土湯温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg土湯温泉
Tsuchiyu Onsen 100808.jpg
土湯温泉の遠景
温泉情報
所在地 福島県福島市
交通 鉄道 : 東北新幹線福島駅より福島交通バスで約45分
車:東北自動車道 福島西インターチェンジより車で15分
泉質 硫黄泉炭酸水素塩泉単純温泉
宿泊施設数 19
外部リンク 土湯温泉観光協会
テンプレートを表示

土湯温泉(つちゆおんせん)は、福島県福島市(旧国陸奥国明治以降は岩代国)土湯温泉町にある温泉

アクセス[編集]

泉質[編集]

温泉街[編集]

温泉街にある足湯(月の湯ぶじぇ)

荒川沿いに19軒の大小の旅館ホテルが並ぶ。昔からの歴史ある温泉街で、古くから湯治場として知られている。最近は、近代的施設(旅館・ホテル)も建てられ、近在のみならず仙台や関東圏からの利用者も多い。JR福島駅・東北自動車道からのアクセスも良い立地である。春は、温泉街近郊の仁田沼周辺には、ミズバショウカタクリの花が咲く。

町内には足湯が4箇所存在する。全て無料で利用できる。

共同浴場は2軒存在する。中の湯・こけし湯(サンスカイつちゆ)

土湯は鳴子温泉遠刈田温泉温湯温泉などとともにこけしで有名な温泉地でもあり、土産物としても売られている。土湯見聞録館 こけしの展示館などが存在する。

歴史[編集]

開湯伝説では、オオムナチノミコト(大穴貴命)が荒川のほとりで地面を鉾で突いて発見したとされる。鉾で突いたことから「突き湯」となり、それが転じで「土湯」となったという。

また、用明2年に聖徳太子の使者、秦河勝がこの地で湯治を行ったという伝説も残る。

吾妻鏡にも土湯の記載がある。

1999年4月20日高湯温泉とともに国民保養温泉地に指定。

荒川大橋傍の足湯「かじかの湯」は2005年7月9日にオープンした。

2011年の東日本大震災以降、最も廃業が目立った温泉地としても報道され、16件あった旅館は11件にまで減少した。主な要因として、原発事故後の風評被害が挙げられるものの、県内他の温泉地はそこまで廃業が相次ぐほどには至っていない。これは震災直後、土湯が被災者や避難者を受け容れたことと、その後の反動が大きな要因である。被災者、避難者を受け容れていた8月までは、結果的にツアーバスなど観光目的の立ち寄りや受け容れによる宿泊施設等の稼働率確保ができていた。しかし、8月を目処に避難者、被災者が他所に移ったため、稼働率が3割未満に急落し、人件費など過剰となった運営費用が旅館経営を圧迫したためである。

その結果、半年で5件の旅館が廃業、休業に追い込まれ、温泉地は存亡の危機に立たされた。そのため、地熱発電所を誘致する計画なども立てられている。一方、2013年は『八重の桜』の効果もあり、会津地方を中心とした福島県各地に観光客が戻る気配も見られ、1件の旅館が再生に漕ぎ着けている。その他、2件の廃業旅館も、復興労働者用の保養施設や市民の共同浴場などを設ける計画が立てられるなど、新たな兆しも見られている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]