
  • 1976年(昭和51年)10月25日 - 弘南ビルバスターミナル(のち弘前バスターミナル)を開設。
  • 1977年(昭和52年)4月 - 桜ヶ丘案内所を開設。
  • 1978年(昭和53年) - 青森営業所を青森市造道から青森市矢田前へ新築移転。
    • 11月 - 高崎営業所を開設。
  • 1979年(昭和54年)2月 - 特定貸切事業部(のち特定貸切事業所→弘南サービス)を発足。
  • 1980年(昭和55年)12月15日 - 弘前市内でミニバス「バンビ号」の運行を開始。
  • 1981年(昭和56年)10月 - 「本郷経由 黒石 - 浪岡線」を最後に、一般路線での車掌乗務のツーマン運行を終了する。
  • 1985年(昭和60年)3月14日 - 東北新幹線接続の高速バス「ヨーデル号」(弘前 - 盛岡間)の運行開始。
  • 1986年(昭和61年)12月26日 - 夜行高速バス「ノクターン号」(弘前 - 東京間)の運行開始。
  • 1987年(昭和62年) - 和徳営業所を廃止。
  • 1988年(昭和63年) - 平賀地区の路線を弘南サービスに移管。
  • 1991年(平成3年)4月 - 創立50周年を記念し、レトロ調バス「トテバス」の運行開始。
    • 4月17日 - CI(Kマーク)発表。新ボディデザイン登場。
  • 199x年(平成x年) - 大鰐地区の路線を弘南サービスに移管。
  • 199x年(平成x年) - 金木地区の路線を弘南サービスに移管。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 消費税率の改定に伴い、運賃値上げを実施。
  • 1998年(平成10年) - 高崎営業所を廃止。藤代営業所を藤代車庫へ降格、旧・和徳営業所を和徳車庫として再編。
  • 2002年(平成14年)5月21日 - 黒石管内のダイヤを再編。
    • 6月1日 - 土・日曜、祝日限定の1日フリーパス券「ワンバケーションパス」の発売開始。
    • 10月1日 - 五所川原・鰺ヶ沢管内のダイヤを再編。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 弘前管内のダイヤを再編。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 弘南サービスの平賀・大鰐・金木営業所管内の各路線を弘南バスに移管。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 国庫補助対象路線の一部路線での減便と一部区間での運賃値上げを実施。
    • 10月29日 - 弘前駅前北地区区画整理事業に伴い、本社と電算センターを統合し、藤野2丁目(藤代工業団地内)へ移転。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 金木車庫の車両配置を廃止。
    • 6月 - 車内放送機器を弘前営業所配置車から順次、テープ式から音声合成方式に変更。
    • 10月1日 - 青森観光センターを移転し、青森総合案内所を開設。
    • 12月1日 - 弘前管内のダイヤを一部減便。
    • 12月25日 - 弘南バス全線(高速バスや100円バス等、一部路線を除く)で運賃値上げを実施。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 平賀車庫を廃止。桜ヶ丘案内所、板柳案内所、大鰐車庫の車両配置を廃止。
    • 8月31日 - 弘前営業所敷地内にバス運転手の講習施設完成し、運用開始。
  • 2010年(平成21年)4月1日 - 桜ヶ丘案内所、板柳案内所、大鰐車庫、金木案内所を無人化(閉鎖)。

営業所・案内所一覧[編集]

車両配置営業所[編集]

弘前営業所

  • 所在地:弘前市大字小栗山字長田70-6
  • 沿革:本社 弘前車庫→
  • 停留所:弘前営業所

弘前営業所 藤代車庫

  • 所在地:弘前市大字藤代3丁目5-1
  • 沿革:弘前営業所 弘前市内線支所→(移転)藤代営業所→
  • 停留所:藤代営業所

弘前営業所 和徳車庫

  • 所在地:弘前市大字駅前2丁目12-5
  • 沿革:和徳営業所→和徳車庫(車両非配置)→

五所川原営業所

  • 所在地:五所川原市大字姥萢字桜木10-1
  • 停留所:五所川原営業所
    • 定期券・回数券発売所

五所川原営業所 小泊案内所

  • 所在地:北津軽郡中泊町大字小泊字朝間1-1
  • 沿革:小泊車庫→
  • 停留所:小泊案内所
    • 定期券・回数券発売所

黒石営業所

  • 所在地:黒石市富士見113
  • 沿革:東部発着所→黒石営業所→弘前営業所 黒石支所→
  • 停留所:黒石営業所

青森営業所

  • 所在地:青森市大字矢田前字弥生田32-1
  • 沿革:青森出張所→
  • 停留所:青森営業所
    • 定期券・回数券発売所

鰺ヶ沢営業所

  • 所在地:西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字蒲生114-4
  • 沿革:鰺ヶ沢出張所→鰺ヶ沢営業所→五所川原営業所 鰺ヶ沢支所→
  • 停留所:鰺ヶ沢営業所

案内所[編集]

弘前バスターミナル 総合案内所 (弘前バスターミナル営業所)

  • 所在地:弘前市大字駅前3丁目2-1
  • 沿革:本社 待合所→弘南ビルバスターミナル→
  • 停留所:弘南バス本社前→弘南ビルバスターミナル→弘前バスターミナル
    • 高速バス予約センター
    • 定期券・回数券発売所
  • 組織上は「弘前バスターミナル営業所」となっている。

弘前駅前案内所 (弘前バスターミナル営業所 駅前案内所)

  • 所在地:弘前市大字駅前町10
  • 停留所:弘前駅前
    • 回数券発売所

五所川原駅前案内所 (五所川原ターミナル)

  • 所在地:五所川原市字大町38
  • 停留所:五所川原駅前
    • 定期券・回数券発売所

黒石駅前案内所

  • 所在地:黒石市緑町1丁目1
  • 停留所:黒石駅前
    • 定期券・回数券発売所

青森総合案内所

  • 所在地:青森市安方1丁目3-25 小田島ビル 1F
  • 沿革:青森バスセンター→青森連絡事務所→青森観光センター→
  • 最寄停留所:青森駅前
    • 定期券・回数券発売所

鰺ヶ沢駅前案内所

  • 所在地:西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字下富田36-2 (JR鰺ケ沢駅内)
  • 停留所:鰺ヶ沢駅前
    • 定期券・回数券発売所

主な事業所[編集]

観光部

  • 所在地:弘前市大字駅前3丁目2-1

乗合部青森分室

  • 所在地:青森市大字矢田前字弥生田32-1
    • 青森営業所に併設。

東京事務所

  • 所在地:東京都台東区東上野2丁目18-7-413

札幌事務所

  • 所在地:北海道札幌市中央区北2条西2丁目

委託販売所[編集]

弘前地区

青森地区

  • 増川商店

南黒地区

  • 弘南鉄道 大鰐駅
  • 弘南鉄道 平賀駅

西北五地区

  • あきもと 金木タウンセンター店
  • 津軽鉄道 津軽中里駅
  • 安田商店 (板柳町)


廃止営業所・案内所・待合所・車庫[編集]

木造案内所 (木造バスセンター)

  • 停留所:木造バスセンター→木造有楽町(十三・鰺ヶ沢方面)/木造千代町(五所川原方面)
  • 五所川原営業所に統合。

中里案内所

  • 停留所:中里駅前
  • 金木案内所(→金木車庫)に統合。

桜大通り案内所

  • 停留所:桜大通り→市役所方面のみ廃止。
  • ハイローザへ移転。

ハイローザ案内所

  • 停留所:一番町ハイローザ前→下土手町2[10]
  • ハイローザ閉店に伴い廃止。

十和田案内所

  • 沿革:十和田案内所→十和田営業所→
  • 滞泊行路の廃止に伴い閉鎖。

高崎営業所

  • 停留所:高崎営業所→弘前ビブレ→さくら野弘前店
  • 1998年 - 弘前営業所、和徳車庫へ統合。

大鰐待合所

  • 停留所:大鰐待合所→大鰐
  • 2005年4月1日 - 廃止。

浪岡待合所

  • 停留所:浪岡
  • 2008年10月 - 廃止。

平賀車庫

  • 沿革:平賀駅前バス車庫→平賀出張所→弘前営業所 平賀案内所→黒石営業所 平賀案内所→弘南サービス平賀営業所→弘前営業所 平賀車庫(車両非配置)
  • 停留所:平賀営業所前→柳田
  • 2009年4月1日 - 廃止。

桜ヶ丘案内所

  • 沿革:高崎営業所 桜ヶ丘案内所→弘前営業所 桜ヶ丘案内所→(車両非配置)→(無人化)
  • 停留所:桜ヶ丘案内所
  • 2010年4月1日 - 閉鎖

板柳案内所

  • 沿革:板柳営業所→五所川原営業所 板柳案内所→和徳営業所 板柳案内所→高崎営業所 板柳案内所→弘前営業所 板柳案内所→(車両非配置)→(無人化)
  • 停留所:板柳案内所
  • 2010年4月1日 - 閉鎖

大鰐車庫

  • 沿革:大鰐車庫→弘前営業所 大鰐案内所→黒石営業所 大鰐案内所→弘南サービス大鰐営業所→弘前営業所 大鰐車庫→(車両非配置)→(無人化)
  • 停留所:大鰐案内所→大鰐南団地前→大鰐南団地前/大鰐営業所→大鰐南団地前
  • 2010年4月1日 - 閉鎖

金木案内所

  • 沿革:金木出張所→五所川原営業所 金木案内所→弘南サービス金木営業所→五所川原営業所 金木車庫→(車両非配置)→(無人化)
  • 停留所:金木案内所→金木営業所→金木案内所
  • 2010年4月1日 - 閉鎖

高速バス[編集]

路線名 区間 共同運行会社 備考
ノクターン号 弘前バスターミナル - 品川バスターミナル 京浜急行バス 予約指定制
五所川原駅前 - 品川バスターミナル
五所川原駅前 - 横浜駅東口バスターミナル
津輕号 青森駅前 - 東京駅 (単独運行) 予約指定制
スカイ号 青森駅前 - 上野駅 (単独運行) 予約指定制
パンダ号 青森駅前 - 上野駅前 (単独運行) 予約指定制
五所川原駅前 - 新宿高速バスターミナル
えんぶり号 青森駅前 - 東京駅 (単独運行) 予約指定制
キャッスル号 弘前バスターミナル - 仙台駅前 JRバス東北
宮城交通
予約指定制
ブルーシティ号 青森駅前 - 仙台駅前 JRバス東北
宮城交通
十和田観光電鉄
予約指定制
ヨーデル号 弘前バスターミナル - 盛岡駅西口 岩手県北自動車
岩手県交通
定員制
あすなろ号 青森駅前 - 盛岡駅西口 岩手県北自動車 定員制

一般路線[編集]

一部を除いて、詳細については各営業所・案内所・車庫の記事を参照のこと。

主要路線[編集]

  • 弘前 - 浪岡線
  • 弘前 - 黒石線
  • 弘前 - 五所川原線
  • 弘前 - 大鰐・碇ヶ関線
  • 五所川原 - 青森線
  • 五所川原 - 鰺ヶ沢線
  • 黒石 - 青森線
  • 弘前 - 青森空港線

弘前市内線[編集]

  • 富田大通り経由 小栗山線
  • 清原・安原経由 小栗山線
  • 狼森線
  • 座頭石線
  • 松森町・門外経由 自衛隊線
  • 富田大通り経由 自衛隊線
  • 安原団地線
  • 学園町線
  • 久渡寺線
  • 桔梗野・金属団地経由 桜ヶ丘線
  • 桝形・金属団地経由 桜ヶ丘線
  • 相馬線
  • 城西大橋経由 藤代営業所線
  • 工業高校経由 藤代営業所・賀田線
  • 枯木平線
  • いわき荘線
  • 弥生線
  • 葛原線
  • 真土経由 賀田線
  • 浜の町経由 藤代営業所線
  • 石渡・三世寺温泉線
  • 高杉・鬼沢経由 堂ヶ沢線
  • 糠坪・楢の木経由 堂ヶ沢線
  • 三世寺経由 笹館線
  • 蒔苗経由 船沢・三ツ森線
  • 浜の町 - 安原団地線
  • 駒越 - 小栗山線
  • 岩賀線
  • 宮園団地線
  • 神田線
  • 川先線
  • 小比内線
  • 福田線
  • 薬師堂北口線
  • 土手町循環100円バス
  • 城東環状100円バス(大町回り)
  • 城東環状100円バス(和徳回り)
  • 弘前駅城東口環状100円バス
  • ためのぶ号(津軽藩ねぷた村・りんご公園線、夏期のみ運行)


弘前市内 ミニバス路線[編集]

  • 城南経由 桜ヶ丘線
  • 緑ヶ丘経由 桜ヶ丘線
  • さくら団地線
  • 栄町経由 土堂線

中津軽郡・南津軽郡・黒石市・平川市・青森市[編集]

  • 弘前 - 田代・大秋・川原平線
  • 黒石 - 板留・虹の湖公園・温川線
  • 弘前・黒石 - 大川原線
  • 高田経由 弘前 - 黒石線
  • 本郷経由 黒石 - 浪岡線
  • 馬場尻経由 黒石 - 高野線


五所川原市・つがる市・北津軽郡[編集]

  • 金木・中里経由 五所川原 - 小泊線
  • 木造経由 五所川原 - 十三・小泊線
  • 廻堰経由 五所川原 - 鶴田線
  • 柏木経由 五所川原 - 板柳線
  • 越水経由 五所川原 - 南広森線
  • 五所川原 - 出来島線
  • 五所川原 - 豊川線
  • 五所川原 - 下繁田線
  • 再賀経由 五所川原 - 稲垣線
  • 種井経由 五所川原 - 藻川線
  • 高瀬経由 五所川原 - 藻川線
  • 高野東高校環状線
  • 飯詰能開短大環状線
  • 商店街循環バス
  • 金木線 (嘉瀬駅前 - 神原線)
  • 三世寺経由 弘前 - 板柳線


西津軽郡[編集]

  • 鬼沢経由 弘前 - 十腰内・鰺ヶ沢線
  • 三世寺経由 弘前 - 十腰内線
  • 鰺ヶ沢 - 深浦線
  • 鰺ヶ沢 - 一ツ森・黒森線
  • 鰺ヶ沢 - 松代線
  • 鰺ヶ沢 - 長平線
  • 鰺ヶ沢町内線 (天長園 - 鰺ヶ沢本町線、鰺ケ沢駅 - 小夜線)
  • 深浦町内線 (深浦駅 - 深浦校舎線、深浦駅 - 弁天線)
  • 十二湖線 (夏期のみ運行)

住民参加型路線バス[編集]

  • 鰺ヶ沢 - 黒森線 (深谷入口 - 黒森間)

契約輸送[編集]

廃止路線[編集]

ここでは、かつて弘南バスが運行していたが、廃止となった路線について取り上げる。なお、区間延長や短縮、経路変更された現行路線、現行路線に並行する区間便の廃止については、各営業所の当該路線に記述するものとする。

高速路線[編集]

特急 弘前 - 青森線

  • 弘前バスターミナル - 弘前駅前(往路のみ停車) - バイパス日沼 - バイパス田舎館 - 黒石 - (黒石IC) - 牡丹平 - 羽黒平 - (青森IC) - 青森観光物産館
    • 所管:弘前営業所・青森営業所
    • 198x年 - 運行開始。
    • 199x年 - 廃止。

快速 弘前 - 青森線

  • 弘前営業所 - 実業高校前 - 弘前大学前 - 弘前バスターミナル - 弘前駅前 - 藤崎青銀前 - 中島 - 浪岡 - (浪岡IC) - (東北自動車道経由) - (青森IC) - 青森大野 - 柳町通り - 県庁前 - 新町二丁目松木屋前 - 市役所前 - 合浦町 - 県病通り - 青森営業所
    • 所管:弘前営業所・青森営業所⇒弘前営業所
    • 199x年 - 「特急 弘前 - 青森線」の廃止による代替路線として運行開始。
    • 1999年3月 - 廃止。

特急「秋弘号」 青森・弘前 - 秋田線

  • 青森駅前 - (青森IC) - (浪岡IC) - 浪岡 - 弘前バスターミナル - (大鰐弘前IC) - (碇ヶ関IC) - 鷹巣 - 能代 - (能代南IC) - (秋田北IC) - 秋田駅東口
    • 所管:弘前営業所⇒青森営業所
    • 2003年4月25日 - 弘前バスターミナル - 秋田駅東口間で運行開始。
    • 2003年7月25日 - 弘前 - 青森間を路線延長し、青森駅発着に変更。
    • 2004年3月4日 - 廃止。

特急 弘前 - 大館線

  • さくら野弘前店 - 弘前バスターミナル - (大鰐弘前IC) - (碇ヶ関IC) - 陣場 - 白沢 - 特急釈迦内 - 大館駅前 - 秋北バスターミナル
    • 2003年3月21日 - 秋北バスと共同で運行開始。弘南側は弘前営業所が所管。
    • 2003年12月1日 - 弘南バスのみ撤退。
    • 2004年4月19日 - 廃止。

特急「南軽号」 弘前 - 八戸線

  • 弘前バスターミナル - 浪岡 - (浪岡IC) - (青森東IC) - 東青森(ドライブインみちのく前) - (みちのく有料道路経由) - 道の駅しちのへ - 六戸役場通り - イオン下田ショッピングセンター前 - (下田百石IC) - (八戸北IC) - 八食センター前(弘南便のみ停車) - 十一日町/八日町 - 八戸ラピアバスターミナル
    • 弘南側の所管:高崎営業所⇒弘前営業所
    • 1994年12月22日 - 南部バスと共同で、東北自動車道・八戸自動車道経由で1995年1月15日までの期間限定で下記経路で運行開始。
      • 弘前バスターミナル - 弘前駅前 - (大鰐弘前IC) - 東北大鰐 - 花輪SA(休憩) - (安代JCT) - (八戸IC) - 馬場 - 十一日町/八日町 - 八戸ラピアバスターミナル
    • 1995年4月1日 - 運行期間を3月31日まで延長後、通年運行を開始。のちに「南軽号」の愛称が付与される。
    • 2003年12月1日 - 運行経路を東北自動車道・八戸自動車道経由から青森経由に変更。
    • 2005年4月1日 - 弘南バスが撤退し、南部バスの単独運行化(ただし、弘前バスターミナルにおける乗車券の販売業務は継続)。
    • 2010年6月27日 - 廃止。
  • 利用状況
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2003(平成15)年度 365 1,472 16,786 46.0 11.4
2004(平成16)年度 365 1,472 16,683 44.9 11.1

特急「スカイターン号」 弘前 - 東京線

  • 弘前バスターミナル - (大鰐弘前IC) - (首都高速) - 浜松町バスターミナル - 品川バスターミナル
    • 2002年7月1日 - 京浜急行バスと共同で運行開始。弘南側は弘前営業所が所管。
    • 2006年9月1日 - 廃止。

主要路線[編集]

急行 弘前 - 大館線

  • 弘前バスターミナル - 弘前駅前(往路のみ停車) - 上代官町(復路:中央通り一丁目) - 中央松森町 - 中央石川 - 大鰐待合所前 - 大鰐案内所 - 元長峰 - 碇ヶ関温泉会館前 - 相乗温泉前 - 日景温泉入口 - 陣場 - 白沢 - 釈迦内 - 大館駅前 - 秋北バスターミナル
    • 弘南側の所管:弘前営業所⇒藤代営業所
    • 1954年 - 秋北バスと共同で運行開始。
    • 1993年12月 - 県境を跨ぐ通し利用者の減少により廃止。

急行 津軽岩木スカイライン線

  • 弘前バスターミナル(弘前駅前) - 市役所前公園入口 - 岩木町役場前 - 岩木山神社前 - 百沢温泉前 - 嶽温泉前 - 山麓ハウス - スカイライン八合目駐車場
    • 所管:弘前営業所
    • 1965年8月 - 運行開始。
    • 198x年 - 急行運転を取り止め、百沢温泉前 - 嶽温泉間を自由乗降制(フリー区間)とする。
    • 199x年 - 廃止。

急行 十和田西線

  • 休屋線:弘前バスターミナル - 弘前駅前(往路のみ停車) - 畑中 - 黒石駅前 - 温湯 - 板留 - 虹の湖公園前 - 葛川 - 温川山荘前 - 滝ノ沢展望台 - 山の家 - 大川岱 - 和井内 - 十和田ホテル前 - 十和田湖バスターミナル
  • 子の口線:弘前バスターミナル - 弘前駅前(往路のみ停車) - 畑中 - 黒石駅前 - 温湯 - 板留 - 虹の湖公園前 - 葛川 - 温川山荘前 - 滝ノ沢展望台 - 御鼻部山展望台 - 子の口キャンプ場 - 子の口
  • 大鰐経由:弘前バスターミナル - 弘前駅前(往路のみ停車) - 大鰐南団地前 - 駒の台 - 軍馬平 - 小国 - 葛川 - 温川山荘前 - 滝ノ沢展望台 - 山の家 - 大川岱 - 和井内 - 十和田ホテル前 - 十和田湖バスターミナル
    • 所管:弘前車庫⇒弘前営業所⇒和徳営業所⇒高崎営業所⇒弘前営業所
    • 1959年8月1日 - 運行開始。
    • 2002年4月1日 - 廃止(最終運行は2001年11月4日)。

急行・準急・普通 弘前 - 青森線

  • 弘前バスターミナル - (往路のみ:弘前駅前 - 上土手町 - 中央通り一丁目) - 代官町 - 和徳北口 - 撫牛子 - 豊蒔入口 - 百田 - (急行:舟場角 - /準急・普通:藤崎表町 - 藤崎青銀前 - 葛野 - /ジャスコ経由:藤崎表町 - 藤崎青銀前 - 西葛野 - ジャスコシティ藤崎 - )矢沢 - 中島 - 榊 - 水木 - 女鹿沢 - 浪岡 - 浪岡警察署前 - 高屋敷 - 徳才子 - 大釈迦北口 - 鶴ヶ坂駅前 - 戸門 - 雪印工場前 - 新城駅前 - 西部市民センター前 - 西高校前 - 松ヶ丘保養園前 - 三内霊園前 - 石江 - あすなろ学園前 - マツダ自動車前 - - ヤクルト前 - 西滝 - 西上古川 - 上古川 - 古川 - 平和通り中三前(復路:八甲通り) - 新町二丁目松木屋前 - 市役所前 - 文化会館前 - 栄町一丁目 - 合浦町 - 県病通り - 青森営業所
    • 所管:弘前営業所・青森営業所
    • 1948年 - 運行開始。
    • 1949年 - 運行休止。
    • 1950年 - 運行再開。
    • 1999年3月 - 廃止。
    • 2000年3月 - 路線復活。
    • 2002年8月10日 - 廃止。

弘前市内定期観光

  • 1960年頃:弘前駅前 - 最勝院五重塔 - 長勝寺 - 弘前公園・弘前城 - かくはデパート
  • 1965年頃:弘前駅前 - 最勝院五重塔 - りんご園 - 長勝寺 - 弘前公園・弘前城 - 弘前駅前
  • 1970年頃:弘前駅前 - 最勝院五重塔 - 緑ヶ丘ホテル(焼りんご試食) - 長勝寺 - 弘前公園・弘前城 - 弘前駅前
  • 1985年頃:弘南ビルバスターミナル - 弘前駅前 - 革秀寺 - 長勝寺 - 清風園松野コレクション - 最勝院五重塔 - 弘前公園 - 弘前博物館 - 弘前城天守閣 - 津軽藩ねぷた村 - 弘前駅前
  • Aコース:弘前バスターミナル - 弘前駅前 - 最勝院五重塔(車窓) - 長勝寺 - 藤田記念庭園 - 弘前公園・弘前城 - 津軽藩ねぷた村 - 市立観光館(解散) - (路線バス) - 弘前駅前
  • Bコース:弘前バスターミナル - 弘前駅前 - 長勝寺 - (アップルロード経由) - 高照神社 - 岩木山神社 - 嶽温泉(昼食) - 弘前公園・弘前城 - 津軽藩ねぷた村 - 弘前バスターミナル
    • 1955年 - 運行開始。
    • 2001年11月4日 - 廃止。
    • 2002年8月3日 - 5日 - Bコースのみ復活運行。

五所川原 - 青森空港線

  • 五所川原営業所 - ホテルサンルートパティオ五所川原 - 五所川原駅前 - パークイン五所川原エルムシティ - ごしょがわら市農協前 - 福山 - 豊成 - 俵元 - 狼野長根 - 大釈迦駅通り - 青森空港
    • 199x年 - 運行開始。下記経路で運行。
      • 五所川原発 青森空港行
        • 五所川原営業所 - エルムの街 - 五所川原駅前 - 西北病院前 - 東芝メディア機器前 - 日立津軽工場前 - 青森空港
      • 青森空港発 五所川原行
        • 青森空港 - 日立津軽工場前 - 東芝メディア機器前 - 五所川原駅前 - 西北病院前 - エルムの街 - 五所川原営業所
    • 2004年 - 五所川原駅前 - パークイン五所川原エルムシティ - 青森空港に再編。
    • 2006年12月1日 - 再々編、「ホテルサンルートパティオ五所川原」、「ごしょがわら市農協前」停留所を設置。
    • 2012年12月1日 - 廃止。

弘前管内[編集]

弘前駅 - 長勝寺線

  • 弘前駅前 - 下土手町(復路:中央通り二丁目) - 青森銀行前 - 大学病院前 - 市役所前公園入口 - 茂森町 - 六角堂前 - 長勝寺
    • 所管:藤代営業所
    • 1970年代後半 - 廃止。

小栗山 - 浜の町線

  • 弘前営業所 - 小栗山 - 千年公民館前 - 松原 - 実業高校前 - 三中校前 - 弘前大学前 - 住吉入口 - 下土手町1[10](復路:中央通り二丁目) - 弘前文化センター前 - 中央高校前 - 亀の甲門前 - 浜の町 - 藤代営業所
    • 所管:弘前営業所
    • 197x年 - 運行開始。
    • 199x年 - 廃止。

学園町 - 駒越線

  • 学園町 - 北園町 - 三中校前 - 弘前大学前 - 住吉入口 - 下土手町2[10] - 大学病院前 - 市役所前公園入口 - 工業高校前 - 城西四丁目 - 駒越 - 藤代営業所
    • 所管:高崎営業所⇒和徳車庫
    • 200x年 - 廃止。

弘前 - 糠坪線

  • 弘前バスターミナル(弘前駅前) - 中央高校前 - 亀の甲門前 - 浜の町 - 石渡 - 独弧 - 下高杉 - 上高杉 - 糠坪
    • 所管:藤代営業所⇒藤代車庫・板柳案内所
    • 2003年4月1日 - 「楢の木経由 堂ヶ沢線」との統合により廃止。

弘前駅 - 城東団地線

  • 往路:弘前駅前 - 弘前バスターミナル前 - 上代官町 - 中央松森町 - 楮町 - 城東二丁目 - 城東北三丁目 - 弘前ビブレ(さくら野弘前店)
  • 復路:弘前ビブレ(さくら野弘前店) - 城東北三丁目 - 城東二丁目 - 楮町 - 中央松森町 - 下土手町1[10] - 中央通り二丁目 - 弘前バスターミナル前 - 弘前駅前
    • 所管:高崎営業所⇒和徳車庫
    • 2003年4月1日 - 「城東循環100円バス」の運行開始に伴い廃止。

直行便 弘前駅 - 弘前ビブレ(さくら野弘前店)

  • 弘前駅前 - 弘前バスターミナル前 - 代官町 - 弘南バス本社前 - 和徳東口 - 城東北一丁目 - 城東北三丁目 - 弘前ビブレ(さくら野弘前店)
    • 所管:高崎営業所⇒和徳車庫
    • 2003年4月1日 - 「城東循環100円バス」の運行開始に伴い廃止。

和徳経由 弘前駅 - 藤代営業所線

  • 弘前駅前 - 弘前バスターミナル前 - 代官町 - 横町入口 - 弘前文化センター前 - 中央高校前 - 亀の甲門前 - 浜の町 - 藤代営業所
    • 所管:藤代営業所⇒藤代車庫
    • 2003年4月1日 - 廃止。

藤崎 - 藤代営業所線 (藤崎環状線)

  • (藤代営業所 - 浜の町 - 亀の甲門前 - 中央高校前 - 弘前文化センター前 - 横町入口 - 和徳十文字 - 撫牛子 - 豊蒔入口 - 百田 - 舟場角 - )藤崎駅通り - 藤崎青銀前 - 藤崎表町 - 百田 - 豊蒔入口 - 撫牛子 - 和徳十文字 - 横町入口 - 弘前文化センター前 - (電話局・裁判所を経由) - 市役所前公園入口 - 工業高校前 - 城西四丁目 - 駒越 - 藤代営業所
    • 所管:藤代営業所⇒板柳案内所
    • 197x年 - 「藤崎環状線」の運行開始。
    • 19xx年 - 藤代営業所 - 浜の町 - 藤崎駅通り間を廃止、「藤崎 - 藤代営業所線」となる。
    • 2003年4月1日 - 廃止。

弘前駅 - 城西団地線

  • 弘前バスターミナル - 弘前駅前 - 下土手町2[10] - 大学病院前 - 市役所前公園入口 - 工業高校前 - 城西四丁目 - 県公舎前 - 南袋町入口 - 市役所前公園入口 - 大学病院前 - 青森銀行前 - 中央通り二丁目 - 弘前バスターミナル前 - 弘前駅前
    • 所管:藤代車庫
    • 2004年4月1日 - 廃止。

弘前駅 - 松原環状線

  • 門外経由:弘前駅前 - 弘前バスターミナル前 - 上代官町 - 中央松森町 - 取上 - 大清水 - 門外西口 - 清水森入口 - 広野一丁目 - 松原 - 実業高校前 - 三中校前 - 弘前大学前 - 住吉入口 - 中央通り一丁目 - 弘前バスターミナル前 - 弘前駅前
  • 富田経由:弘前駅前 - 弘前バスターミナル前 - 上代官町 - 住吉入口 - 弘前大学前 - 三中校前 - 松原 - 広野一丁目 - 清水森入口 - 門外西口 - 大清水 - 取上 - 中央松森町 - 中央通り一丁目 - 弘前バスターミナル前 - 弘前駅前
    • 所管:和徳営業所⇒高崎営業所⇒弘前営業所
    • 2004年12月1日 - 廃止。

弘前駅 - 国立病院線

  • 弘前駅前 - 弘前バスターミナル前 - 上代官町(復路:中央通り一丁目) - 住吉入口 - 国立病院前
    • 所管:弘前営業所・黒石営業所
    • 2004年12月1日 - 運行開始。
    • 2005年12月1日 - 廃止。

三世寺温泉 - 南高校線

  • 三世寺温泉前 - 三省小学校前 - 中崎 - 石渡 - 田中 - 藤代営業所 - 駒越 - 工業高校前 - 覚仙町 - 茂森町 - 山観通り - 茂森新町 - 樹木 - 若葉一丁目 - 清水三丁目 - 南高校前
    • 所管:高崎営業所⇒和徳車庫
    • 2005年12月1日 - 廃止。(冬期のみの運行で、実際の運行は2005年の春休み前に終了していた。)

夕顔関経由 弘前 - 板柳線

  • 往路:弘前バスターミナル - 中土手町 - 下土手町1[10] - 弘前文化センター前 - 横町入口 - 市民生協前 - 弘愛会病院前 - 撫牛子 - 百田 - 藤崎表町 - 藤崎青銀前 - 西葛野 - ジャスコ藤崎店 - 藤崎中学校前 - 中野目 - 俵枡 - 常海橋 - 夕顔関 - 小阿弥支所前 - 五幾形 - いたや町 - 大町 - 板柳駅通り - 板柳案内所
  • 複路:板柳案内所 - 板柳駅通り - 大町 - いたや町 - 五幾形 - 小阿弥支所前 - 夕顔関 - 常海橋 - 俵枡 - 中野目 - 藤崎中学校前 - 西葛野 - ジャスコ藤崎店 - 藤崎青銀前 - 藤崎表町 - 百田 - 撫牛子 - 弘愛会病院前 - 市民生協前 - 代官町 - 弘前バスターミナル
    • 所管:板柳案内所・弘前営業所⇒板柳案内所・和徳営業所⇒板柳案内所・高崎営業所⇒板柳案内所・和徳車庫⇒和徳車庫・藤代車庫
    • 2009年12月1日 - 廃止。

板柳 - 十腰内線

  • 板柳案内所 - 板柳駅通り - 下青女子 - 種市十文字 - 新和 - 小友 - 貝沢 - 大森 - 裾野中学校前 - 十面沢 - 十腰内 - 天長園前
    • 所管:板柳案内所⇒五所川原営業所・藤代車庫
    • 199x年 - 区間便の「板柳 - 大森線」を廃止。
    • 2010年4月1日 - 廃止。

弘前 - 相馬・藍内線

  • 弘前バスターミナル(弘前駅前) - 大学病院前 - 市役所前公園入口 - 茂森新町 - 悪戸 - 青柳 - 湯口 - 五所局前 - 相馬中学校前 - 紙漉沢 - 藤沢 - 相馬( - 桐の木沢 - 立石 - 富田 - 藍内)
  • 聖愛高校線:相馬 - 藤沢 - 紙漉沢 - 相馬中学校前 - 五所局前 - 湯口 - 青柳 - 悪戸 - 茂森新町 - 樹木 - 緑が丘 - 西が丘 - 西弘前駅前 - 三中校前 - 実業高校前 - 聖愛高校前
    • 1996年2月2日 - 相馬 - 藍内間を住民参加型路線[11]として路線延長。
    • 2014年2月1日 - 弘前市地域公共交通会議による相馬地区の路線再編により廃止。

弘前 - 水木在家(ロマントピア)線

  • 弘前バスターミナル(弘前駅前) - 大学病院前 - 市役所前公園入口 - 茂森新町 - 悪戸 - 青柳 - 湯口 - 五所局前 - 水木在家入口 - 桜井 - ロマントピア前
    • 2014年2月1日 - 弘前市地域公共交通会議による相馬地区の路線再編により廃止。

茂森経由 弘前駅 - 桜ヶ丘線

  • 往路:弘前バスターミナル - 弘前駅前 - 下土手町2[10] - 本町 - 大学病院前 - 市役所前公園入口 - 茂森町 - 山観通り - 茂森新町 - 樹木 - ニチロ前 - 清水三丁目 - 清水交流センター前 - 桜ヶ丘団地前 - 県営住宅前 - 桜ヶ丘案内所
  • 復路:桜ヶ丘案内所 - 県営住宅前 - 桜ヶ丘団地前 - 清水交流センター前 - 清水三丁目 - ニチロ前 - 樹木一丁目 - 四中校前 - 新寺町角 - 茂森町 - 市役所前公園入口 - 大学病院前 - 本町 - 青森銀行前 - 中央通り二丁目 - 弘前バスターミナル前 - 弘前駅前
    • 2014年2月1日 - 弘前市地域公共交通会議による相馬地区の路線再編に伴う重複区間の見直しにより廃止。

五所川原管内[編集]

横萢経由 五所川原 - 鶴田線

  • 五所川原営業所 - 五所川原駅前 - 五所川原営業所前 - 姥萢 - みどり町 - コミュニティセンター前 - 広田 - 梅田 - 横萢 - 松倉 - 鶴田高校通り - 鶴田駅前 - 鶴田公民館南口
    • 所管:五所川原営業所
    • 2006年12月1日 - 廃止。

新宮経由 五所川原 - 四中校線

  • 五所川原営業所 - 五所川原駅前(往路のみ停車) - 末広町 - 新宮 - 川山 - 四中校前
    • 所管:五所川原営業所
    • 2006年12月1日 - 廃止。

五所川原 - 高野線

  • (五所川原営業所 - )五所川原駅前 - 五所川原営業所前 - (コミュニティセンター前 - )広田 - 梅田北口 - 原子 - 東高校通り - 上高野
    • 所管:五所川原営業所
    • 2006年12月1日 - 「高野東高校環状線」の運行開始に伴い廃止。

五所川原 - 東高校線

  • (五所川原営業所 - )五所川原駅前 - 商業高校前 - 松島五丁目 - 悪戸口 - 水野尾 - 野里 - 二中校前 - 東高校前
    • 所管:五所川原営業所
    • 2006年12月1日 - 「高野東高校環状線」の運行開始に伴い廃止。(区間便の「松島団地線」「水野尾線」「二中校線」も同時に廃止)

五所川原 - 青森職業能力開発短期大学校線

  • 五所川原営業所 - 五所川原駅前 - 商業高校前 - 松島五丁目 - 悪戸口 - 悪戸 - 若山 - 青森職業能力開発短期大学校前
    • 所管:五所川原営業所
    • 2006年12月1日 - 「飯詰能開短大環状線」の運行開始に伴い廃止。

五所川原 - 飯詰線

  • 五所川原営業所 - 五所川原駅前(往路のみ停車) - 敷島町 - 尻無 - 一の坪 - 飯詰 - 下岩崎
    • 所管:五所川原営業所
    • 2006年12月1日 - 「飯詰能開短大環状線」の運行開始に伴い廃止。

金木 - 富萢・中里高校線

  • 金木営業所 - 金木駅前 - 下不動林 - 蒔田 - 繁田 - 船越 - 下繁田 - 下車力 - 二軒町 - 富萢( - 中里高校前)
    • 所管:金木案内所⇒弘南サービス金木営業所⇒金木車庫
    • 2008年4月1日 - 廃止。

金木 - 稲垣・牛潟線

  • 金木営業所 - 金木駅前 - 下不動林 - 蒔田 - 繁田 - 家調 - 野末 - 豊川 - 稲垣温泉前 - 稲垣支所前 - 元増 - 福富 - 上派立 - 砂山 - 高山神社入口
    • 所管:金木案内所⇒弘南サービス金木営業所⇒金木車庫
    • 2008年4月1日 - 廃止。

金木 - 田茂木・長泥線

  • 金木案内所 - 金木駅前 - 下不動林 - 蒔田 - 富野 - 田茂木( - 中長泥)
    • 所管:金木案内所⇒弘南サービス金木営業所⇒金木車庫⇒五所川原営業所
    • 2009年4月1日 - 廃止。

金木 - 喜良市線

  • 金木案内所 - 金木駅前 - 岩見町 - 本町 - 川端町 - 嘉瀬駅前
    • 所管:金木案内所⇒弘南サービス金木営業所⇒金木車庫⇒五所川原営業所
    • 2009年4月1日 - 廃止。

黒石管内[編集]

黒石市内線(黒石 - 病院線)

  • 黒石駅前 - 浜町(復路:一番町通り - 市役所前) - 前町 - 中央山形町 - 東町 - 黒石病院前 - 黒石営業所
    • 所管:黒石営業所
    • 2002年5月21日 - 「黒石市回遊バスぷらっと号」の運行開始に伴い廃止。

黒石 - 派村線

  • 黒石駅前 - ぐみの木 - 緑ヶ丘団地 - 馬場尻 - 派村 - 馬場尻 - 小屋敷 - 並木精密前 - 黒石営業所
    • 所管:黒石営業所
    • 2006年4月1日 - 「黒石市回遊バスぷらっと号・北コース」の運行開始に伴い廃止。

黒石駅 - 長坂環状線

  • 上十川経由:黒石駅前 - 浜町 - 商業高校前 - 上十川 - 派立子 - 長坂 - 美原町 - 中央山形町 - 前町 - 市役所前 - 一番町通り - 黒石駅前
  • 山形町経由:黒石駅前 - 浜町 - 前町 - 中央山形町 - 美原町 - 長坂 - 派立子 - 上十川 - 商業高校前 - 浜町 - 市役所前 - 一番町通り - 黒石駅前
    • 所管:黒石営業所
    • 1981年4月 - 運行開始。
    • 2006年4月1日 - 「黒石市回遊バスぷらっと号・長坂コース」の運行開始に伴い廃止。

黒石 - 大鰐・相乗線

  • (黒石営業所 - )黒石駅前 - 追子の木 - 尾上 - 小和森 - 平賀 - 柏木小学校前 - 薬師堂 - 乳井神社前 - 鯖石 - 宿川原 - 弘南大鰐駅入口 - 大鰐 - 大鰐南団地前( - 長峰 - 唐牛 - 碇ヶ関駅前 - 舟岡 - 湯ノ沢入口 - 相乗)
    • 所管:黒石営業所・大鰐案内所⇒弘南サービス大鰐営業所⇒大鰐車庫
    • 1931年 - 上原呉服店(上原バス)が上原呉服店前(黒石) - 蔵館(大鰐)間の運行を開始。
    • 1937年2月11日 - 上原バスの買収に伴い、弘南鉄道自動車部へ移管。
    • 1941年4月17日 - 弘南鉄道から自動車部の分離に伴い、弘前乗合自動車(現・弘南バス)へ移管。
    • 1943年 - 蔵舘バスの買収に伴い、一部の便を碇ヶ関まで路線延長。
    • 199x年 - 弘南サービスに移管。黒石営業所 - 黒石駅前間、大鰐南団地 - 相乗間を廃止。
    • 2006年4月1日 - 弘南バスに移管。
    • 2008年4月1日 - 廃止。

浪岡駅 - 王余魚沢線

  • 浪岡駅前 - 浪岡病院前 - 浪岡 - 役場通り - 中世の館前 - 五本松 - 羽黒平 - 松山 - 神社前 - 王余魚沢
    • 所管:黒石営業所
    • 1988年 - 青森市営バスより移管。
    • 1990年代後半 - 廃止。

浪岡駅 - 細野線

  • 浪岡駅前 - 浪岡病院前 - 浪岡 - 役場通り - 北中野 - 源常平 - 下相内 - 細野 - 日倉石 - 細野 - 上一ツ森
    • 所管:黒石営業所
    • 1990年代前半 - 廃止。
    • 1995年4月8日 - 住民参加型路線として運行再開。
    • 2003年7月10日 - 廃止。

青森管内[編集]

急行 青森 - 板柳線

  • 八重田(青森営業所) - 合浦二丁目 - 市役所前 - 青森バスセンター - 古川 - 石江 - 西部営業所前 - 新城駅前 - 雪印工場前 - 戸門 - 鶴ヶ坂駅前 - 大釈迦北口 - 浪岡 - 銀東口 - 高野 - 夕顔関 - 高増 - 五幾形 - 三千石 - 板柳案内所
    • 所管:板柳案内所
    • 195x年 - 運行開始。
    • 197x年 - 廃止。

細越線

雪印・戸門線

  • 国道経由:青森営業所 - 県病通り - 合浦町 - 栄町一丁目 - 文化会館前 - 市役所前 - 県庁前 - 古川 - 西滝 - 石江 - 西高校前 - 新城駅前 - 雪印工場(メグミルク)前( - 白旗野 - 戸門 - 支村)
  • 西バイパス経由:青森営業所 - 県病通り - 合浦町 - 栄町一丁目 - 文化会館前 - 市役所前 - 県庁前 - 古川 - 西郵便局前 - 厚生病院前 - 平和台団地 - 戸門 - 支村
  • 新町経由:青森営業所 - 県病通り - 合浦町 - 栄町一丁目 - 文化会館前 - 市役所前 - 新町二丁目松木屋前 - 新町一丁目(復路:平和通り中三前) - 古川 - 西滝 - 石江 - 西高校前 - 新城駅前 - 雪印工場(メグミルク)前 - 白旗野 - 戸門 - 支村
    • 所管:青森営業所
    • 19xx年 - 運行開始。
    • 19xx年 - 「西バイパス経由 戸門線」の運行開始。
    • 199x年 - 「雪印線」を廃止、「戸門線」に統合。
    • 1999年4月1日 - 「青森 - 弘前線」の廃止に伴い、「新町経由 戸門線」を新設。
    • 2003年4月1日 - 廃止。

新城線

  • 青森営業所 - 県病通り - 合浦町 - 栄町一丁目 - 文化会館前 - 市役所前 - 県庁前 - 古川 - 西滝 - 石江 - 西高校前 - 新城駅前 - メグミルク前
    • 所管:青森営業所
    • 2003年4月1日 - 「戸門線」に代わって、「新城線」の運行開始。
    • 2009年8月1日 - 廃止。

青森港フェリーターミナル シャトルバス

  • 青森駅前 - 新町一丁目 - 新町二丁目 - (青森ベイブリッジ経由) - 青森港フェリーターミナル
    • 所管:青森営業所
    • 2006年7月1日 - 運行開始。
    • 2010年7月31日 - 廃止

鯵ヶ沢管内[編集]

嶽温泉経由 弘前 - 鯵ヶ沢線

  • 弘前駅前 - 桜大通り - 駒越 - 賀田郵便局前 - 五代 - 宮地 - 岩木山神社前 - 百沢温泉前 - 嶽温泉前 - 瑞穂 - 松代 - 一本杉 - 小ノ畑 - 中 - 鯵ヶ沢
    • 1956年 - 運行開始。
    • 1959年8月2日 - 同区間経由で「深浦定期観光バス」の運行開始。
    • 1960年代後半 - 廃止。

深谷・松代環状線

  • 鰺ヶ沢駅前 - 海の駅わんど - 鯵ヶ沢本町 - 漁師町 - 大和田 - 二中校前 - 砂山 - 赤石駅前 - 日照田 - 川崎 - 深谷入口 - 細ヶ平 - 黒森 - 松代 - 白沢 - 一本杉 - 芦萢 - 発電所前 - 小の畑 - 派立 - 中村 - 上中下 - 総合保健福祉センター前 - 鯵ヶ沢営業所 - 中央病院前 - 舞戸本町 - 鯵ヶ沢駅前
    • 所管:鯵ヶ沢営業所
    • 2005年4月19日 - 運行開始。
    • 2005年12月1日 - 廃止。

松代・深谷環状線

  • 鰺ヶ沢駅前 - 中央病院前 - 鯵ヶ沢営業所 - 総合保健福祉センター前 - 上中下 - 中村 - 派立 - 小の畑 - 発電所前 - 芦萢 - 一本杉 - 白沢 - 松代 - 黒森 - 細ヶ平 - 深谷入口 - 川崎 - 日照田 - 赤石駅前 - 砂山 - 二中校前 - 大和田 - 漁師町 - 鯵ヶ沢本町 - 海の駅わんど - 舞戸本町 - 鯵ヶ沢駅前
    • 所管:鯵ヶ沢営業所
    • 2005年4月19日 - 運行開始。
    • 2005年12月1日 - 廃止。

日本海拠点館経由 鰺ヶ沢本町 - 天長園線

  • 鯵ヶ沢本町 - 海の駅わんど - 鯵ヶ沢駅前 - 日本海拠点館前 - 一中校前 - 川尻口 - 南浮田 - 鳴沢駅通り - 小屋敷 - 建石 - 天長園前
    • 所管:鯵ヶ沢営業所
    • 2005年12月1日 - 廃止。

大鰐・平賀管内[編集]

平賀駅 - 唐竹線

  • 平賀駅前 - 平賀病院前 - アップルランド前 - 町居 - 竹館小学校前 - 広船入口 - 唐竹郵便局前 - 唐竹東口
    • 所管:平賀案内所⇒弘南サービス平賀営業所
    • 2004年4月1日 - 「平賀町循環バス」の運行開始に伴い廃止。

平賀駅 - 広船線

  • 平賀駅前 - 本町 - 小和森 - 柏木農業高校前 - 平田森 - 新屋 - 尾崎 - 一本杉 - 広船
    • 所管:平賀案内所⇒弘南サービス平賀営業所
    • 2004年4月1日 - 「平賀町循環バス」の運行開始に伴い廃止。

平賀駅 - 石川入口線

  • 平賀駅前 - 柏木小学校前 - 平賀営業所前 - 中央吹上 - 薬師堂北口 - 石川入口
    • 所管:大鰐車庫
    • 2008年4月1日 - 「大鰐 - 黒石線」の廃止による代替路線として運行開始。
    • 2008年10月1日 - 廃止

大鰐スキー場線

  • 大鰐営業所 - 大鰐 - 大鰐温泉駅前 - 相生橋 - 夏沢入口 - 錦水前 - あじゃらスキー場 - 錦水前 - サーフプール入口 - 国際スキー場
    • 所管:大鰐案内所⇒弘南サービス大鰐営業所⇒大鰐車庫
    • 2007年5月10日 - 廃止。

大鰐 - 居土・高野新田線

  • 大鰐南団地前 - 大鰐 - 大鰐温泉駅前 - 虹の大橋 - 宿川原 - 富岡 - 三ツ目内 - 居土 - 高野新田
  • 大鰐校舎経由:大鰐南団地前 - 大鰐 - 大鰐温泉駅前 - 羽黒橋前 - (バイパス経由) - 大鰐校舎前 - 虹貝 - 大鰐中学校前 - 富岡 - 三ツ目内 - 居土 - 高野新田
    • 所管:大鰐案内所⇒弘南サービス大鰐営業所⇒大鰐車庫⇒弘前営業所
    • 2010年9月30日 - 大鰐町による予約制バス「SUNEKARA BUS」への移行に伴い、廃止。

大鰐 - 早瀬野・島田線

  • 大鰐南団地前 - 大鰐 - 大鰐温泉駅前 - 羽黒橋前 - バイパス入口 - 虹貝 - 大鰐校舎前 - 虹貝新田 - 三軒新田 - 島田西口 - (早瀬野 - )島田温泉前
    • 所管:大鰐案内所⇒弘南サービス大鰐営業所⇒大鰐車庫⇒弘前営業所
    • 2011年9月30日 - 大鰐町による予約制バス「SUNEKARA BUS」への移行に伴い、廃止。

大鰐 - 駒の台線

  • 大鰐校舎前 - 虹貝 - バイパス入口 - 羽黒橋前 - 大鰐温泉駅前 - 大鰐 - 大鰐南団地前 - 長峰 - 九十九森 - 駒木 - 駒の台
    • 所管:大鰐案内所⇒弘南サービス大鰐営業所⇒大鰐車庫⇒弘前営業所
    • 2012年9月30日 - 大鰐町による予約制バス「SUNEKARA BUS」への移行に伴い、廃止。

企画乗車券[編集]

2014年1月1日現在。

津軽漫遊フリーパス券

  • 65歳以上を対象とした、弘南バス路線が乗り放題のフリーパス券
    • 高速バス・青森空港線・五所川原 - 青森線(夜行バス)・十二湖線・ミニ白神線・暗門白神号・スカイラインシャトルバス・商店街循環バス・平川市循環バス等、一部対象外の路線がある。
  • 発行日から1年間有効…45,000円、半年間有効…27,000円。
  • 弘前バスターミナル、五所川原駅前案内所、黒石駅前案内所、青森営業所、青森総合案内所、鰺ヶ沢駅前案内所、小泊案内所、あきもと(金木タウンセンター内)で発売。
ワンバケーションパス大人用・旧デザイン

ワンバケーションパス

  • 日曜・祝日[12]のいずれか1日に限り、弘南バス路線が乗り放題のフリーパス券
    • 高速バス・青森空港線・五所川原 - 青森線(夜行バス)・十二湖線・ミニ白神線・暗門白神号・スカイラインシャトルバス・商店街循環バス・平川市循環バス等、一部対象外の路線がある。
  • 大人1,000円、小学生500円。前売り可。
  • 弘前バスターミナル、弘前駅前案内所、五所川原駅前案内所、黒石駅前案内所、青森営業所、青森総合案内所、鰺ヶ沢駅前案内所、小泊案内所、あきもと(金木タウンセンター内)で発売。

ファイブバケーションパス

  • 夏休み・冬休み中の5日間、弘南バス路線が乗り放題の学生用フリーパス券
    • 高速バス・青森空港線・五所川原 - 青森線(夜行バス)・十二湖線・ミニ白神線・暗門白神号・スカイラインシャトルバス・商店街循環バス・平川市循環バス等、一部対象外の路線がある。
  • 小学生1,000円、小学生+大人4000円、中学生2,000円、高校生3,000円。
  • 弘前バスターミナル、五所川原駅前案内所、黒石駅前案内所、青森営業所、青森総合案内所、鰺ヶ沢駅前案内所、小泊案内所、あきもと(金木タウンセンター内)で発売。
100円バス1日乗車券(画像は中学生用で発行)

弘前市内100円バス1日乗車券

  • 弘前市内の100円バス4路線が乗り放題。
  • 大人500円、中高生300円、小学生200円。
  • 弘前バスターミナル、弘前駅前案内所、弘前市立観光館、土手町循環100円バス車内(大人用のみ)で発売。
金額補充式往復乗車券(鰺ヶ沢駅前案内所発行)

往復割引乗車券

  • 片道500円以上の区間で発売する。ただし、青森線は適用外。
  • 500円 - 990円区間は片道2割引、1,000円区間以上は片道2.5割引。
  • 発行日から1か月間有効。
  • 弘前バスターミナル、五所川原駅前案内所、黒石駅前案内所、鰺ヶ沢駅前案内所で発売。
    • 往路が弘前バスターミナル・五所川原駅前・黒石駅前・鯵ヶ沢駅前発以外の往復乗車券は発売していない。

黒石温泉郷 湯巡りツアー 「どさ湯さ号」

  • 適用区間 - 黒石駅前 - 黒石温泉郷 - 虹の湖公園 (路線バス利用)
  • 大人700円、2日間有効の往復割引乗車券。
  • 復路利用時に指定個所で乗車券に利用証明の捺印を受ける。
  • 黒石駅前案内所で発売。

スカイライン往復乗車券 (乗継乗車券)

  • 適用区間 - 弘前バスターミナル・弘前駅前 - (嶽温泉前乗継) - スカイライン八合目駐車場
    • 指定停留所(上記4箇所)以外での乗降はできない(岩木山神社前等での途中下車は不可)。
  • 大人2,500円(小人半額)で、発行日より2日間有効。
  • 岩木山八合目からリフトを利用する際、スカイライン往復乗車券の提示により、通常往復800円が往復500円への割引特典が受けられる。
  • 弘前バスターミナル、弘前駅前案内所で発売。

白神ライン往復乗車券

  • 弘前から白神ラインへの往復乗車券で、白神ライン直通バス「暗門白神号」の他に、路線バスと田代でのシャトルバスとの乗継ぎの場合も利用可。
    • 弘前バスターミナル・弘前駅前 - アクアグリーンビレッジANMON間 - 1,600円。
    • 弘前バスターミナル・弘前駅前 - 津軽峠間 - 1,800円。
  • 弘前バスターミナル、弘前駅前案内所で発売。
青森市内 - 浪岡間往復乗車券(日専連青森しんまちプラザ発行)

青森線往復乗車券

  • 青森市内 - 浪岡・五所川原駅前・黒石駅前間で設定。
    • 青森市内 - 浪岡間 - 1,000円。
    • 青森市内 - 黒石駅前間 - 1,400円。
    • 青森市内 - 五所川原駅前間 - 1,700円。
  • 青森営業所、青森総合案内所、増川商店、黒石駅前案内所(青森 - 黒石のみ)、五所川原営業所(青森 - 五所川原のみ)、五所川原駅前案内所(青森 - 五所川原のみ)で発売。

青森空港線回数券

  • 青森空港 - 弘前市内間で設定。
  • 6枚綴りで5000円。
  • 弘前バスターミナル・弘前駅前案内所で発売。

セット回数券

  • 1,000円で発売。
  • 160円券4枚、100円券5枚、10円券1枚の合計1150円分
  • 弘南バス窓口、委託販売所、車内で発売。

※その他に、定期券・一般回数券・学生回数券・株主優待券がある。

行先番号[編集]

弘前管内[編集]

  • 1 - 弘前駅
  • 2 - 弘前バスターミナル
  • 4 - 黒石営業所
  • 14 -(枡形/金属団地)桜ヶ丘
  • 16 -(松森町)小栗山
  • 19 -(松森町/安原団地)座頭石
  • 24 - 大鰐南団地前
  • 25 - 碇ヶ関
  • 31 -(富田大通り)学園町
  • 32 - 聖愛高校
  • 33 -(富田大通り/安原団地)自衛隊
  • 34 -(富田大通り)安原団地
  • 35 -(富田大通り)小栗山
  • 35 - 東奥義塾高校
  • 37 -(富田大通り)狼森
  • 41 - 南高校
  • 42 -(桔梗野/金属団地)桜ヶ丘
  • 45 - 久渡寺
  • 55 - 相馬
  • 56 - 田代
  • 57 - 大秋
  • 58 - 川原平
  • 61 -(大学病院/城西大橋)藤代営業所
  • 61 -(大学病院/工業高校)藤代営業所
  • 62 -(城西団地)賀田
  • 63 -(新岡)葛原
  • 64 -(賀田)弥生
  • 65 - 高岡(いわき荘)
  • 68 - 枯木平
  • 71 - 岩賀
  • 72 -(浜ノ町)藤代営業所
  • 75 -(蒔苗)船沢
  • 76 -(糠坪/楢の木)堂ヶ沢[13]
  • 77 -(鬼沢)堂ヶ沢[14]
  • 77 -(楢の木)堂ヶ沢[15]
  • 78 -(鬼沢)堂ヶ沢[16]
  • 78 -(三世寺)笹館
  • 80 -(鬼沢)十腰内
  • 82 -(三世寺)板柳
  • 83 -(三世寺)十腰内
  • 87 -(川先)さくら野弘前店
  • 88 -(小比内)さくら野弘前店
  • 91 - 尾上駅前
  • 93 - 五所川原駅
  • 94 - 黒石駅前
  • 97 - 浪岡


五所川原管内[編集]

  • 1 -(三世寺)弘前駅
  • 2 - (ターミナル)
  • 3 - 五所川原
  • 6 -(新町)青森
  • 7 -(小夜)鯵ヶ沢
  • 18 -(中里)小泊
  • 25 - 木造高校
  • 26 - 十三
  • 28 -(十三)小泊
  • 32 - 藻川
  • 33 - 豊川
  • 34 - 下繁田
  • 41 - 南広森
  • 42 - 出来島
  • 43 -(再賀)下繁田
  • 52 -(廻堰)鶴田
  • 78 -(三世寺)笹館
  • 82 - 板柳
  • 93 - 五所川原駅


黒石管内[編集]

  • 1 -(富田大通り)弘前駅
  • 2 - 弘前バスターミナル
  • 4 - 黒石営業所
  • 6 -(新町)青森
  • 7 -(本郷)浪岡
  • 9 -(山形町)長坂[17]
  • 10 -(馬場尻)高野
  • 15 - 板留
  • 15 - 虹の湖公園
  • 17 -(小国)温川
  • 18 - 大川原
  • 31 -(富田大通り)学園町
  • 32 -(高田)聖愛高校
  • 41 - 南高校
  • 91 -(高賀野)尾上
  • 94 - 黒石駅


鯵ヶ沢管内[編集]

  • 1 - 弘前駅
  • 3 - 五所川原
  • 7 - 鯵ヶ沢営業所
  • 10 - 小夜
  • 11 - 長平(旅行村)
  • 13 - 松代
  • 16 - 鯵ヶ沢本町
  • 17 - 鯵ヶ沢駅
  • 22 - 一ツ森
  • 32 -(富田大通り)聖愛高校
  • 35 - 深浦高校
  • 37 - 深浦
  • 37 - 弁天
  • 38 - 深浦駅


※青森営業所所属車は平成15年4月1日改正以降、前面方向幕への番号表記をとりやめた。また、平成14年以降導入のLED式表示車と鯵ヶ沢営業所配置のマイクロバス車両(コースターローザ)は、新製導入時より行先番号を省略している。

車両[編集]

概説[編集]

日野自動車が全体の4割程度を占め、三菱ふそうトラック・バスいすゞ自動車トヨタ自動車が続く。貸切車両は営業所のみに配置される。高速バス車両は路線ごとに担当営業所が決められている。1990年代以降は譲受車も多数導入されており、低コストでの冷房化・低床化によるサービス改善を行っている。また、近年は一般路線用新車として三菱ふそう・ローザトヨタ・コースターなどのマイクロバスを積極的に導入している。

特徴的な車両として1980年に導入されたミニバス「バンビ号」が挙げられる。マイクロバスに後扉を設置した車両で、車両代替時には日野レインボーRBが1扉仕様で導入された。また、1991年にはレトロ調バス「トテバス」を導入した。この車両は、いすゞジャーニーQのシャーシに東京特殊車体がレトロ調車体を架装したもので、当初は弘前市内観光に使用されていたが、1996年には「サンタランド」へのアクセスに使用された。その後、「土手町循環100円バス」「ためのぶ号100円バス」「青森港フェリーターミナルシャトルバス」に使用され、2008年現在は「平川市循環バス」で使用されている。

車両番号[編集]

昭和40年代後半より、4桁+営業所番号の車両番号(弘南コード)を導入する。

1984年より、現行の車両番号にルールを変更する。従来、この表記には、所属の営業所番号を表記していたが、2007年6月より、所属する営業所・案内所・車庫の表記に変更した。

1 09 01 - 6
メーカー記号 年式 固有番号   所属番号
  • 記号
    • 1…いすゞ自動車
    • 2…トヨタ自動車
    • 3…三菱ふそうトラック・バス
    • 5…日野自動車
  • 年式
    • 和暦2桁。
  • 固有番号
    • 前3桁ごとの連番
  • 所属番号
    • 2…弘前営業所
    • 3…五所川原営業所
    • 4…黒石営業所
    • 5…藤代車庫
    • 6…青森営業所
    • 7…鰺ヶ沢営業所
    • 9…和徳車庫
    • 10…桜ヶ丘案内所 (閉鎖)
    • 11…板柳案内所 (閉鎖)
    • 12…高崎営業所 (廃止)
    • 19…大鰐車庫 (閉鎖)
    • 32…金木車庫 (→金木案内所、閉鎖)
    • 33…小泊案内所
  • (例)10901-6はいすゞ製ので平成9年(1997年)式の01号車、所属は青森営業所となる。
  • 車体に書かれている所属番号と、一部の車両で車内の乗降口上部などに書かれている所属番号(=営業所名)が異なる車両が、わずかながら存在する。

車両画像[編集]

ダイヤ改正について[編集]

  • ダイヤ改正は、毎年4月1日(夏期ダイヤ)と12月1日(冬期ダイヤ)に定期的に実施している[18]。ただし、路線によってはJRのダイヤ改正時や補助金を拠出する関係自治体との協議により、臨時にダイヤ改正を実施する場合もある。

その他[編集]

  • 乗合バスの車両は、前乗り前降り、後払い式のワンマンバス。ただし、五所川原市で運行されている「商店街循環バス」と、「黒石市回遊バスぷらっと号」の一部では、料金前払い、前乗り後降りとなっている。
  • 整理券は、なし、1、2、…の順に続く。「6」は「9」との混同をふせぐため、漢数字の「六」を使用する車両もある。なお、100円バス(「ためのぶ号」を除く)と「商店街循環バス」では整理券を使用しない。
    • 2008年6月まではミニバス路線でも整理券を使用していなかったが、放送機器の音声合成化に伴い、一般路線と同様の方式に変更された。
  • 年末年始は、高速バス・青森空港線や一部の路線を除き、12月31日夜から1月2日朝にかけて、始発地での出発が19:00から翌朝7:55[19]まで運休となる。
  • 青森県内では初となるICカード乗車券を2003年12月を目処に導入されるはずだったが見送られている。[要出典][20]

弘南バスが登場する作品[編集]

テレビドラマ
  • NHK 大河ドラマいのち」 最終回
    • 弘前営業所:55506-2
  • NHK 月曜ドラマシリーズ私の青空2002」 第5話
    • 弘前営業所:31301-2(ノクターン号)
    • 弘前営業所:50605-2
      • バス車体のKマークはそのままでKONAN BUSの部分にはIWAKISN KOTSU(IWAKISANの表記ではない)、弘南バスの部分には岩木山交通と青地に白字のシールを貼り撮影された。
映画
CM

関連会社[編集]


参考文献[編集]

  • 20年のあゆみ 弘南バス株式会社[21]
  • 30 あゆみ 弘南バス株式会社[21]
  • 弘南鉄道30年史[21]
  • 弘南鉄道40年史[21]
  • バスラマ・インターナショナル41号『バス会社訪問37 弘南バス』
  • 弘前管内バス時刻表
  • 黒石・青森管内バス時刻表[22]
  • 弘前・黒石・青森管内バス時刻表[23]
  • 五所川原管内バス時刻表
  • 鰺ヶ沢管内バス時刻表[24]
  • 弘南サービス 大鰐・平賀管内バス時刻表
  • 弘南サービス 金木管内バス時刻表
  • 弘前市地域公共交通計画 (弘前市地域公共交通会議)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自動車部の分離は弘南鉄道経営陣としては本意ではなく、臨時株主総会も株主に押し切られて止む無くの開催だった。
  2. ^ 弘前バスへの売却という形態を採っているものの、実際には弘南鉄道の子会社としてスタートした。これは弘南鉄道の株主の意向には配慮するものの、これまで多額の投資をしてきたバス事業は手放したくないための折衷策であった。その後、業績の拡大に伴って資本の増大を図る必要性があり、利益の還元は利用者全体に浸透させるべきとの2代目社長の考えから、少人数による株式の占有を廃し、役員の協力を得て1952年1月に持ち株を公開した。現在は弘南バスと弘南鉄道との間に役員の兼務はあるものの、直接的な資本関係はない。
  3. ^ 当時の車輌は配給されるバス以外はシボレーフォード等の中古外車で、大東亜戦争太平洋戦争)の開戦と同時に純正部品の供給がストップし、戦局の悪化で代用可能な部品も底をついた。車内のガラスが割れても配給ガラスがないので板を打ちつけて凌いだ。
  4. ^ 1950年代に入ると、弘前電鉄ではバス部門設置の動きがあった。また、弘前市では市営バス設立に向けて準備が進んでいた。弘南バスでも弘前市内の路線拡充が利用者から求められていた。このような背景から弘前市内路線の免許申請が3社から同時期に請願されたが、仙台陸運局による聴聞会や運輸省に於ける公聴会を経て、1956年6月に弘南バスのみに認可する裁定が下された。
  5. ^ 2002年の東北新幹線八戸駅開業に合わせ、JR東日本は弘前駅発着の特急つがる」の運行を開始し、それまでの「ヨーデル号」の利用客の多数がJRに流れてしまい、現在はかなり厳しい状況にある。
  6. ^ 「弘前 - 青森線」「五所川原 - 青森線」は東北道経由で運行、「弘前 - 八戸線」(南軽号)や「弘前 - 大館線」は他社と共同運行するが、いずれの路線もJRとの競合で利用が伸び悩み、相次いで撤退するなど、短距離の高速路線は不調に終わった。
  7. ^ 2006年4月に弘南バスに再移管している。
  8. ^ 対象路線は「浜の町経由 弘前駅 - 藤代営業所線」「弘前駅 - 石渡線」「駒越経由 弘前駅 - 藤代営業所線」「弘前駅 - 四中校線」。
  9. ^ 在青の一般路線バス事業者としては最後の導入である。
  10. ^ a b c d e f g 実際の表記では、丸の中に数字が書かれている。
  11. ^ 沿線住民が運行費用の一部を負担する制度で、各世帯ごとにセット回数券(藍内線では月1,000円・年12,000円)を購入。
  12. ^ 2013年までは土曜も利用可能だった。
  13. ^ 藤代車庫所属車(板柳案内所からの移管車を除く)。以前は78だったが、板柳案内所の笹館線との重複から変更。一部では78の古い方向幕を使用している車輌もある。
  14. ^ 藤代車庫所属車(板柳案内所からの移管車を除く)。
  15. ^ 藤代車庫所属車(板柳案内所からの移管車)。本来は経路変更前のもので、板柳案内所からの移管車には、別に番号なしで(糠坪/楢の木)堂ヶ沢があるが、藤代車庫移管後は番号なしの使用頻度は少なくなっている。
  16. ^ 弘前営業所、藤代車庫所属車(板柳案内所からの移管車)
  17. ^ 本来は2006年4月に廃止となった長坂環状線のものだが、黒石市回遊バス ぷらっと号「長坂コース」でもこれを使用する。
  18. ^ 2010年冬期ダイヤ改正は、東北新幹線新青森駅開業に伴い12月4日に実施した。
  19. ^ 2011年度までは8:55まで。
  20. ^ 参考:交通系ICカードの導入について(青森県)
  21. ^ a b c d 沿革の記述にあたって、弘南バスと弘南鉄道の創立記念誌を参考にしたが、弘南バス創立前の状況に一部相違があり、弘南鉄道時代の出来事であるという観点から、正確性に欠ける恐れはあるが、弘南鉄道の創立記念誌での記載内容を優先した。
  22. ^ 平成23年4月1日改正 以前
  23. ^ 平成23年12月1日改正 以降
  24. ^ 平成22年12月4日改正 以前

外部リンク[編集]