基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基準(きじゅん)とは、行動判断の拠り所となる物や数値である。何かを比較するときに用いる。規準水準標準尺度ともいう。

規準は、哲学において信仰思惟評価行動などの見習うべき規則のこともいう。水準は、もともと水平面からの高さを意味したことから、レベルなどの高さに関しても言う。標準は、一番普通である状態についても言う。

また、基準は、キリスト教では聖書のこともさす。なお、物質セルシウス温度0℃、1気圧の時が標準であるとされる。また、しばしば社会的に望ましい水準を指すこともあるほか、統計心理学では、テスト得点等の分布特性を示す指標として用いられる。

基準になる物[編集]

基準となるものは、すべての中から最も平均的で且つ一般的な物や人が多く、時刻のような太陽温度質量長さ気圧高さ海面などがよく使われる。また、音楽のように440ヘルツの音がイ音であるなど、人為的に一定の数値を決めることもある。

規準[編集]

規準: criterion)と基準: standard, reference)とを区別する分野が存在する.

哲学
規準とは、信仰思惟評価行動などの見習うべき規則のこと。
統計学
規準とは、モデルA, B, C (モデル以外でも可)の各々を評価する尺度値を指す。なおこの場合に、最良の規準の値を持つモデルを採用するのが通常。
教育学
規準とは、物事の規範や手本となる標準[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

執筆の途中です この「基準」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。